« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

KN-Q7A 転んだ後の杖

KN-Q7Aの組立が終わりました。

抵抗のカラーコードの色合いが悪く(緑青黒)また5本のコードで??でした。結局テスターで確認して分類/半田付けでした。
3mmのネジが一本ネジ溝の不良がありましたが予備がありました。また0.1μのセラミックコンデンサーの表示(104)の印刷がずれたり見えないものがありました。(値段が安い分品質は・・・・)

中島さんのHPの「●絶対にダメ!」をやってしまい、ファイナルのFET(IRF640)が昇天しました。
Dscf5227c 先に追加購入したファイナルセット?です。ドライバーはOKでした。
安定化電源の出力メータ30Aを見ながらファイナルのバイアスVRを廻して少し電流が増えパワーも出だしたのでパワーメータを見ながらニコニコしていたら、”モクモク” 安定化電源は10A以上になり「ピー」の警報???
FETが完全にショートしていました。安定化電源の「フ特性」でコアや配線の焼損は免れました。(未だに良い香り??が漂っています!!)
正しくは60mAの増加点に調整の指示があります。(30Aのメータで2A/1目盛りです!!)
Dscf5224c Dscf5226c Dscf5225c
ミノムシクリップの化け物になりそうなので、テスターを2台つなぐ端子台を作りました。
ありあわせのジャンク品を使ったのでアース側をマジックで黒く塗りました。

500mA前後で60mAの調整をするので1Aレンジの電流計がほしいのですが、
テスターには300mA前後のレンジです。古い(高級品?)テスターに6Aのレンジがあり、それで調整をしました。
2-3Wの1Ωの分流抵抗か、1Aの電流計がほしくなりました。

マイクの前で「アー アー」で調整をしました。(正しくはPCから2Toneを入れます)
ピークで7-8W出るので完了にしました。
夕方、近場のコンディションが良かったので「TEST」をおこないました。
ピークで周波数が動くのか?回り込みの様なレポートをもらいました。
Dscf5229c Dscf5231c Dscf5234c

マイクアンプの追加やVXOの2チャンネル化など改造(改悪)をやってみます。

2012年3月11日 (日)

栃木ARDF練習会 (GPSロガーm241不良再発)

3月11日(日)栃木ARDF練習会に参加しました。
昨年10月末の全国大会以来(11月の茨城大会は体調不良でドタキャンでした)のARDFでした。走り込みもやっておらず、ゆっくり(指定の2時間オーバー)楽しみました。!!

全国大会の時、GPSロガー(m241)が途中でロギングが出来なくなり??でしたが、
今回の練習会で再発しました。それらしい原因がつかめました。

直前の主催者の案内です。

 ARDF練習会、大平崎自然休養村センター
10時集合
今日現在 23名参加で内、高校生が9名いますので
ご指導宜しくお願いします。
本格的設定!・・・厳しい練習会になる????
Dscf5211c_2 ランチャンも元気です。栃木の方々にお世話になりました。
厚木の三村さんにお世話になりました。宇都宮の手間では大雨で速度規制がありましたが、宇都宮を過ぎると雨もあがり、競技中は薄日もさしていました。

被災者の方々に黙祷をささげ、一斉スタートしました。
10:45 スタート
13:00 停波予定
Dscf5212c Dscf5214c Dscf5215c
左は正解地図です(1万分の1)2番は地図の外?でした。!!
Zentai 2_3_4
GPSが3番の手前で停止しました。
(No1)
皆さん中央の道路を行くのでへそ曲がりは、設置していない!!住宅地を目指して東へ行きました。
久々のARDFで距離感が狂って、手前でゴソゴソ、笑ってください。
(No2)
No1の神社の裏山に上り最後測向までは良かったのですが、「山を突っ切る」無謀でした。あえなく道路へ・・・先行の西内さん、谷田部さんが十字路の東から出てきました。
そろそろ地図が無くなる??モット先です。
(No3)
今度は先行の2人と大野さんが下りてくる。「この上だ」つづら折を登って頂上で待ちました。オット下です。
杉林を「直滑降」ここでGPSが停止しました。!!
今、のぼった道路脇にありました。(下からは見えません!!)
(No4)
No1の北側の山に反射があり山登りをしてから西に山を下りまたNo4に登りました。
(恥ずかしくて軌跡は書けません!!)
ここで時間切れでNn1の下を通り中央道路を戻りました。
(墓参り)
Katuraku JR1CHU臨終地を横目で眺めてきました。!!
(GPS不良)
Gps_3 GPSの不良が発生した3番手前の「直滑降」の拡大です。
帰宅して上下にゆすると書込みが停止して、「電源を入れた状態」になります。
「直滑降」の振動で電池(単3)が接触不良をおこしています。
全国大会の時も道を探す為、急坂行ったり来たりやった時です。
Dscf5220c Dscf5223c
貧乏症で同じ電池を使いました!!電池の太さが回転方向で0.2-0.3mmいびつです。(公差内?)
ある方向で挿入すると電池の上下の動きが悪くなります。(ガタを無くす為ケースの穴径はギリギリです)他の電池はOKです。底と上蓋の端子バネを少し起こして接触圧を上げました。少々の「直滑降」は大丈夫になりました。!!
電池を入れっぱなしは液漏れ以外にバネを弱らせる原因でしょう。
使わない時は電池を外す。「電池使用の基本」です。
m241は電池交換が出来る利点がありますが、接触不良が発生するリスクはあります。
充電型はこの様なリスクはありませんね。

Dscf5209c 何時もの美味しい「けんちん汁」を2杯も戴きました。TNX
西内さん世界大会(セルビア)の案内が来たとの事、頑張ってください。
小生はGPS同様、昨年の全国大会でズッコケです。!!

Dscf5217c 帰り上河内SAで買いました。いつもゲテモノ土産でクレーマーのXが二重丸でした。

栃木の方々、お世話になりました。
4月の大会にも参加したいと思います。

2012年3月 9日 (金)

変更・増設申請(包括免許ならず包括申請??!!)

溜まった変更・増設申請を行いました。
TSSのオニーさんと何回ラブレターの交換がありますやら・・

TSSの保障は3000円/1回です。
これに対抗して年に一度の包括申請?です。
早く包括免許にしてほしいものです。

(変更)
ALTOIDS PA 付加装置増設
TX2200A DFCW(F1B)の追加
(増設)
KN-Q7A 中島さんのHPに解説があります。
ATS-4b  ATS-4からPSK-31のみにしました
TS-520X 申請忘れていました。(取説 ハムフェアで入手)

参考に(間違いなど参考にはならないと思いますが)送信機系統図を添付します。
「12_03_07.xls」をダウンロード

昨年(4月)はFT--817のRTTYなどDATA通信系の変更、同じくATS-3bのRTTY/PSK-31の変更、ATS-4の増設を行っていました。

2012年3月 7日 (水)

上海娘(KN-Q7A)が来た

2月中旬頃メールを整理していたらQRPクラブのMLにJL1KRA中島さんのKN-Q7Aの共同購入の案内があり(気になり残してあった!!)お願いをしました。
第2回の共同購入をして頂き、3月6日に届きました。

Dscf5197c Dscf5198c Dscf5199c
中島さんからレターパックで届きました。
別売マイク付で個人輸入より安く入手出来ました。(VY TNX)
回路図(HP印刷より鮮明です)と案内が入っていました。
有償サポート部品の案内が有りました。早速お願いしました。
2SD882、IRF640Nファイナルセット(飛ばさぬ先のファイナルセット)
ユニバーサル基板式1石マイクアンプ(飛ばす為のマイクアンプキット)
マイク入力がNE602A直接でマイク側かTRX内にアンプが有った方がいいようです。(FBなサポート有難う御座います)

Dscf5200c Dscf5204c Dscf5205c
マイクをのぞいてみました。コンデンサーマイクでした。UP/DOWNも配線されています。
(8Pin ICOM仕様の様です)

Dscf5201c Dscf5202c Dscf5203c
ケースの中に基板を含め全て入っていました。(完成品?と間違います!!)
VXOはJA向けに
15.536MHz(HC45US×2個)(7050~7070KHz)と
15.570MHz(HC45U ×1個)(7080~7100KHz)がオマケで入っていました。

Dscf5207c Dscf5208c
部品チェックはOKです。(数の多いコンデンサーやネジは余分がありました)

得意の?SMD部品はTX初段の2SC3357だけです。(ガッカリ??)
フィルターの送受切替はリレーでやっており4個の9Vリレーを使っています。
NE602Aを2個、送受信にフルに使っており回路がスッキリしています。
送信は3ステージで10Wです。
別件で悩んでいるトランスバーターの参考になります。!!

不良サポートは配布後3ヶ月とか、頑張ります。
「キットの収集が増えるだけ」・・・陰の声

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

フォト
無料ブログはココログ