« NYP参戦 | トップページ | 全日本2200m倶楽部 新年会 »

2012年1月 7日 (土)

ATS アンテナチューナ

ATS-3Bの組立ついでに気になっていたATS-3B用?のALTOIDS缶に納めたチューナーを作りました。

ALTOIDS缶の在庫が無くなり、1月4日昨年オープンした近所のショッピングモールへ買出しに出かけました。
Dscf5124c Dscf5125c
輸入品を扱っている店にありました。カーキ色(Ginger)緑色(Spearmint)の2種類でした。
緑のSpearmintの味は強力です。!!中身は処分しました。

G製と思っていましたがシカゴ イリノイの表示がありW製でした。??
Netで見るとGからWへ移った様です。
シャックに有る缶を調べたら缶の下部の外側が白く塗られているものはG製でした。
G製やW製の古いものは(賞味期限から)蓋の上面がのっぺらぼうですが、最近のものは、ALTOIDSの文字や四角の枠が出っ張っています。

JN1GBLさんのブログ゙から回路図をDLしました。
Dscf5132c Dscf5133c Dscf5134c
ツマミが大きすぎます。(ロータリースイッチの付属と、むかし町田のオニーさんにもたっら高級ツマミ)
回路はL型チューナとLED消灯SWRブリッジです。
簡単な回路ですがBOKEがありました。
左へ廻すとダンダンLが増えますが最終でLが最低になります??
巻き初めと巻き終わりがクロスしてスイッチに取り付けていました。
コイルの下部でクロスしており何度見ても解かりませんでした。
巻き始めの半田を外して引張ってやっと解かりました。!!

1月7日横浜市泉区の空地(ボーイスカウトの演習地?)で約9mのLWを接続して、使ってみました。7MHz~21MHzチューニングがとれました。
7MHzから14MHzまでQSO出来ました。
18MHzは空振りのCQ(メモリーキーヤ/ビーコンモード何とか使えました)
21MHzUA3を呼びましたがJR1までしかとってもらえずQSO出来ませんでした。

ツマミの小型化、SWをスライドスイッチへ変更など小型化が必要です。
回路は標準?であり、それなりに使えるようです。

« NYP参戦 | トップページ | 全日本2200m倶楽部 新年会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本日はPHONEで交信ありがとうございました hi
CW以外では初交信かな?
ATS-4b、ポチっとしてしまいました。受け付けられたと思います。うまくできるかなぁ。小さいハンダがつらくなってます hihi

山田さん 今日は

昨日はPhoneでの交信有難う御座いました。
何だか山田さんに似たCallだと思いながら聞いていました。!!7K1CPT山田さんだ!!QSYされたので慌ててお呼びしました。!!

ATS-4(b)を組んでおられる様ですね。
私も1台仕込んであります。Hi
昨年はATS-4、ATS-3b(2台)を組みました。
目は見えていません!!
ルーペが手放せません。

ATS-4(b)のPSK-31のデコーダが発売かな?
そろそろATS-4(b)も組まないと・・・・

今年も宜しくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504879/53678744

この記事へのトラックバック一覧です: ATS アンテナチューナ:

« NYP参戦 | トップページ | 全日本2200m倶楽部 新年会 »

フォト
無料ブログはココログ