« 653 宮ノ下温泉  655 塔ノ沢温泉  652 箱根湯本温泉 | トップページ | ATS-3B 再度修理 »

2012年9月14日 (金)

ATS-3B ANTチューナ 修理/反省

箱根2泊3日の1日目の夜にダウンした愛用のATS-3BとANTチューナのポリバリコンの取り付けネジの揺るみを修理しました。
両方とも自分のミスで、自作自演でした。!!

(1)ATS-3B
姥子温泉(キャンプ)の夜、バンドに関係なく、ANTカプラのチューニングが取れなくなり、以降、予備で持参したATS-4を使いました。

自宅で確認すると状況が出たり出なかったりします。(終端POW計で0.5W以下)
ファイナルが飛んだかな? ANTチューナのRevのLEDが点灯したのでパワーは出ている?

バンドコイルのメス(基板側)の6番Pinの角が掛けている。これかなー?
バンドコイルを押すと時々不良が発生、
基板を外してみました。
Dscf5483c 左端から2番目のPinがイモ半田です。(マツタケ状でスルーホールに半田が有りません)バンドコイルのアース端子です。(LPFのアースや受信回路のアース側)
LPFのコンデンサーが浮きインピーダンンスが50オームで無くなったのでしょう。
どうりで、唯一の3.5MHzの交信559が返ってきました。(QRPp)
Dscf5486c アースなので基板に熱を奪われたのでしょう。再半田しました。

(2)ANTチューナ
手抜きをした所は必ずシッペ返しがきます。
ワシャーとスワを入れました。またツマミの取り付けのイモネジも1個なくなっていました。
Dscf5494c Dscf5495c Dscf5496c

(3)その他
Rigの電源は中古PCのNi-MHの12V 4.5Ahを6枚と、携帯電話のLi-ion電池4枚(14.8V)×2セット持参しました。
SSB(KN-Q7A)は携帯電話Li-ionをNi-MHの12Vで充電しながら使いました。
充電が間に合わず短時間の運用になりました。
ローカル局に電池をもらい、3セットになりましたが、もう少し容量の有る電池があればと思います。

Ni-MHの12V 4.5Ah 6枚を使い切り、佐々木さんの車の12Vにつなぎましたが、充電が完全で無くギリギリの運用でした。(100Vの充電器持参忘れ)

PCの電池は予備を持参しましたが、使わずにすみました。
昼食や夜間の充電、佐々木さんの車のインバータ(100V)で充電していただきました。

そろそろNi-MHからLi-ionの時代かな?

« 653 宮ノ下温泉  655 塔ノ沢温泉  652 箱根湯本温泉 | トップページ | ATS-3B 再度修理 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504879/55662810

この記事へのトラックバック一覧です: ATS-3B ANTチューナ 修理/反省:

« 653 宮ノ下温泉  655 塔ノ沢温泉  652 箱根湯本温泉 | トップページ | ATS-3B 再度修理 »

フォト
無料ブログはココログ