« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月30日 (日)

2011 全日本ARDF競技大会(2m 本大会)

10月30日(日)みろく自然公園をスタート/3.5km北西の運動場?をゴールに2m本大会が開催されました。少し雨が降りましたが競技中は降りませんでした。

Dscf5018c
スタートはこのドームからでした。
Dscf5025c 2m
難しい設定でした。
スタート直後に尾根(山)750m近くに川、また山(尾根)にNo4,南側にNo3
谷に下りてNo1川下(北)にNo2、一山越えてNo5、北の平野にゴール

GoogleはNo4の下(川から山に入る所)までのDATAが採れていました。(以下手書きです)
M60はNo1,2,5が指定されましたがNo1でハマり込み、NO5は取れませんでした。

(1)どうやって750mを出よう??
スタート直後のヘアピンで方向感覚が狂いました。北が平地、南が山これも太平洋側に住んでいる者にはオットットです。(新潟でイジメレれるのもこの為?)
鉄塔に沿って抜けました。No2、W(給水ポイント)につながる高速道路(広い道)が気になりました。(No2からが正解かな?)
No,4No1が強くNo4(不要)を目指しました。

(2)No1のドツボ
Dscf5026c No4の近くを通過して東側の道を行きました。これからがドツボです。
十字路で待つと北に聞こえ、西側の道を戻りました。No4に近づき過ぎ!!
下(西)に聞こえます。南にいけばモウ1つの十字路があるのに反対に南(No3)方向に走りました。十字路が無い!!また南に!!ついにNo3の南東の山を(杉?が伐採してありましたが木はそのまま?)反時計に回りました。最後は田んぼの脇で電気柵を2つも跨ぎました。皆さん、探し求めた道を降りてきます。(竹やぶでテープ誘導!!)そこに登って見ますが、??道路に戻り団子状態、反対側の山でした。

(3)No2 走れ走れ
G高校の方々!!がドンドン追い抜いていきます。No5が気になりながら、皆さんの後を追いかけて北へ向いました。そろそろ山も無くなる??山道に入ると鉄塔の下に審判員FOXは?2-3人でウロウロ??結局No2の泣くのを待ちました。篠竹の藪に中に有りました。(旨く設定 やられたー)

(4)No5行けず
高速道路(東西の大きな道路)まで戻る馬力が無く、農家の裏山から高速道路に出ました。時間が無い(制限時間120分)あせりか?「弱いNo5=山影」をすっかり忘れ、東側の山を登ってしまいました。オオボケです山を下り給水ポイントを通過しゴールへ向いました。(もう気力がありませんでした)

結果
「m.txt」をダウンロード
13位で2個探査の最後でした。
それにしても愛媛の松浦さんのタイムは恐れ入ります。正確な地図読みとルートチョイスが勝因でしょう。如何にいい加減にやっていたか・・・反省です。
まだまだARDF辞められません!!
M21で頑張っているOさんにも脱帽です。

Dscf5019c お昼は、お握りと美味しい「さぬきうどん」でした。

主催者の至れりつくせりの大会で、スムーズに大会が終わりました。
小生には、反省の多い2011全国大会でした。!!
有難う御座いました。

2011年10月29日 (土)

2011 全日本ARDF競技大会(3.5Mhz エキシビション)

10月29日(土)30日(日)香川県さぬき市で開催された全日本ARDF競技大会に参加しました。四国の?複雑な地形に惑わされました。結果も悪かったのですが、GPSデータも旨く採れず(OPミス?)疲れがドット出ました。HI 職場で2-3日足を引きずっていました。!!

Dscf5009c 乗ったのは手前です。
土曜の羽田発、高松空港から空港バスでJR高松駅まで行き主催者の用意したバスで現地へ行きました。帰りは日曜の夜反対のルートで戻りました。
もう少しゆっくりしたかったのですが、まだ働いているので・・・・

3.5Mhz(ツインパルながお)
Dscf5010c Dscf5012c Dscf5014c
挨拶の運営部長三好さんJH5LYWをはじめVKでお世話になりました。
両競技とも「藪がキツイ、深い入るな」「北にいけば道路に出る」の注意がありましたが・・

Dscf5027c 80m
ツインパルながおをスタートゴールに、東から南、南西に展開されていました。
M50は2,3,4が指定されました。
Googleは手書き(マウス)で書いたものでギザギザがありますが・・

皆さん(正解?)はNo2から時計回りに回られたようですが、
小生は真ん中のNo3 → No2 → ゴルの近くから No4 →ゴールと反時計に回りました。
「藪がキツイ、深い入るな」の注意を守る為には
道路をを旨くつなぐことを要求される設定でした。大体走って750mを出た辺りで方向を決めればは通用しませんでした。しっかり地図(道)を抑えなくてはなりませんでした。

走りすぎで足に来ました。またゴールしてGPSを止めるのを忘れ相当な無駄なDATAを書いたと思います。次の2mでは約20分書き込んで自動停止(ゴール時停止していました)
??でゴールで再度電源をONしましたらゴール地点のDATAが書き込まれていましたが、この時、前日の3.5MhzのDATAが消えたか? レコード スタイル Full and Stopにしているはずですが・・・ 検証しましょう!!

結果
みなさん本大会の為に抑えられたのかな?何とかメダルをいただきました。
「80m.txt」をダウンロード
Dscf5024c JARL原会長の最後の表彰状になりました。(会長は欠席で次期会長のj稲毛副会長JA5MGが代行でした)

Dscf5023c 試合後は「みろく荘」に宿泊しました。
記念局8J5ARDF/5が設置され16時過ぎから7Mhz CWでQRVしました。
部屋の隣にマッサージがありお世話になりました。次の2mには効きませんでした。!!

前夜祭は有りませんでしたが「みろく荘」の夕食に沢山の59の差し入れがあり実質的な前夜祭でした。学生さんは別の「春日温泉」に宿泊の様でした。(主催者の気配りに感謝・感謝)

2011年10月 2日 (日)

第17回 下野の国 ARDF競技大会

震災で春から延期になっていた「下野の国 ARDF競技大会(宇都宮)」へ参加しました。
VKの荷物はそのままです(29日午後帰国 30日 1日仕事)
1日(土)仕事が終わってから三村さんに迎えに来ていただき、現地(宇都宮市森林公園・赤川ダム駐車場)の近くでテント泊でした。お世話様でした。

VK遠征組みは8人?の参加でした。私もARDF大好きですが・・・・ HI

Dscf4983c 駐車場集合、スタートは一山超えた(ゴルフ場)北端からでした。
ゴルフ場一回りの設定でした。M60はNo3,4,5が指定されました。
ダムの上にあったNo1,No3で皆さん苦労された様です。
全体
All スタート直後No1が強く聞こえましたが、「No3は弱く山越えの電波は??」とほとんど聞かずに背中を向けてNo4へ向いました。後で聞いたのですが「スタート直後はNo3も正確な位置に聞こえた」様です。
No4
No4 手前の鉄塔に遊びに行きました。(反射です)11:09:30
No5
No5 切通しを出たら迷わず!?南へ行きました。(山勘でNo2が南にあるはず)大ハズレ(ダムの上です。やられたー)慌ててNo5へ向いました。
No5(いやNo3も)旨く設置してあり、目では探せず、ウロウロしました。(一段下がった平らな場所)
No3
No3_1 ゴール脇を抜けダムの登りのきつい事、小倉さんに追い抜かれました。
小倉さんはNo1山の上(私は不要)No3はダムの湖畔と目星をつけて行きました。
No5と同様旨く設置してあり(台地の少し先で台地に上がらないと見えない、大きな岩が目隠し)またまたウロウロ谷間を登りまた戻りました。
結果
Dscf4985c Dscf4986c Dscf5006c
M60参加者が少なく順位は良かったですが、「設定者に負けた」思いです。
スタート時のNo3の正しい測向と走り込み(走力)が足りません。

今回、私(JR1CHU)が来るからと(JH1CHU)大橋OMが会いに来て下さいました。
(スタッフの粋な計らいがありました TKS)
F1000033 F1000034
OMとは90年前後コンテストで毎回お会いしていました。得点は足元にも及びませんでした。サフィックスが同じで、OMが先に交信された各局からB4(Before)を打たれ、JR1 JR1と打ったものです!!

毎度のことながらFBな大会を開催して頂いた栃木のスタッフの皆さんに感謝感謝です。(バッチャンの美味しい豚汁を戴きました)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

フォト
無料ブログはココログ