« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月25日 (日)

ARDF栃木 1月練習会 参加 

栃木の練習会に参加しました。
寒かったですが、日差しがあり、走り出したら平気でした。
ゲレンデは田んぼのど真ん中、富士山、筑波山も見えるFBなロケーションです。
Dscf2367c 電車で行きました。
Dscf2364c Dscf2365c Dscf2366c
今回は距離感をつかむ為、直線2.5Km?の田んぼ道での距離測定(道にFOX(3.5Mhz、2m)からの距離を表示して頂きました)と2mの練習(ほとんど平地)でした。

以下主催者からの案内です。

ARDF栃木 2009年 1月 練習会のお知らせ

☆☆☆ オフシーズンの今 基本を確りトレーニング ☆☆☆

期  日 2009/01/25(日)

集合場所 下野市 国分寺運動公園P(JR小金井駅より 徒歩 15分) 

http://maps.google.co.jp/?ie=UTF8&ll=36.385498,139.831667&spn=0.034411,0.04077&z=14

集合時間 8:30

距離測定 8:30 ~ 10:00   約2.5Kmの直線での距離感覚測定
               (ビーコン 144MHz・3.5MHz 発信)
               ※ TXまで後何メーター???
               ※ 近距離の絞り込みは???
               ※ 受信機を体の一部にしよう

練 習 会 10:30 ~ 14:00 TX5個での実戦練習
               (ビーコン有・パンチ無し・フラッグのみ)

周 波 数 144MHz  A2A

費  用  無料 但し、保険なし・弁当なし 全て自己責任で4649

※ 地図の用意がありますので、参加選手は メールお願いしま-------す!!

☆☆☆-------------------------☆☆☆
    ARDF栃木
       谷田部 幸行
        JE1XXO
    s-yatabe@sky.plala.or.jp
☆☆☆-------------------------☆☆☆
20090125 練習会前の雄姿!!

距離測定
私の3.5MHzの受信機のATTが、TONEにした時、連続とならずTONEの発信機が飽和してしまいNGですが、そのままにしておりましたが、はっきり解りました。(TONEが使えない電界強度がある)ATTのレンジが8接点ありますが、実質4接点しか使っておらず、4→84接点に細分化するのがいいかも、TONEのダイナミックレンジの検討も必要かな?
生き返ったSGの出番かな?OFFシーズンの宿題です。
距離測定はスタートゴールの少し西側から南西に伸びる田んぼの中の直線道路です。

練習会
Dscf2368c Dscf2371c
川の西側に設置されていました。
1番は川の南側を行き難なくGET出来ましたが、
2番は脇を通り(右前方の建物に見とれていた!!)3番に行ってしまいました。
3番の道路を南に戻りすぎ2番へ行きました。
今回はパンチやSIは無く、また見やすいところにフラグがあり遠くからFOXが確認出来ました。特に5番は200mくらい手前で確認出来ました。CQ誌の編集の方が待っていたようですが、手前で折り返してしまいました。SRI

PFR-3運用
CQ誌から取材(ARDF,自転車運用)を受けました。
23日と今回の練習会を予定していましたが、23日はWXが回復せず中止しました。
そんな訳でPFR-3での「やらせ(自分が勝手にやった!!??)」運用を練習の合い間にやりました。写真は撮る暇がありませんでした。SRI
7MHzで2局の交信でしたが、LWを張る時のペットボトル投げなどカメラに収められました。!!作文の依頼があり頭を悩ませています。

保坂さんのXさんが作ってくれた「煮込みうどん」温かく美味しかったです。TNX

2009年1月13日 (火)

御殿場高校練習会(新春初走り) 

1月10日(土)新年初走りに行ってきました。
前日の雪が心配でしたが、ゲレンデは雪は無くFBなコンディションでした。
しかし、小生は年末からの不摂生がたたり、足がつり、後半はほとんど歩いていました。!!
以下、齋藤先生からの案内です。
--------------------------------------
さて、新年早々練習会の連絡ですが、ミズホ製送信機の改造修理を小倉さんに、SIシステムの操作方法を柴田さんにお願いしその御協力で練習会が開催できます。

急ですが今週末の1月10日(土)、いつもの丸火で行います。
集合もいつもの所。
2m、A2A送信機設定に時間が掛かるかも知れませんが、スタートは10時を予定しています。
SIを使用した実戦に近い形の練習ですが、スタート場所とコ゛ールは一緒です。
-------------------------------------
Dscf2362c 生徒さん8人 大人5名 
他に高校生大会の準備で先生2名が現地調査をされました。

柴田さんの協力によりSIでの練習でした。FBに(正確に!!)結果が出ました。HI!!
Dscf2354c クリア、チェックでチップのDATAを初期化
Dscf2357c ゴールです。
Dscf2359c Dscf2358c チップをPCに読み込み順位を確定します。
小生、主催者側をやっておらず(SRI)解っていません。HI

またFOX(ミズホ製)がFMからA2(今はA2Aかな?)にJH4EIY小倉さんが変更してくれたそうです。サイドが広がってビーコン(145.66Mhz)がFOX(145.78Mhz)にかぶってきました。
(それだけしっかりパワーが出ていたのかな?)BY製のフィルターのあまい受信機は大変だったと思います。

Dscf2352c Dscf2356c BY製受信機
Dscf2353c Dscf2355c 柴田さん設計・製作の3.5Mhz+2mクリコン受信機
沢山の高校生が使っています。

Dscf2363c 地図が解りにくいですが、北から時計回りに5,4,・・1で設定されていました。4番が強く、距離感を騙されました。(このFOXだけがピークにあった?)
5→4と行ったのが敗因でした。
生徒さんが設定(隠すと言うと正しくない!!)してくれましたが、最近は旨くなりました。くぼ地、斜面、小さな茂みのかげ、など楽しくいじめられています。!!
結果は散々でした。斉藤先生はすばらしい結果です。
「努力は裏切らない」です。「ardf.xls」をダウンロード

PFR-3富士市移動を練習の前後にやりました7Mhzで地元1局(AGCが無いのでガンガン)と4,6エリア5局と交信が出来ました。
Dscf2361c Dscf2360c ANTはペットボトルに小石を入れて(水場が少し遠い)立ち木に投げたLWです。10,14,Mhzもマッチングは取れますがバンドが死んでいました。
PFR-3に日本製のあだ名が付きました。
Yellow  Box → Yellow Lunch Box → ドカベン

次は25日の栃木の練習会を予定しています。少し駆け足しておきましょう。

2009年1月 7日 (水)

箸休め

本日は休みでしたが、新年早々、歯医者でした。
年末にジャンク箱から出てきた秋月の「PICライター」を組み立てました。
納品書は2006年1月9日!!向学心に燃えていた頃かな?HI
それも「やさしいPICマイコン プログラミング&電子工作」の本も付いていました。!!
バージョンアップも入っていました。
Dscf2346c Ver4にアップしました。
Dscf2349c オマケのセラロック、16F84,12C509
Dscf2347c 向学心に燃えたCHUさん追加手配の16C56

PIC、全然自分のものになっていません。
最近のキットはPICなどのマイクロプロセッサーがほとんど入っていますね。
プログラミングは出来ないですが、PICへの書き込みくらいは出来るようになりたいです。
昨年作ったPICのキーヤー(OIKey-F88など)のVer UPをやってみようと思います。

(またジャンク箱に戻りそうです!!)

2009年1月 4日 (日)

NYP (QSOパーティー)参加

新年おめでとう御座います。
2009年はNYPから始まりました。NYPなので「ニューイヤーパーティー」と思っていたら「QSOパーティー」が正しい呼び名なんですね。

予告のとおり、NEW RIG?のTS-520XとPFR-3で出ました。(一部既存のRigも使ってUVのローカル局、3.5MhzのSSBにも少し出ましたが、省略します。)
Dscf2340c Dscf2345c
(1)2日夕方 TS-520Xが動かない!!
午前中仕事で夕方からからTS-520Xをセットして運用を始めようとしたら、ヒーターの電源が入りません。年末のCWフィルタとマーカの組込は単体での受信だけの確認だったので・・・、どこかおかしくしたのかな。それとも使い方を忘れたのかな?H..SW(ヒータスイッチ)をONにするだけで良い筈ですが・・・?
ネットの回路図を眺めながら重い装置を転がしました。表示ランプ(12.6V)はダイアル、Sメータ、VFO(外付けを含め)はOK、ヒータースイッチか?奥まった所にあり、やっとテスター棒を当てて導通を見るとOK、ならば電源コネクタ(9ピンでAC、DC電源でプラグ側が変わります。ちなみにこのRigはDC/DCコンバータ組込済みの様です)廻りかな?
電源コネクタの7ピンからH..SWに行く太い線の半田が外れていました。
巻き付けでなく、チョン付けで窪みが線径の半分位で、元々の半田が旨くなかった様です。私がCWフィルタとマーカ組込時、下カバーを外した時に配線に手が当たって外れたのでしょう。!!重いことと、大きい割には中はぎっしり、疲れました。
(2)マイナス キーング
孫たちとの新年会が終わって、さてQRVと思いきや、キーの接続がしてありません。
昔、FT-101やTS511を使っていた時、確かマイナスキーングだったはずだが・・・?
テスターで測るとマイナスの50V弱、電流は約1mAでした。
ジャンク箱をひっくり返し、マイナスキーング専用のケーブルを作りました。
最近のキーヤーは30Vまでの表示が多く有りますが。2SC1518のオープンコレクタですので50V以下なら何とかOKと思い、BASと切手キーヤーで試してみました。OKでした。
(但しキーヤーやキーのアース側(筐体)にマイナス電位がかかっているので、他の機器の筐体(GND電位)と接触しないようにしなければなりません)
Dscf2342c BOKE対策で大きなラベルを付けました。
22:22から3.5MhzCWで呼びに回りました。10W(実測18W !!)なので何とかとってもらえます。6局と交信し、23時になりQRTしました。
(3)3日朝 ヘッドホーンジャック変換プラグ
以前は大型プラグの付いたヘッドホーンを持っていましたが、移動ばかりやっているので、ヘッドホーンがイヤホーンになり全て小型プラグです。変換コネクタ(モノ)が有ったのですが、方耳しか聞こえません。
またまたジャンク箱をひっくり返し、大型プラグのお尻に小型プラグ(ステレオ)を組み込みました。イヤホーンはR,L並列にしましたが・・・快適に受信が出来るようになりました。
Dscf2341c
6:40から8時過ぎまで3.5MhzCW 12局、SSB 1局でした。
CQも出しましたが、10W機ではなかなか呼んでくれません。3.5Mhzのローパワーは厳しいですね。(ベランダの5m長Whip)CWフィルタなかなかFBです、FT-817よりはスカートの切れはFBですが、ダイアルの20KHz/1回転はチョット厳しいですね。(現用機FT-767は10KHz/1回転です)
セミブレークイン及リレーの音は気になりますね。
(4)FPR-3の使い心地
8時半から9時前まで7MhzでCQを出しました。3局の交信でした。1や3エリアが開けておらず、CQの空振りになりました。超ローカル(約500m)のJA1XEQ佐々木OMから呼ばれました。KX-1に室内ANTかな?NEW RIG PFR3 5W と打ったのですが・・・HW
9時になったので箱根駅伝の応援に行きました。(職場が3位の学校です)
11:45から12:20の間に14Mhz1局(JR6AP久場OM  VY TKS)10MHz2局、7MHz3局と交信しました。
7Mhzで強い局が出てきましたが、混変調増幅器(RF増幅)が無い分、静かです。
感度もBOKTEた機械(TS-520XやFT-767)と比べても遜色は無いようです。
AGCが無い分、どうしてもVRを上げてしまいます。(CONDXが悪くQSBが多かった)
5WattS+アルファです。聞こえ具合から無理かなと思う局でも呼ぶと応答があります。
OPの耳を良くしないと、QRPerの仲間に入れません。HI
フルサイズのDPなどFBなANTを使うと/QRPは気がひけるのでは??!!
固定機と遜色無いと思います。

夕方ローカル局とUVでラグチューを楽しみました。
LOG提出はHLTST(Ham log Contest)で作成しました。FBなソフトです。
本年も弱い電波を出します。!!
お相手をお願いします。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

フォト
無料ブログはココログ