« ATS-3B やっと動き始めました (その1) | トップページ | 第8回 IARU Reg.3 ARDF 大会 行って来ます。 »

2011年7月 8日 (金)

ATS-3B やっと動き始めました (その2)

7月3日(日)休み 基板組立
  5日(火)遅番 朝7MHz基板(コイル巻)作成
  6日(水)休み スモーキングTEST  初交信3局

SMD部品の作業を開始するに当たり、作業台兼OPディスクのライトをLED電球に取替えました。(省エネより暑さと老眼対策です。HI)
Dscf4818c Dscf4817c
今までの60W電球  LED電球(化粧箱)
値段は少々高かったですが・・・老眼にはFBです。!!

Dscf4813c Dscf4815c
  基板表       基板ウラ
7mhzc Dscf4814c
7MHzバンドコイル 実装

不具合
(1) PAのキーングTr Q1のドレーン電圧出ず C56の+側スルーホール断線 手直し
(2) 時々 送信/受信不能 60MHzのOSCモジュールの4Pin イモ半田 手直し
(3) 7セグLED表示 下部バー(d)表示せず。
    R34-U6の16Pinのスルーホール断線 手直し
3局交信(既にデジタルモードを含め免許済み)
(4) サイドトーンがノイズ/クリック様 U4-5Pin(+5V)イモ半田

纏めると
スルーホール不良(基板不良?)が2件ありました。キットでは最初に基板の導通チェックを指示している場合があります。
半田不良2件(熱を奪われやすい電源やアースラインは気を使ったツモリでしたが)
2-3種類の半田ごてを使うとFBです。 1本で頑張るのはやめるべきですね。

表示が7セグLED1個のため、操作がATS-4などとは異なります。読めないマニュアルと格闘中です。
ケース(アルトイド缶)の組込、残りの5BANDのコイル巻き、本命のデジタルモードの運用などやることは山積です。夏バテ、熱中症に注意して、ノンビリやります。

« ATS-3B やっと動き始めました (その1) | トップページ | 第8回 IARU Reg.3 ARDF 大会 行って来ます。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

JR1CHUさんご無沙汰しております。
横浜の武相クラブ依頼ですが私は今年3月に美祢市美東町の実家に引越してきました。
現在は実家よりANTはGPで10mHのオートチュウナーでオールバンドの局を作りましたが実家に帰られた折にはお寄りください。いつもCQ誌で活躍されているのを拝見しています。
                    JA4BVG

金重さん今日の練習会、どうでした?中国製最新鋭機を持ったおばさんはどうっだったでしょう?
ところでSMT力作芸術品の実演有り難うございました。あれだけ、SMTはさわりたくないと言っておきながら、実は昨日、帰宅してから私もやる羽目になりました。モービルに積んでいたICOMの無線機が調子が悪くなり、ひっぱたくと戻ったり、また駄目になったり。。。どこかの接触不良です。蓋を開ショック試験をやってみるとVCO周りがおかしい。。。基板を外してじっくり見てもSMTなので、よく見えない。。
私も最近めっきり老眼になってきたので100均で買った虫眼鏡でのぞいて見ると、一部の範囲で半田と部品が恐らく熱による、変色。。(ちょうど芋半だ見たいに光沢がなくなっている。)これだな!とかたっぱしから半だ付けのし直し。でもピッチの狭いところではブリッジになったり、部品が外れたり。。HI
格闘の末、なんとか直りました。もうやりたくないですが、少しは練習する必用があると、実感です。
あと、私も白熱電灯を使っているのですが、暑さでかなわないので、同じ様にLED電球にしようとちょうどこの間、買いにいったのですが、あまりの高額で諦めました。HI
今日も例のVFOの温度補償対策予定です。
この時代DDSなのにね。。(完全に逆行)
では。
PS:ST0Rと言うのが出ていてパイルになってました。でも南スーダンではないみたい。

JA4BVG 村田OM 今晩は

お久しぶりです。
実家にQSYされたのですね。
またFBなシャックを構築された様ですね。
是非是非QSOをしたいですね。

ブログの更新が間に合っていませんが、23日~25日、長野の富士見高原でARDFの特訓をやっていました。返事が遅れました。SRI

田舎へ帰った時はお邪魔したいと思います。
宜しくお願いします。

小倉さん 今晩は

富士見高原のARDF特訓、ご苦労様でした。
ピロピロ少し波が出る様になりましたが、マダマダ不具合が多く有ります。
ATS-4は先に書いた通り、少し使うと電源が落ちます。(半田不良?未対策)
ATS-3B 今回、富士見でCQを出したら呼んでくる局の周波数(オーディオ信号630Hz位が中心になっているはずですが、500→400Hzとドンドン下がっていき、通過帯域をハズレ?了解度が悪くなりました。??
相手はMMTTYなど送受自動追尾だと思いますので、こちらがQRHかな?QRHの修正をしていいのかどうか不明です。FT-817+MMTTYとの「なき合わせ」(ヒートラン含め)が必要かと思っています。

オバサンの件は別メールで御推測を!!

ICOMの無線機修理、ご苦労様でした。
目に悪い無線(SMDの半田付け)と身体にいい無線(ARDF)両方お楽しみ下さい

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504879/52153291

この記事へのトラックバック一覧です: ATS-3B やっと動き始めました (その2):

« ATS-3B やっと動き始めました (その1) | トップページ | 第8回 IARU Reg.3 ARDF 大会 行って来ます。 »

フォト
無料ブログはココログ