« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月25日 (土)

ALTOIDS PA の測定

23日(木)雨の休みでした。GigaSt Ver5を久々に出して出力を眺めてみました。
GigaSt「猫に小判」状態でdBm??でOPの頭のリフレッシュからでした。
そんな訳で目的(何を観るか?)がふらつき、測定→お勉強になりました。

(a)使ったものは(測定器にあらず!!??)
GigaSt Ver5
自作20dBカプラー(20dBはいい加減な値です!!)
ジャンク80dBATT(メーカー製で唯一正しい値かな? カプラーとGigaStの間に挿入)
パワー計(通過型SWR計+ダミーロード 200Wが基準で14MHz以上でないとQRPは使い物にならなかった)

(b)信号源
FT-817 13.8V固定電源(各バンド 5W 2.5Wは正しいく出ています)

(c)眺めた物
ALTOIDS PA (20Wが設計目標?) 13.8V固定電源使用

(1)7MHzの高調波/出力(2.5Wでドライブ)

11db 20db
PA OFF(ATT 11dB) PA ON(ATT 20dB)

左はPA OFFでTF-817 2.5Wをそのまま見たはずです。
2.5Wは34dBm?ですが、カプラーの誤差?20+11=31dBの実測値です。
20dBのつもりが23dBかな?
第2、3高調波は-25,47dBでしょうか?PA ONもほぼ同じです。OKかな?

右はPA Onです。ATT 20dBでピーク0dBです。
23(カプラー修正値)+20=43dB 20Wでしょうか?

(2)出力(最大出力?)
FT-817の5Wにして13.8Vの固定電源で出力をながめました。
上の例からカプラーは23dBで計算しました。
「altoids_pa.xls」をダウンロード
チョット出来すぎた数字でしょうか?
(20Wの申請大手を振って出来ます。!!)
先にも書きましたが20W前後のパワー計が無く??です。
14MHzより上は20WレンジがありほぼOKでした。(OSKER BLOCK SWR-200)

やり残したこと。ATS-3Bでのドライブは?
LPFの特性確認など
その前に20dBカプラーの特性とGigaStの使い方復習かな?

dB計算怪しいアナログテスター大好きの人です。ご指導宜しく。




 

2012年2月19日 (日)

ALTOIDS PA 完成?

19日(日)何とか完成?しました。
(15Wまでのパワー計で測定、特性や効率は未測定!!)
そんな訳で電気的失敗は??ですが、構造的失敗がありました。(実装位置、部品選択ミス)

(1)LPFとPout(出力用)BNCコネクタが接触
Dscf5169c 左上がPoutのBNCコネクタです。2重のミスをやりました。
(a)BNCの取付け位置(穴あけ)をもう少し外側に空ける所(基板の切り込みと合わせる)を適当に空けた為に基板を削りました。
(b)BNCコネクタの手前がLPFを差込むコネクタです。基板とケースの間にLPFのトロイダルコアが入ります。安い?BNCコネクタのネジが大きくトロイダルコアが接触
Dscf5176c BNCコネクタを高級品?へ交換

(2)蓋が閉まらない!!
またまた2重ミスです。
(a)BNCコネクタとケースが接触 削りました。
Dscf5178c Dscf5177c 左Pin 右Pout
(b)LPFの上面(VR)と蓋が当る
LPFの背丈が高く蓋の内側と接触します。蓋を凸にしましたがまだしっくりしません。
基板のスペーサー(5mm)を削るか?FETを外すのは面倒、一晩考えました。
コネクタの取付けを良く見るとオスピンもメスソケットも両端に1mm弱の縁があります。(基板と水平に取り付ける為に両脇にマクラ(縁)があります。
Dscf5189c Dscf5191c 上が基板側です
3.5MHzのLPF基板を作ったところで気付いたので、メス側(PAの基板)は面倒なので、オス(LPF基板)側の縁を取り除くと何とか蓋が閉まります。
3.5MHzは再度オスピンを付け直しました。

Dscf5182c Dscf5184c Dscf5186c
7MHzのLPF     5個のLPFを作ります。
3.5MHz、7MHz、10/14MHz、18/21MHz、24/28MHz
4個をALTOIDS缶に納めました。(スペースは太い指でつかむ為!!)

Dscf5174c Dscf5175c Dscf5187c
肝心の出力ですが、FT-817の2.5Wで押しました。移動で何時も使う12VのNi-MH(ノートPCのジャンク 4.5Ah)で15Wを目標に調整しましたが、高いバンドでは無理でした。
3.5MHz(12W) 7MHz(15W) 10MHz(15W) 14MHz(13.5W) 18MHz(10.5W) 21MHz(10.5W) 24MHz(9.5W) 28MHz(8.0W)
こんな物かな?設計者の笠原OMに聞いてみましょう。
心配した発熱ですが、長時間キーダウンしましたが、クーラーに手が置けるので小型CPUクーラーで当面使ってみましょう。

5W入力で13.8Vではどれ位出るかな?想像してください。(スペックは20Wです)
スプリアス、効率など測定しなければと思いますが・・・

これで宿題のATS-3Bがやっと完成です。
(ATS-4bが待ってるよ!!)

2012年2月14日 (火)

ALTOIDS PA 追加部品集め & 組立

ケースはもちろんALTOPIDS缶ですが、放熱板と冷却フアン(PCのCPUクーラー)が必要で、12日(日)近所のPCショップへCPUクーラーを探しに行きましたが、最新の大型ばかりで,Socket370,SocketAは有りません。
若松通商に通販で頼みました。
Dscf5163c 大型と小型のCPUクーラーを頼みました。またMOS FETはIRF510が無くIRF640を注文しました。(足の配列は同じですが・・・)

Dscf5166c Dscf5165c Dscf5164c
小型はチョット小さすぎ?放熱不足?
大型は大きすぎケースからはみ出し アレーHPの寸法確認したのに・・・??
注文書(納品書)80mm×60mm×30mm??
備考欄には 中古/50mm(横)X54mm(縦)X25mm(高さ)の表示が
品名欄には 放熱器  C5010B12E 80mm(横)X60mm(縦)X30mm(高さ)の表記があります。私は備考欄を見て注文し、注文書を良く見なかったのが原因です。
HPの修正を依頼しましたが、そのままです。

後日同じALTOIDS PAを組立中の佐々木OMにDIYの貸し工具でカットして貰いました。
Dscf5193c Dscf5195c 幅が60mm→55mmになりALTOIDS缶にピッタリです。(これならオーバーパワー50W?はOKでしょう!!)

組立
Dscf5167c Dscf5168c SMD部品はゲジゲジが無く楽です。しかしVRや電解コンデンサはATS-3BのOSCと同じで、部品の下面にリードがあり、リードに薄く向かえ半田をして基板との接点に鏝を当てますが、旨く半田を流さないと半田のクッションが入った状態になり、基板に水平にならず斜めになります。特に3本リードののVRは斜めになりやすいです。
PA特有の豚鼻コアトランスは初めてでしたが、巻き数が少なく何とか恰好がつきました。ジュンフロン電線高いだけあって誤って半田鏝を当ててもビクトモしません。

PA基板までは何とか進みました。
残りはLPF基板とMOS FETなどの組み込みです。

2012年2月12日 (日)

ALTOIDS PA(パワーアンプ) 部品集め

ALTOIDSシリーズのパワーアンプ(JN1GLB 笠原OM配布)のキットをローカル局が約2年前に手に入れ、そのままになっていました。
入手した時期が遅く、基板、MOS FET、トロイダルコアの主部品だけのものでした。
私が手持ち部品と不足部品の手配をする約束で1セットをもらったままになっていました。

立派なマニュアルが添付されております。
Dscf5161c Dscf5162c Dscf5156c
MOS FET IRF510PbFのプッシュプル 3.5MHz~28MHz 20W出力です。
QRP機ばかり組んでおりPA(リニアー)には縁が無くどうなりますやら?

半日かけて、ジャンク箱の整理(セラミックコンデンサ)を兼ねて手持ち部品を引っ張り出しました。耐圧100-200V UPが無く無駄な半日でした。
不足品は秋月電子へ通販で注文し、手に入らない物はサトー電気(町田)へ買出しとしました。
Dscf5153c Dscf5154c 右は余分な買い物
12Vの電源(ノイズ大丈夫かな?)とSAMケーブル
11日(土)久々にサトー電気へ行きました。
Dscf5151c Dscf5152c_2
お嬢さんと手伝いのオネーサンで手際よく部品を揃えてくれました。
(HPの品名、単価をExcelにコピーして注文書/計算書を作成していきます)
テフロン線5mで1K¥間違いでは無かった様です。(使ったことが無いので・・・)
Dscf5150c ブレッドボードと本(駅前の久美堂で)を買いました。(無駄な買物!!)

ヒートシンク(冷却フアン)はPC用を付けるように、設計されています。
12日、近所のPCショップで購入しようと回りましたが最新のCPU用の物ばかりで、古いSoket370やSoket Aはありません。若松へ注文しました。どんな物が来ますやら?

Dscf5155c Dscf5160c Dscf5157c
PA本体の部品です。SMDは部品表に両面テープ(封筒を封印するもの)で貼り付けました。
Dscf5158c Dscf5159c LPF(バンドコイル)部品です。
ATS-3B用に6バンド(3.5~21MHz)が準備されていますが、10MHzから上は2バンドを1つのバンドコイルでカバーするようです。
3.5、7、10/14、18/21、24/28の5バンドを作成するようです。(LPFですから高い方のバンドを作成します)

500V耐圧のディスクセラミックが無く、一部の値はポリプロピレンフィルムコンデンサ(町田にはG級品しかなく)高い買い物になりました。

またMOS FETを何個か飛ばすと思いIRF510PbFを探しましたが、両方の店にはありませんんでした。適当なMOS FETを探さなければ・・・・

ローカル局には、SMD部品はそのまま渡しました。(SMDの半田付けの楽しさを奪ってはいけません!!)IC類は無いので大丈夫でしょう!!

2012年2月 6日 (月)

8N1JARL/1 藤沢市 移動運用

2月6日(月)曇りから雨の中「JARL新法人移行特別記念局」 8N1JARLを運用しました。(カメラは持参しましたがシャッターを押すのを忘れました。SRI)

自宅から北方向の畑の中の道路脇で車から運用しました。
8n1jarl
ローカルのJA1XEQ佐々木OMにお世話になりました。
ATNは4mHに上げたG5RVもどきです。地上高が低いせいか、ATUのSWRが下がらず、途中でATUの電池を買いにコンビにまで走りました。HI

実質11時から12時の約1時間の運用になりました。
7MHz CWで私が26局 佐々木OMが33局でした。

JA1JQY松井OMにJ-クラスターにUPして頂き、ドンドン呼ばれましたが、PCを見る目がショボショボ、ダンダン疲れてきたので早々に退散でした。SRI

運用の機会をつくって頂いたJJ1JGI西山OM、記念局を立ち上げられたJARL千葉県支部のOMさんに感謝します。

QSOはHAMLOGで西山OM経由でお送りしました。
小生のHAMLOGはVer4.56aで古いので大丈夫かな?

交信いただいたOM/YL各局有難う御座いました。

2012年2月 5日 (日)

ATS-3b 3台目 組立

秋に買込んだATS-4bが完成する時期ですが、ATS-3bの3台目を組みました。
2台目は私が購入、組立後にQSYの約束で購入したもので私の責任がありましたが、
3台目はローカル局が自分で購入したものです。(私の刺激が原因!!??)
そんな訳で基板とバンドコイルは7MHzだけの約束で組み立てました。
(全ての楽しみ?を奪うとKitの楽しみがなくなります!!)

仕事の合い間(朝夕1-2時間)で1週間で完成しました。
見慣れた写真ですみません。

(1)完成品
Dscf5140c Dscf5141c 本体
Dscf5146c Dscf5145c 7MHzバンドコイル

(2)スルーホール不良対策
Dscf5142c 解かっているスルーホールの対策は最初に基板の状態でおこないました。
 ・ 中央右の赤いリード線(先に基板に穴を開け、部品取り付け後に接続)
 ・ コントローラ右下の中央寄りのスルーホール2箇所、事前に裏表接続
おかげで、スルーホールのトラブルはありませんでした。

(3)オオボケ
ICの取り付けの最初にSA612を2個(U1,U2)取り付けましたが、次のLM4808(U3)を取り付けようとしたら(U3)に既にSA612が取り付けられている??
(ハイ 1個目のU1をU3に取り付けてしまいました!!作業前のウオーミングアップ不足??)
はんだ吸取線で2-3回なでてICを持上げました。(新しいはんだ吸取線良く効きます)

(4)コボケ
Dscf5144c 中央がDDS
組上げてTESTをすると、受信の感度が有りません。送信はOK
DDSの半田付けの時、半田をたっぷり足に付け、はんだ吸取線で余分な半田をとりましたが、新しいはんだ吸取線が効き過ぎて?半田のとりすぎのようでした。再度小さな鏝で追加の半田をしました。(汚い半田付けになりましたHI)

(5)不注意
Dscf5149c Dscf5148c Dscf5147c
部品の仕分けはローカル局がしっかり?やってくれていました。
コンデンサーC59(容量104)が代品で入っていました。とりあえず取り付けましたが、
80mのコイルの袋に入っていました、CF5(101)は薬箱に余っていました。
(101と104)が見誤りかな?送信ファイナルの直流カットなので正規品にしました。
写真は104の残骸です。

組立後CWで2局交信しました。送信出力は12.9V(ATS-3Bの表示)で6Wです。
RTTYの確認をして、ローカル局に渡しました。
ケースへの組み込み、7MHz以外のバンドコイル巻きはローカル局が実施します。
完成したらRTTY/PSK31の勉強会を実施しなければ・・・

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

フォト
無料ブログはココログ