« (135KHz その3) 間違った買い物 | トップページ | (135KHz その5) JUMA TX136 増設免許 »

2010年3月29日 (月)

(135KHzその4) 間違った買い物 その2

135KHzの受信をJUMAの内臓コンバータを使い、FT-817で10MHz受信を考えております。QRSSなど周波数の安定度が必要の様です。またこのFT-817、500Hzのフィールターが入っており(最初は500Hzしか無かった?)サイドのQRMが気になっていました。

近所のHAMショップで衝動買いをしてしまいました。
在庫が無く、宅配便でメーカーから送ってくれました。
Dscf3347c Dscf3350c
左が購入品  外したもの
Dscf3348c Dscf3349c
CWフィルタ    TCXO-9

交換は左右のソケットに差し込めばOKです。
7MHzでVBと鹿児島の移動局と交信しTEST OKにしました。

交換してからゆっくりスペックを見ました。
(1)CWフィルタは500Hz→300Hzでそれなりの切れはあります。
(2)目的のTCXO-9ウオームアップ後1Hrあたり +-0.5ppm
  元のスペック電源ON1分~60分 -+4ppm
                60分後1Hrあたり +-1ppm
  がっかりですが、どれも@25℃の条件があります。FT-817相当の発熱があります。また炎天下で黒ケース、チンチンになるのでハンカチをかぶしています。効果が出るのを期待しましょう。!!

周波数カウンターで周波数の微調整と安定度を見るべきでしょうが。小生のFC 基準発振器10MHzで20ppm これでは何を測っているのか解らなくなるのでやめました。!!

JUMA TX136の発信器は? 20MHzのOSCです(パーツリストでは100ppm or better )となっています。実際はMCO-1500A(DIP8で小さいです)が使われており+-25ppmの様です。これを1/2分周しているので10ppm前後かな?ちなみに基板はDIP8とDIP14の対応になっています。 こちらを1-2桁追い込むのがさきだったかな?

値段は2つで約23K\でマーマーでした。
余った500Hzのフィルタどこかに押売りしなければ・・・

 

« (135KHz その3) 間違った買い物 | トップページ | (135KHz その5) JUMA TX136 増設免許 »

135KHz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504879/47938628

この記事へのトラックバック一覧です: (135KHzその4) 間違った買い物 その2:

« (135KHz その3) 間違った買い物 | トップページ | (135KHz その5) JUMA TX136 増設免許 »

フォト
無料ブログはココログ