« 674 かぶと湯温泉 | トップページ | 中郡二宮町 吾妻山 移動運用 »

2013年2月 9日 (土)

JUMA TX500 組立 (その1)

476KHz(472~479KHz)がそろそろ開放されそうで、皆さん準備を進めておられます。
3年前に136KHzのTX136を組立てたあと、TX500を購入したままになっていました。

Dscf5899c Dscf5900c Dscf5901c
回路構成はTX136とまったく同じです。
ちなみに周波数範囲は450~550KHzです。受信用のUP-Covは500KHzを3.5MHzへ変換します。
既にTX136,TX500を完成された森岡さんから三田電波のTCXOを譲ってもらいました。TKS
6MHzがTX500用です。
Dscf5903c

1月末からメインボードを少しずつ組みました。ICのパックを開けた時に8PinのドライバーICを飛ばしてしまった様で、見当たりません。(IC9 MIC4423YM)高い輸送費??を払ってパーツ屋さんに注文しました。!!
Dscf5918c Dscf5920c
IC9の取り付けの邪魔になるファイナルのFET、電源コネクタ、リアパネルはICを取り付けてからにします。

チップ部品の半田付け、なかなか根気が続きません。!!
ノンビリ組立を楽しみ(苦しみ!!)ます。

次はコントロールボードです。

« 674 かぶと湯温泉 | トップページ | 中郡二宮町 吾妻山 移動運用 »

475KHz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504879/56726034

この記事へのトラックバック一覧です: JUMA TX500 組立 (その1):

« 674 かぶと湯温泉 | トップページ | 中郡二宮町 吾妻山 移動運用 »

フォト
無料ブログはココログ