« ATS アンテナチューナ | トップページ | ATS-3b 3台目 組立 »

2012年1月15日 (日)

全日本2200m倶楽部 新年会

1月14日(土)15時から秋葉原の「炉ばた」で開催された新年会へ参加しました。

QRPクラブ(夜18時から)県支部(15日)と3つの新年会が連続しておりましたが、最近「落ちこぼれ」になっている136KHzの勉強を兼ねて2200m倶楽部の新年会へ参加しました。

6名の参加でした、幹事の鈴木さんJP1ODJの御心配で、安価でゆっくりゆっくりお話を聞くことが出来ました。(波長が長い分時間超過?)

2012_0114136khz0005 Dscf5138c Dscf5139c
齊藤さんJA1BVA/JD1AHCの昨年の小笠原での136KHzの運用報告がありました。
綿密な材料一覧表が添付してありました。今年もCWでの交信を目指し、再度アタックされるとの事でした。EIRP-1Wを目指し準備をされているようです。

初めてお会いした中島さんJR1OAOはFBなRigやANT(コイル)を作成されており、いろいろお話を伺いました。特に力作のトランすバータは参考になります。受信機の組み込みなど、グレードUPを計画のようでした。

皆さんやはり、ANT、コイル巻きの苦労や改善に頑張っておられるようでした。
また136KHzのビーコン(JARL)の話題がありました。
わたしも136KHzのビーコンや大昔の1200MHzのビーコンにはお世話になりました。
限られた測定器しかないアマチュアにはビーコンは入門の第1ステップです。ぜひビーコンの設置(土日だけでも)を望みます。

少し早めに行き恒例の(高齢です)買出しをしました。
Dscf5135c Dscf5137c
チップ部品は熱容量の異なる2つの鏝があると半田ミスが無くなる?と思い現用と同じ物を買いました。効果はありますやら?
ホトカプラーとSMA-R補充です。
Dscf5136c 1Ω及び2Ωの抵抗、秋月のLTC1799モジュール、12接点のロータリーSWです。
何が出来ますやら・・・??

136KHz刺激をうけました。何処まで効果が続くか解かりませんが!!、今年は136KHzを再開したいと思います。

« ATS アンテナチューナ | トップページ | ATS-3b 3台目 組立 »

135KHz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504879/53739330

この記事へのトラックバック一覧です: 全日本2200m倶楽部 新年会:

« ATS アンテナチューナ | トップページ | ATS-3b 3台目 組立 »

フォト
無料ブログはココログ