« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年10月

2009年10月29日 (木)

Weber Dual Band及び SLT+ 組立

今年の夏からHendricks QRP kitsのCWトランシーバ(Weber Dual Bande)とアンテナチューナ(SLT+)を2台組み立てました実はローカル各局とCWの勉強をしていますが、メンバーの1人が「俺のQRP機(移動用)が無い、何とかしてくれ」との事で組み立てた次第です。昨年組み立てたPFR-3がFBなのですが、免許の関係で7MHzと18MHzが選べるWber Dual Bandにしました。また小生は7MHzと3.5MHzにしました。
Dscf2810c Dscf2812c Dscf2813c
8月の初旬に注文し(Hendricks社XYLさんの具合が悪く8月まで閉店していました)中旬には届きました。ケースはレタリングがありません。decal(貼り絵)を自分でやらなければなりません。チューナは塗装もありません。
Dscf2861c Dscf2886c T1/T2誤記部分
組立は特に難しいところはありません。PFR-3と同じWeber KD1JVの設計で回路、ソフト(操作)もほぼ同じです。ダイアルはロータリーエンコダを使っています。固定機を狙っているようです。部品は少し余りました。抵抗270Ω6本 コンデンサ0.1μ1個(20個+オマケかな?)7MhzのユニットでL2/L1のインダクター8.2μHが1個です。1台目の電源用DCジャックが2個ありましたが個別の問題でしょう。
誤記で致命的なのがマニュアルの9ページ、各バンドデータの最下段のT1/T2が正しくはT2/T1です。(受信部のANTから同調部の入力で回路図の表示は正しい)
また注意事項(私がミスったところ!!)は同じT1/T2の巻き方です。注意書きがありますが、私のABCがXYZですから・・・、巻く方向(基板の取り付け位置)と線の太さに注意
Dscf2885c Dscf2884c Dscf2883c
通勤時辞書と首っ引きでマニュアルを眺め、なんとか9月中旬には1台目(7Mhz、18Mhz)を完成しました。
Dscf2912c Dscf2917c 日本語?表示
ニューカマーの方が使うので日本語(漢字)?表記にしました。(レタリングが面倒なのでテプラテープでごまかし!!)旧日本軍の無線機のHPやBY製のARDF受信機の表示を参考にしました。「受変」は何でしょう?RITのつもりですが・・・・
Dscf2927c Dscf2928c Dscf2930c
引き続きアンテナチューナーを組み立てました。コイル巻きが主で簡単です。
Dscf2932c ANT端子のダブルナットが最初からバカネジ(ナットの径が大きい?製作時のばらつきが大きい?)で締め付けると空回りします。近くのDIYにはインチネジは有りません。ジャンク箱から適当な(古いJISネジ?)を探し締め付けました。
Dscf3012c TRX同様日本語?表示にしました。

2台目(3.5MHz 7Mhz 組立責任検証用??)は楽に組みあがりました。
Dscf3008c Dscf3010c
添付のdeaclを張りレタリング固定剤(サンハヤト)、つや出しニス(アトムハウスペイント)を吹きつけました。ABCがXYZなのでローカル局JN1IAY福田OMに訳してもらいました。PCで印刷出来てFBですね。PCショップで用紙を探してみましょう。
「weber_db_decal_installation.doc」をダウンロード
Dscf3013c Dscf3014c
SLT+はTRXに同じように赤と白の塗装をしました。薄く何度も塗るのがテクニック様ですが、台風でいじめられました。(アパマンハム ベランダ工作室) 端子の表示は添付されておらず、テプラテープで作りました。スペル合ってるかな?またゴム足がありません。DIYで適当なものを買ってきました。

Dscf3016c Dscf3020c 2台並べてみました。

性能はPFR-3とほぼ同様の様です。
出力は13.8V電源だと3.5Mhz 8.2W、7Mhz 6.5W、18MHz 5.4W 12V電源でも5Wは出ています。バンド内もほとんどフラットです。
ANTは推奨の1/2λ LWを作ってみました。ほぼ指定のLの値でチューニングが取れます。
根元を7MHzにギボシで細い線を接続し全体で3.5MHzになるように作りました。

Dscf3043c  右端はKX-1(佐々木OM組立)
10月28日(水)TEST運用を兼ねて座間市の座架依橋で移動運用をしました。
FBな交信が出来ました。(国内コンディションがよくなった?)
日本語表示対応の操作メモを作りました。
「weber_db_slt.xls」をダウンロード
電源を入れた直後にWのCW QRP周波数を表示しますが、3.5Mhzは3560KHzでJAの運用周波数にあわせるのに一苦労です。(PFR-3はDFE(パドルから直接入力)がありますが、このTRXにはありません。ダイアルを早送り(200Hz/ステップ)にしてクルクルです)
またこのTRXには愛称(略称)が無くTRXの紹介を「Weber Dual Band」とCWで打つのはしんどいですね。(仲間はPFR+3を「ドカベン」と呼び、Weber Dual Bandを「赤弁」と呼んでいますが・・・・)

移動用のケースを100均で探してみます。また自転車移動や固定の運用に使ってみます。

2009年10月25日 (日)

2009全日本ARDF競技大会2日目 2m

3.5MHzの試合が終わり、県立中央青年の家に着きましたが、受付が始まりません。
ロビーや開会式予定の集会室で待ちになりました。競技は2時間の競技でしたが、なかなか戻ってこない選手があり、3.5MHzの試合が長引き、中央青年の家の受付などが遅れたようです。
開会式では地元茨城の高校生が力強く宣誓を行いました。
Dscf3037c 配布されたFBな記念品・パンフ
食事、風呂、宴会?の合い間に記念局8N1ARDFの運用を行いました。(3.5MhzCW)
県立中央青年の家はロケーションのいいところです。2m CW/SSBでも頑張っておられました。

今回は沢山の役員、スタッフが参加されていました。神奈川県支部も支部長をはじめ3名の役員が参加されていました。
また地元のJA1IOA道の駅の矢口OM、JO1JIS磯崎OMとお会いしました。

開会式(原会長がお見えになりました)競技説明のあと10:00より競技が開始されました。
雨は降りませんでしたが、風の強い寒い天候でした。(ARDF日和??)
2mは、いやな1番スタートでした。
2m Dscf3038c
GPSロガー、10分毎のポイントを表示しました。TX2,TX3で遊んだのが解ると思います。
「JR1CHU_M-241_Start_20091025-094536_Finish_20091025-111256.kml」をダウンロード

Tx2 TX2
スタート直後1,2を聞いて西側の小道を下りました。前方にTX2が強くなりシメシメと思い、大きい道路を渡り向かいの山に登りウロウロ、TX2が泣き出ましたが笹薮に阻まれ進めません。東側に行くと草/笹が刈ってあります。でもこれも行き止まり、
TX2が鳴き始めました。南側に廻りましたが弱くなり(離れた事と低地)ました。池の東側から小道があり突き当たりへ行くとOLのポストがあります。No2!!おかしいな?山頂にお墓がありウロウロ、ポスの近くにANTを発見、やっとゲット
Tx5 TX5
集落の中を西に走りました。何処から南へ下がるか悩みました。オーバーランし、西側の藪を探しましたが有りません。民家(空家)を挟んで東側の藪を探そうと行ったら目の前にTX5が有りました。
Tx3 TX3
このTX最初から弱くトラぶっていました。(終了後JH4EIY小倉さんが持ち帰りATN不良を修理してくれた様です)TX2の南側と見当をつけていたので、大きい道路(南端)をひたすら走りました。(時々休みながら!!)強風とスピード違反?の車にいじめられながら走りました。道路を走らされ脳の酸素不足で?(本当はBOKE!!)南端の道を走っているのに北側の山麓の道と勘違いをおこしてしまいました。!!!
送電線を渡ったので北に曲がらなければと思いますが地図と現地が一致しません。適当に曲がりましたがTX2が強い(近い)ので思い直し、道路の南側で待機(地図の外、FOXテーリングならエリア外探査で失格!!)北に行きましたがオーバーラン、TX3の近くで同時スタートの広島の高橋さんとすれ違い(他の選手に会ったのはここだけ)左手(西側)の藪を覗きながら公園まで下りました。OLのポストがありウロウロやっとゲット

ゴールビーコンを聞きながら大通りを(まだ山麓の道と勘違いしたまま!!)走りました。左手(北東)にゴールのフラッグが見えやっと南端の道路を走っているのに気がつきました。!!

結果と反省
①TX2の詰めが甘かった。北側から入って目で探しても無いのにウロウロ。地図を良く見ると、池の北東から正解の道がありますが、TXの近くでは地図は見ずに現場ばかり見ていた。前日の3.5MHzの経験が生かされていませんね。
②恥ずかしい話ですがTX5→TX3→ゴールまで自分の位置が??でした。南端の道路を見落としていました。これも地図読み不足?(老人性何とか症!!??)
③TX3はトラぶっていたとはいえ、TX2の南側ははっきり解っていたのに時間かかり過ぎ②が原因かな?
Dscf3036c 何とかメダルを貰いましたが、「他の方がミスをしてくれたお陰」と思っています。M50クラスの大野さんの1時間を切るタイムは無理でも、もう一鳴き(5分)は短縮しないと・・・恥ずかしいタイムと思います。TXの近くでの地図読み、長---い距離を走ってもBOKEないで冷静な判断が出来る事が必要です。その為には、基本の走込みが必要と思います。結果は下記御参照
http://www.ardf.jp/result/2009allja/091025allja2_x.html

Dscf3032c W21優勝の秋田美人と静岡のオニーさん
若い方の活躍を期待しましょう。
(表彰式では疲れて写真を撮る気力がありませんでした)

ゴールでの暴言!!
大変立派な大会運営でしたが、ゴールがチョット・・・でした。
ゴールは逆(ビーコンに遠い方)に入っても良いように道が半分仕切ってありFBでしたが、ゴールラインで「仕事の無い役員?」二人が遊んでいました。SIの台が見えません「ドケドケ」と怒鳴ってしまいました。また車が2列駐車しており(ステッキのGGを乗せて来た?)逆から入る選手の配慮が無いので「車をドケロ」また怒鳴りました。
あまり怒鳴るので、仕事の無い役員?がステッキのGGと一緒に写真を撮ってくれました。大人しくバスに乗り休んでいたらJA1ANF小森田OMがゴールされ、少し怪我をされていました。OMは遠慮されていましたが、「応急処置」救急箱が無く、しばらくして車からビニール袋を持ってきてくれましたが中身が・・・「本部へ連れて行け 藪医者来てるだろう!!」(走ってる先生ではありませんよ。誤解の無いように)またまた怒鳴ってしまいました。
役員の方には大変失礼をしました。これも少ない脳みそが酸欠を起こした為と反省しています。

私自身は反省の多い大会でしたが、楽しい大会でした。有難う御座いました。

2009年10月24日 (土)

2009全日本ARDF競技大会 1日目 3.5MHz

10月24日(土)3.5Mhz(エキシビション)、25日(日)2m(本大会)2009全日本ARDF競技大会が筑波山の山麓のかすみがうら市、土浦市で開催され参加しました。本大会は来年クロアチアで開催される世界大会の予選を兼ねておりました。何とかキップを手に入れました。
Dscf3026c Dscf3028c 左から2人目小生
常磐線神立駅まで鈍行で行きました。駅前から8:30の送迎バスで会場のかすみがうら市(旧千代田町?)第一常陸野公園に到着しました。
高校生大会?を思わせる高校生が沢山参加しています。
(主催者資料 M19+W19 49名 総エントリー 99名)

Dscf3033c GPSロガーONにするの忘れました。!!
公園の陸上競技場をスタート/ゴールにして開催されました。
南東の高速道路を渡った果樹園の多い田園地帯がゲレンデでした。
M60は2日間、探索TXは2,3,5でした。(何時ものように手に書いておきました。ボケ防止!!)
高速道路を渡る前に全体の方向をを確認、1,2,3を聞いたところで3番に向かいました。
TX3 他の選手に引張られ難なくゲット(スタートが9/10組でラッキーでした)
TX5 TX3に向かう途中南側に強く聞こえておりTX3から戻りながら南東の小道を登り一山超えた湿地に出ました。向かいの山(TX5がある近く)に選手がチラホラ、沼地を渡るかどうか迷ってTX5の鳴くのを待ちました。(2度は渡りたくないので)やはり向かいの山、沼地に足を取られながら渡りました。TX5の下(西側)は工事中で伐採されており難なくTX5にたどり着きました。
TX2 東方向には道がなく、性懲りも無く藪に突っ込みましたが、東方向には進めずいやな道路を走りました。TX2の近く?(結果的には200-300m)で他の選手に引っ張られ北東の道を登りました。果樹園の脇を藪に突っ込みましたがTX2には届かず、先ほどのいた下の道路に戻ってしまいました。次の鳴きで下の道路をTX2の周りをグルーと廻りましたが上がり口が見つかりません。TX2の西側から選手が飛び出してきました。そこから山に登りましたが、見つかりません。(TX2はモット東で尾根の端)他の選手に引張られ山の奥に入りましたが当然ありません。考え直し尾根の端に近づいた時、TX2が鳴き始めようやくゲット
ゴール どうやってゴールまで戻るか考えました。先ほど迷い込んだ道を行き、小道をつないで、ゴールに向かう方がいいでしょうが。工事中の道(X印)もあり、東回りの車道で戻りました。さすが高校生、あっという間に追い抜いて見えなくなります。約2.5Km疲れました。
結果は下記の通りです。
同点1位の二人に負けてしまいました。(前々回の三木市の全国大会で有りました。年長者が上位です)反省はTX5をゲットした後また藪に突っ込んだ事、2番の周りで遊んだ事、長い道が(たかが2Kmですが・・・)走れ無い事でしょう。
もう一鳴き短縮すれば・・・・レバタレですね。
Dscf3034c
結果は下記御参照
http://www.ardf.jp/result/2009allja/091024allja80_x.html
M40クラス韓国のLeeさんの38分驚異的なタイムです。

競技終了後宿泊/2m会場の土浦市の「県立中央青年の家」に向かいました。

2009年10月17日 (土)

御殿場高校練習会 富士市丸火自然公園

10月17日(土)御殿場高校の練習会へ参加させていただきました。
3.5MHz及び2mの2波を同時に設定していただき、好きな方から楽しめる(苦しめられました)練習会でした。
TXの設定、回収は全部生徒さんがテキパキとされておりました。
15時頃から雨が降り出しましたが、雨の中生徒さんがTXの回収をされており、感謝・感激・雨・雨・雨でした。頭が下がります。(設置は見つけにくくしてやろう、遠くにおいてやろうと楽しいものですが、回収はチョット・・・・です。)

行きは本厚木から三村さんの車で黒木さん山上さんと一緒でした。山上さんから南米ガイアナ(8R)の旅行や1アマ受験合格のの秘伝を聞きました。

一般の参加は6名?の参加でした。9:30頃から16時までの予定でした。
午前中3.5MHz昼食を1時間午後2mと予定しましたが、斉藤先生がニコニコされていましたが、後で理由がわかりました。!!
今回はフラグがありませんでした。(最後の追い込みの練習のため)

(1)3.5MHz 10:00スタート 12:17ゴール
35 Dscf3024c
「JR1CHU_M-241_Start_20091017-102734_Finish_20091017-122125.kml」をダウンロード
スタート直前まで7MHzで空振りのCQを出しており(Weber Dual Bandのテスト運用)
準備不足で、GPSロガーの電源を入れるのを忘れ、途中で電源を入れました。森が深いので電波状態が悪いのか最初の位置が北へずれています。??

TX5はゴールのすぐ近く(200m位?)に設置されていました。受信機の分解能?を見る為にゴールと方向を比較出来ました。小生の受信機では少し離れると同じ位置になりました。(VK製のバーANTで垂直ANTが入りっぱなしでNULLでの測向が出来ない為)
送信ANTが立ち木に旨く沿わせてありまた、送信機はビニール袋に入れて地面にあり、目で探すのはほとんど不可能です。2本張ったカウンターポイズを踏んづけて送信ANTにたどり着きました。

TX4は手前の道、送電線、次の道を如何に渡るかがポイントです。二つの道が一番近いところをわたるのがコツです。(ここは覚えてしまいました。HI)
近くまで行きながら最後の50mで泣きました。

TX3はラジアルを足が見つけてくれました。HI
TXの探索(最後の詰め)でぐるぐる廻ると次に行く方向を忘れ、自分の位置を失います。HI 冷静さが足りません。!!
TX2への直線道路のズレが大きいですね。GPSのサンプリングを5秒間隔にしていますが??(電波の受信状況が悪いのかな?それともGPSロガーがポシェットの中で斜めになっていたのかな?)

TX1をTX3からそのまま北上しましたが小道が見つからず、TX1をめがけて進みましたが、藪(濃いグリーン)に阻まれ後戻り、大回りをしました。道路わきを通り過ぎオーバーラン、12時の鐘が聞こえました。(フラグが無いと2時間は無理かー)

(2)2m 13:15スタート 15:10ゴール 但しTX2とTX1だけげギブアップ
2 Dscf3023c
「JR1CHU_M-241_Start_20091017-131404_Finish_20091017-152745.kml」をダウンロード
約1時間昼食と休憩をとりました。黒木さんが東廻り(時計廻り)に行ったので私は3.5MHzと同じ西周り(半時計廻り)に行きました。
GPSの軌跡をみて笑ってください。丸が3つも出来てしまいました。!!
スタート地点で測向した時、1番と2番を間違えておりました(地図にも間違って書いていました)1本目の送電線を渡る頃から間違えの気づきましたが、1番が遠く(弱く)1番が強いのでそのまま2番に向かいました。(命取りになりました)

TX2 3.5MHzでフラグの無いTXに散々いじめられたので慎重に攻めました。
強いので近くに有る様に錯覚し、1鳴き毎にオロロロしていました。
結局46分かかりました。
スタート直後は体が重く3.5MHzと同じ道なのに時間がかかっています。(年寄りに2ゲームは無理かな?)

TX1 ほぼ北に上り登り昇りです。やっと近くまで行きましたが、TX(ATN)が見つかりません。オーバーランして、いくら目で探しても見つからず、次の鳴きで戻りいました。この谷間しかないのに、谷間全体から聞こえてきます。あわててATTを絞りながら反対側の尾根に上がってしまいました。ここで停波??谷の尾根筋を回ってみました。谷の一番奥(高い方)に在りました。両脇の尾根を反射板にして谷の入口(南方向)に鋭いビュームが出ていたのでしょう。谷の方向(南北)に対し東西に動き回っており、迷ったと思います。谷の方向(尾根筋を)を走ればTXの方向の変化でTXの位置が解ったと思います。また「2mは谷に下りて測向するな」基本ですね。すっかりハマリました。(2→1 約32分)

ギブアップ 既に1時間20分 15時までには戻らなければ・・・とりあえずオーバーランで見た車道に出ました。車道が地図と合わない??楽な下りを走りました。ゴールビーコンを聞きながら適当に走りました。ゴールの近くになってから雨が降り始めました。

先にも書きましたが、生徒さんは雨の中、回収作業を開始されました。VY YNX
三村さんの車で御殿場駅まで送ってもらい、国府津経由で帰りました。夜は近くの銭湯でゆっくりしました。

いよいよ今週末は全国大会です。毎週の練習で少々疲れ気味です。のんびり楽しんできます。

2009年10月12日 (月)

ARDF栃木 練習会 参加(矢板市 運動公園)

2週間前に引き続き、ARDF栃木の練習会にお邪魔してきました。
お天気は大変よく VY FINE といったところでした。
参加者は10数名でした。

ゲレンデは4月18日の3.5MHzの大会の会場でした。スタート/ゴールは3.5MHzのスタートと同じ、野球場の脇の駐車場でした。(地図の南東端)

地図は平成6年の第21回全日本オリエンテーリング大会の「前高原」でした。
15,000分の1、B4版です。(4月の大会の倍の範囲です。走らされました!!)

Dscf3005c Gps
地図が少し古く新しい道が増えていたり、小道が荒れていましたが、走れる山が多くFBなゲレンデでした。直線で約8.5Km位の設定でした。
道路脇から数mの設定でしたが、藪やくぼ地にあり、目では探せない設定でした。
「JR1CHU_M-241_Start_20091011-101654_Finish_20091011-124740.kml」をダウンロード

スタート地点から北東の山道を行く方と(3.5Mhzのスタートライン)地形の高い南西方向の競技場に行く方に分かれたようです。

1番へ行くまでになかなか田んぼに出れず、苦労をしました。北側から行きましたが北西側の川沿いの道から行った方が早かったかも?(行きも帰りのこのルートを使用かな?)

3番は大きな道なりでしたが、北西の小道に上がってしまいました。

4番は距離的には近く、オーバーランになりました。

5番はオーバーランの先に在るのは解っていましたが、皆さんと一緒の道はいやなので(崖を上るのがいや)大回りをしてしまいました。(GPSロガーのDATAから自分の走ったルートを推測しました)4番から低い(小川/湿地)ところから小道がありますね。このルートがFBだったですね。

ゴールまでの距離が長く、三村さんと山越えで戻ろうと決め途中から山に入りました。
地図と受信機(ゴールビーコン)の両方で方向を決めましたが、結局受信機の情報に引張られ、ほとんど藪漕ぎになりました。

半分は歩きましたが、距離が長く(14-15Km?)疲れました。
10:20スタート 12:42ゴールでした。

Dscf3003c
行きは矢板から田中さんに、帰りは三村さんに自宅まで送ってもらいました。TNX

« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »

フォト
無料ブログはココログ