« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年7月

2011年7月 8日 (金)

ATS-3B やっと動き始めました (その2)

7月3日(日)休み 基板組立
  5日(火)遅番 朝7MHz基板(コイル巻)作成
  6日(水)休み スモーキングTEST  初交信3局

SMD部品の作業を開始するに当たり、作業台兼OPディスクのライトをLED電球に取替えました。(省エネより暑さと老眼対策です。HI)
Dscf4818c Dscf4817c
今までの60W電球  LED電球(化粧箱)
値段は少々高かったですが・・・老眼にはFBです。!!

Dscf4813c Dscf4815c
  基板表       基板ウラ
7mhzc Dscf4814c
7MHzバンドコイル 実装

不具合
(1) PAのキーングTr Q1のドレーン電圧出ず C56の+側スルーホール断線 手直し
(2) 時々 送信/受信不能 60MHzのOSCモジュールの4Pin イモ半田 手直し
(3) 7セグLED表示 下部バー(d)表示せず。
    R34-U6の16Pinのスルーホール断線 手直し
3局交信(既にデジタルモードを含め免許済み)
(4) サイドトーンがノイズ/クリック様 U4-5Pin(+5V)イモ半田

纏めると
スルーホール不良(基板不良?)が2件ありました。キットでは最初に基板の導通チェックを指示している場合があります。
半田不良2件(熱を奪われやすい電源やアースラインは気を使ったツモリでしたが)
2-3種類の半田ごてを使うとFBです。 1本で頑張るのはやめるべきですね。

表示が7セグLED1個のため、操作がATS-4などとは異なります。読めないマニュアルと格闘中です。
ケース(アルトイド缶)の組込、残りの5BANDのコイル巻き、本命のデジタルモードの運用などやることは山積です。夏バテ、熱中症に注意して、ノンビリやります。

ATS-3B やっと動き始めました (その1)

2009年の2月に入手したATS-3Bが寝ていました。
1年後の2010年に入手した弟分のATS-4が先に動き始めました。(デジタルモードでギブアップ状態ですが)デジタルモードを進める為に、ATS-3Bの組立を始めました。

基板までですが、1日半位で7MHzだけは動くようになりました。

入手 2009年2月入手(ローカルのオジサンの分も含め2setです)
Dscf3044c Dscf3045c

Dscf3046c Dscf3047c CDと部品です

Dscf3048c Dscf3049c Dscf3050c Dscf3051c Dscf3052c
CDから印刷したマニュアルです。

ウエバーから不足の抵抗を送ってきました。(2009年春?)
Dscf4811c Dscf4812c 113Kオームです。
半田中毒??!!

2009年の秋頃 部品の仕分けをしました。
Dscf4821c Dscf4822c Dscf4819c_2
  1set分    C,R,L,SWなど  6バンドの部品

ここまでやってSTOPしました。HI
(その2に続く)

2011年7月 2日 (土)

第8回 Reg3 ARDF大会 参加依頼

9月23日(金) ~ 28日(水) VK(オーストラリア)のメルボルンの西、ベンディゴ郊外 モルドンで「第8回 Reg3 ARDF大会」が開催されます。
JARLから参加確認の電話は有りましたが、やっと書類(正式)が届きました。
Dscf4808c M55 Bチームです。!!??
大会の主催者のHPにも掲載されていますが、今回の大会のカテゴリーは新ルール?で実施されます。団塊の世代、またまた年齢の狭間になりました。

昨年の全日本と各カテゴリーの年齢が変更になりました。
全日本は男性はM19,M21,M40,M50,M60で実施されましたが、
今度の大会はM19,M21,M35,M45,M55,M65で実施されます。
年齢はその年の12月31日の年齢ですので、
小生、今年はM55、来年はM65に参加出来ます。

今年の参加は無理かなと諦めていましたが、JARLのARDF委員会で色々知恵を絞っていただき、Bチームで参加依頼が来ました。
Aチーム(ナショナルチーム)でなくフレンドシップの参加になりますが、本物のM55に負けないよう頑張ります。
Dscf4809c 職場には、口頭で許可をもらっています。仕事仲間に、昨年の9Aと連続なので、お小言をチクリと言われましたが・・・・
メルボルンは2003年のババラットの大会に続き2度目なので、「トンボがえり」にしました。

安チケット(CX)は既に確保しました。
22日羽田発、香港乗換、アデレード経由メルボルンです。
帰りは
28日メルボルン発、香港乗換 29日羽田着です。
羽田からのオーバーシーの出発は初めてです。便利になりましたね。

南半球のコンパスと走る時のウエアーは御殿場高校のS先生にお世話になりました。
また、3.5MHzの受信機は2003年の大会で主催者のVK3YNGから買ったKITを組んだものです。2mもVK3YNG製作のスニーファーが有りますが・・・・
後はOPのトレーニングだけです。
7/23,24,25 S先生にまたまたお世話になります。(長野 富士見高原で地獄の特訓)

この暑さ、無理をせずに体調を整えなければ!!

本日届いた JARL NEWS 夏号の41ページに関連記事が載っています。
有坂理事、理事を退任されましたが、Reg3のARDFのチェアーマンは続けれれるのかな?今回の大会にも参加されるようですね。 FBですね。宜しくお願いします。
 

« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »

フォト
無料ブログはココログ