« 栃木ARDF練習会 (GPSロガーm241不良再発) | トップページ | KN-Q7A 改悪!! »

2012年3月31日 (土)

KN-Q7A 転んだ後の杖

KN-Q7Aの組立が終わりました。

抵抗のカラーコードの色合いが悪く(緑青黒)また5本のコードで??でした。結局テスターで確認して分類/半田付けでした。
3mmのネジが一本ネジ溝の不良がありましたが予備がありました。また0.1μのセラミックコンデンサーの表示(104)の印刷がずれたり見えないものがありました。(値段が安い分品質は・・・・)

中島さんのHPの「●絶対にダメ!」をやってしまい、ファイナルのFET(IRF640)が昇天しました。
Dscf5227c 先に追加購入したファイナルセット?です。ドライバーはOKでした。
安定化電源の出力メータ30Aを見ながらファイナルのバイアスVRを廻して少し電流が増えパワーも出だしたのでパワーメータを見ながらニコニコしていたら、”モクモク” 安定化電源は10A以上になり「ピー」の警報???
FETが完全にショートしていました。安定化電源の「フ特性」でコアや配線の焼損は免れました。(未だに良い香り??が漂っています!!)
正しくは60mAの増加点に調整の指示があります。(30Aのメータで2A/1目盛りです!!)
Dscf5224c Dscf5226c Dscf5225c
ミノムシクリップの化け物になりそうなので、テスターを2台つなぐ端子台を作りました。
ありあわせのジャンク品を使ったのでアース側をマジックで黒く塗りました。

500mA前後で60mAの調整をするので1Aレンジの電流計がほしいのですが、
テスターには300mA前後のレンジです。古い(高級品?)テスターに6Aのレンジがあり、それで調整をしました。
2-3Wの1Ωの分流抵抗か、1Aの電流計がほしくなりました。

マイクの前で「アー アー」で調整をしました。(正しくはPCから2Toneを入れます)
ピークで7-8W出るので完了にしました。
夕方、近場のコンディションが良かったので「TEST」をおこないました。
ピークで周波数が動くのか?回り込みの様なレポートをもらいました。
Dscf5229c Dscf5231c Dscf5234c

マイクアンプの追加やVXOの2チャンネル化など改造(改悪)をやってみます。

« 栃木ARDF練習会 (GPSロガーm241不良再発) | トップページ | KN-Q7A 改悪!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

KN-Q7Aで検索して拝見させていただきました。
完成おめでとうございます!
”良い香り”嗅がれてしまいましたか。
ご無事で何よりです。

いやはや、ファイナルは
初心者にはやはり難しいでしょうか。
5月号のCQに載りますのでちょっと心配です。

中島さん 今日は

おハズカシ「ボログ」を見つけられてしまいました。
ハイ やってはいけない事をやってしまい、その通りの結果になりました。!!

FUSE入りの端子台を作りましたが、テスターに1Aや3-4Aの電流レンジがありません。
1オームの分流抵抗を配布されるとFBかと思います。

中島さんのIdds測定用ヒューズ入りケーブルはテスターを接続するターミナルが見えますが、分流抵抗が足元にあるのでしょうか?それとも高級な電流計が有るのでしょうか?

私のテスター(SANWA PC10だったかな・・)は対応しているのですが、
電流レンジは盲点で、いざ測ろうとして
レンジが対応していないケースが有るようです。
分流抵抗了解いたしました。
”上海姑娘”の嫁入り道具として
今後の頒布で早速対応いたします。happy01

中島さん お早う御座います。
早々の対応ありがとう御座います。
宜しくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504879/54355040

この記事へのトラックバック一覧です: KN-Q7A 転んだ後の杖:

« 栃木ARDF練習会 (GPSロガーm241不良再発) | トップページ | KN-Q7A 改悪!! »

フォト
無料ブログはココログ