« 第16回下野の国ARDF大会&3.5MHz練習会 (4月17日18日) | トップページ | 北関東ARDF大会 2Days 参加 »

2010年5月 3日 (月)

135KHz  初交信なる

出来ました。 出来ました。 5月3日11時45分 136.500KHz CWで八街市のJA1CGM荻島OMと579/567で交信が出来ました。!!!

久々の4連休、ここで135KHzを何とかしなければと思い、135KHzに没頭しました。
(詳細は遡りブログ??!!で書きます)

ローカルのJA1XEQ佐々木OMの車で大和市の引地川公園(厚木基地の南側)の空地へ移動しました。
9:00 出発です。
持参品です。(ANTポールは佐々木OMに持参してもらいました)
Dscf3408c Dscf3407c Dscf3406c
アースマット 120cm×40cm 3枚(間に合わせです。)
みかん箱はRig、PC、バッテリーなど
下がバリLコイル(中に小さい樽が入っています)
上がメインのローディングコイル(タップ付き 使わず仕舞い)

約30分で現地到着
佐々木OMのグラスファイバーポールでフルサイズのG5RVを逆V型にしてあげましたが、
バリLの最小値ではチューニングがとれず、10mのビニール線を上げました(垂直ANT)
(バリL巻き過ぎでMin 14.5mH Max 22.7mHです)
Imgp0199c 16.4mHで同調しました。
Imgp0197c アースは上記3枚(約2mのリード線)と、安く買った「もつれたビニール線」0.8mmΦ?(約50mと200mを50mの範囲に「いろは坂」状に配置)、車のボディアース
アース電流?を大進無線のデジタルRF電流計(パーツセットです。オリジナルのはず)で測ってみました。絶対値は不明ですが、車のボディーアース500-600、 200mワイヤ250、 50m120、アースマット(1枚)20-40(草の上です)でした。

Imgp0196c RigはJUMAのTX136とFT-817(10Mhz変換受信)、JJ1GRK高木OMのSWRメータ、その後にマッチングトランス(JUMA TRA-6X DL製の6線巻きのRFトランス)そして漬物樽のバリL、10mH垂直ANTです
Imgp0198c  左(桶の蓋)がRFトランス、と三脚で上げ下げするバリL
RFトランス自宅のベランダの5m長釣竿Whipでは50:200Ω、10m垂直では50:113ΩでSWRが≒1.0になりました。

電源は佐々木OMの車から準備をしていただきましたが、ジャンクPC用の12Vで運用し、出力はHで約20W(TX136の表示)でした。

昨日の自宅のベランダではノイズばかりでしたが、136.000KHzのビーコンがFBに聞こえます。但しTX136のコンバータのプリアンプを入れると(10dB/20dB)Sが7以上振れパルス状のノイズが聞こえます。FT-817のノイズブランカを入れると少しはよくなります。

136.500KHzでCQの連続やTESTをしていたら、JA1CGM OMから呼ばれQSO出来ました。ビーコンより強い感じでした。

久々にパドルを握る手が震え、ミスの連発でした。HI

TX136に付属のPCソフトは繰返しモードが無く、A1クラブの切手キーヤーでCQの連続を出しましたが、その後は応答が無く、12:30でクローズしました。

昨年のハムフェアで国産機を見せられ購入してから約10ヶ月、やっと交信が出来ました。QRSSなど、やることは沢山あります。まずはコイルの修正からやってみます。
何時も協力頂いた佐々木OMをはじめ、ローカル各局やHP、掲示板、CQ誌、などで情報を提供、FBなキットの提供していただいた先輩各局に感謝です。

« 第16回下野の国ARDF大会&3.5MHz練習会 (4月17日18日) | トップページ | 北関東ARDF大会 2Days 参加 »

135KHz」カテゴリの記事

コメント

祐天寺の黒木和尚殿

コメント有難う御座います。
私のは約30cmの漬物樽ですが、50cm級やゴミバケツも有るようです。

小型で高性能のコイルがほしいです。
チャリンコでの135KHz移動運用が夢です。!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504879/48257893

この記事へのトラックバック一覧です: 135KHz  初交信なる:

« 第16回下野の国ARDF大会&3.5MHz練習会 (4月17日18日) | トップページ | 北関東ARDF大会 2Days 参加 »

フォト
無料ブログはココログ