« 675 広沢寺温泉 | トップページ | 横浜市 中区 本牧山頂公園 移動 »

2013年2月25日 (月)

JUMA TX500 組立 (その5 その後)

19日の雪と寒さで、20日は休みでしたが、家で朝寝を楽しみました。
TX500とPCの接続、出力の測定とヒートランを行いました。
TX136の時の事をすっかり忘れており、操作に時間を要しました。

1. TX500とPCの接続
TX136の時作った、RS232Cと3φのステレオプラグで接続します。
(1)PCから付属のソフトでTX500の送信を行います。ソフトもインストールされており、すんなりいきました。
(2)TX500のビーコンメッセージをPCから書込
無手順端末の書き込みですが、最初の「Enter]を忘れて、悩みました。(お粗末)
JUMAから自分のCallに書き換えました。

2. 出力の測定
50Ωのダミー抵抗(15W)を使用して短時間「Tune」で抵抗の両端の電圧(実効値)をオシロで測りました。(回路テスターでは電圧値が上がりません)固定電源からのケーブルが細く、電圧ドロップが生じ、50Wがなかなか出てくれません。(移動用のLi-ion電池公証14.6Vですとちょっと出すぎです!!)
固定電源の電圧を「Max」で50Wになる様調整して測定しました。
Dscf5998c 「pow.xls」をダウンロード
オシロの使い方をすっかり忘れていました。!!(猫に小判 使えない測定器ほど面倒なものはありません!!画像の取り込みプログラム再インストールでした。HI)

3.ヒートラン
先の15WのダミーロードでHighやMaxにするとビーコンの連続10秒~15秒でSWR Highで送信中断?ファイナルやドライバーの石は熱くない??ダミーロドが熱い(当たり前)、サーモスタットが働く様で?、50W?の裸のダミーロードに替えるとOK、50W連続でもOKになりました。
Dscf5995c

受信感度の測定もありますが、ほぼ完成でしょう。

森岡さんのHPに書いてありましたが、TX500売切れた様です。
皆さん買込んだのかな?

ANT周辺を検討してみましょう。(道路情報1620KHzのマッチングBOX(バリL)のジャンク品が有るはずです。使えるかな?)

オシロの使い方の勉強でUPが遅れました。(お粗末)

« 675 広沢寺温泉 | トップページ | 横浜市 中区 本牧山頂公園 移動 »

475KHz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504879/56812114

この記事へのトラックバック一覧です: JUMA TX500 組立 (その5 その後):

« 675 広沢寺温泉 | トップページ | 横浜市 中区 本牧山頂公園 移動 »

フォト
無料ブログはココログ