« 静岡県高等学校ARDF 冬季大会 | トップページ | IARU 第15回ARDF世界選手権大会 参加依頼 »

2010年1月28日 (木)

小手(鏝)調べ JUMA Keyer1 組立

135KHzの組立キットがほしくてOHのJUMA TX136を買ってしまいました。(1月12日注文 24日到着)(TX2200Aは箱に入ったまま!!) 部品はSMDです。 A1クラブの切手キーヤーで苦しめられましたが、SMDの半田付け技能は今だ”ゼロ”です。TX136を組み立てる前に練習のつもりでKeyer1を組み立ててみました。(雨の休日自転車漕ぎはオアズケです)

Dscf3216c Dscf3219c 一緒にSMD Kitをたのみましたが、未使用です。

Dscf3217c Dscf3218c 半田は手持ちの0.3mmを使いました。鏝はCXR-31 22Wピンセットは小型の物で口先を約5mmに狭めたものです。
PICは気を使いましたが、他は難なく半田付け出来ました。
手振れ防止の為、両手の手首の下に半田のボビンを置きました。
Dscf3222c Dscf3223c Dscf3224c
部品点数が少なく一発で動きました。

このKeyer イマイチです。
ノーマルが IambicのAでBは無し(私のいい加減な操作では誤送信ばかり)「I」音
パドルを押さえながら電源を入れると表示音が出て下記モードになります。
(Dot) Dot Priority スクイズが無くなります。「G」音??
(Dash)Straight mode はバグキーモードです。「S]音
Dot Priority の。「G」音はなぜかな?

JUMA TX136にアッタクしてみます。目に悪いSMDです。(何時になったら出来ますやら?)

« 静岡県高等学校ARDF 冬季大会 | トップページ | IARU 第15回ARDF世界選手権大会 参加依頼 »

135KHz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504879/47411992

この記事へのトラックバック一覧です: 小手(鏝)調べ JUMA Keyer1 組立:

« 静岡県高等学校ARDF 冬季大会 | トップページ | IARU 第15回ARDF世界選手権大会 参加依頼 »

フォト
無料ブログはココログ