« ATS-4 やっと動いた | トップページ | 8J1VLP/1秋葉原 & 秋葉原QRP懇親会 »

2011年5月 3日 (火)

リグ-USB接続PTT インターフェース(がんばろう日本)

ATS-4のPSK31やRTTYをやるにあたり、通常の?PSK31やRTTYの勉強?を始めました。(送受の周波数合わせなど2セットあるとFBな様です)
大昔?FT-101でFAXをやった時代の残骸が出てきましたが、これは使えません。
2003、4年と神奈川県支部(横須賀)で開催された「TNC無しのパケット通信 入門」で作った、「VOX]タイプのPC/TRX(FT-817)のインターフエース(I/F)が出てきました。
Dscf4717c 2003年版?接続を見直し、FT-817とチビPCにMMTTY、MMVARIをインストールしてワッチを始めました。FBに解読?します。流石FBなソフトです。(test qso ok)小文字!!
資料の中に別冊CQ No13(2010年9月)号にJF7ELG 木幡OMのUSB接続PTTタイプの製作記事&基板がありました。早速部品を注文しました。「木幡OM 福島では? ・・・」でも土日を挟んで4日で部品が届きました。
お礼のメールの返事に原発事故の関係で千葉県鎌ケ谷市へ避難中との事でした(4月13日現在)(CQ誌5月号166ページ関連記事参照)
不自由な環境の中、早々の対応有難う御座いました。VY TKS

そんな訳で復興のキャッチフレーズとOMのCallを入れました。
Dscf4707c Dscf4709c ケースを含め木幡OMの記事に忠実に作りました。?
Dscf4713c 一緒に作ったケーブルと市販ケーブル

(1)RIG接続をMiniDINの8Pinにした。
3月末の円高でWへオモチャを注文しました。この装置は8Pinなのでこれに合せました。
また、TF-817用のケーブルを作りました。(Wへ注文した装置のケーブルもFT-817用にしたので、同じケーブルになっているはずですが・・・ 届いてからのお楽しみ!!)
FAXの時代はRCAピン・ジャックでしたがMiniプラグ(ステレオ)になったので、ケーブルを作りましたが、安い市販品(右側)も買いました。

(2)トラブル インターフエースを接続するとFT-817がダンマリ(ミュート?)
(状況)
スケルチ(SQC)信号を外すとOKとなる。
テスター(オンボロのアナログ)で信号のレベルを見ると。
無負荷  スケルチ開で3.0V 閉で0V
I/F接続  スケルチ開で1.0V (+5Vでプルアップ[J7接続]) 1.5V) ミュート状態
(対応)
FT-817の回路図を見ると複雑で???
(1)信号ラインにダイオードをFT-817向きに入れるもNG(同じ)
(2)信号ラインに抵抗 150KΩ を入れてごまかし!!
(VRを接続し3.0Vがほとんど変化せず、なおかつ、受けのTrが動作する様に値を決めた。算数は難しくて・・・)
これでFT-817のBUSY(GRN)とI/FのRCV(GRN)が同期しました。

根本は私のFT-817のスケルチ信号のドライバーが壊れている?
I/FにFT-817以外のRIGを接続した時は??
(このままにして置きましょう。高いRIGは買えませんので!!)

(その他)
秋月のUSB COM変換モジュールを使っていますが負論理/正論理の書換えもしてあり、本の説明どおりドライバーを入れるとFBに動きまました。

移動運用には少し大きいので(FT-817とチビPCを意識して)汎用性はなくなりますが小型版を作ってみたいと思っています。

木幡OM 有難う御座いました。

   

« ATS-4 やっと動いた | トップページ | 8J1VLP/1秋葉原 & 秋葉原QRP懇親会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504879/51613120

この記事へのトラックバック一覧です: リグ-USB接続PTT インターフェース(がんばろう日本):

« ATS-4 やっと動いた | トップページ | 8J1VLP/1秋葉原 & 秋葉原QRP懇親会 »

フォト
無料ブログはココログ