« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月29日 (月)

KX3 PC USB-Serial 変換接続ケーブル 自作(2)

7月29日(月)はARDFのお疲れ休み?で休みでした。足が痛くなり家でゴロゴロしていました。秋月からUSBケーブルの材料が届きました。
簡単な完成ケーブルの改造を行いました。
Dscf6782c Dscf6781c
FTDI USB・シリアルケーブル(5V) @1340円
6Pinのコネクターを切り、ステレオプラグに接続するだけです。
ケーブル(6芯)で太く、USBプラグの出口でTXD、RXD、GNDの3本にしました。
長さも約半分にしました。
ユーティリティでTXD、RXDの論理をインバートに書き換えました。
Dscf6784c Dscf6677c
左が改造品、右は純正品です。

実は最近買った本「ひとつ上のハムログ活用」の97ページから 「IC-7000」の「リモート端子」用インターフェイスの製作 で紹介されています。

面倒なFT232RLと変換基板、USBコネクタを使った組立が残ってしまいました。
チップ部品の半田付けが楽しめます。?(苦しみ!!)

2013年7月28日 (日)

第10回 全国高等学校 ARDF競技大会 (8J0ARDF) 参加

7月27日(土)28日(日)恒例の新潟県阿賀野市で開催された高校生大会に一般で参加しました。また10年を記念して8J0ARDFの特別局が開局されており、運用をしました。

厚木のオニーさんはお休みで一人で新幹線で新潟へ向いました。
Dscf6757c_2 早めに着いたので駅中でお茶にしました。後の新幹線で来た、黒木さんと昼食の後、主催者の準備して頂いたバスに乗り込みました。今回は10回目の記念大会?大勢の参加者がありバスも2台でした。

8J0ARDF/0 運用&半田付けコンテスト
Dscf6769c 地元新潟のスタッフがANT(V-DPとU/VHF用モービルWhip)が手際よく屋上に上げてくれました。私も屋上に上がって邪魔をしました。!!
シャックは何時もの2Fの研修室でした。また恒例の半田付けコンテストも開催されました。
Dscf6763c Dscf6759c Dscf6761c
HF用とU/VHF用に2台のRigが設置されました。
RigにはCWフィルターが無く、泣かされました。QRMと土曜の夕方はQRNNでした。
LID OPが暴露されました!!AFのCW用のフィルタを持参しなくては!!
パドル、キーヤーは持参したものを提供しました。2名の高校生と一緒にCWにQRVしました。1名はコンテストでならしているらしく、一人でパイルをさばいていました。
ANTがFBなこともあり、SSBもドンドン呼ばれました。後日QSL担当の遠藤さんから殴り書きのLogをPCに入れて頂き、確認のメールを頂きました。SRI ES VY TNX!!私のOPは105局でした。

Dscf6764c_2 Dscf6765c Dscf6766c
Dscf6767c Dscf6768c
高校生が真剣にアタックしていました。昨年、黒木さんや皆さんの協力で開催されましたが、今年は先生方の準備でFBに実施されていました。継続して欲しいものです。

ARDF大会(28日)

Dscf6777c Dscf6776c Dscf6775c
開会式前の少年自然の家の庭、活躍の佐藤先生
昨夜の雷雨は一変しFBなお天気でした。

ゲレンデはReg3や3年前?に使った、ロシア村?の西側でした。
スタートは東の神社、ゴールは南西の支所(Reg3の3.5MHzのスタート)スタート/ゴールを結ぶ線の南東に1,3,4が道なりに、北東側に5、2が設置されていました。この5、2に「何時行くか」が悩むところでした。正解は5、1、3、4、2 Gのようですが、私は2の方向と距離を間違え、5、2、1、3、4、Gで廻りました。
S → 5
Dscf6778c All
軌跡が8の字になるのはコースどりの間違いの証拠でしょう。強い1に行こうか悩みましたが、皆さんに連られて5へ行きました。HI

5 → 2
5_2 5から皆さん1の方へ戻られましたが、2がもっと北にあると思い田んぼ道を行きました。2をゲットしてから戻れば良いのに、北上して大回りをしました。(自分の位置を失っていました!!)

2 → 1
2_1_all_2 2_1_2
コースづどりを間違え長いレッグなりました。スタート直後に1は送電線沿いと解っていたはずですが、立ち入り禁止が気になり手前をゴソゴソ、ロスしてしまいました。

1 → 3 → 4
1_3_4_g 送電線の下に道がある?と思い、探しましたが、立ち入り禁止との接点で、諦めて道を行きました。2 → 1の長いレッグで3、4の位置はほぼ予想がついていました。本物のM21のH君、3は一緒だったのに、来た道を戻り、私が4をゲットしてゴールに向っていたら、4へ向ってきました。大廻をした様です。(結果は私より早い 走りまくりでしょう)私は4をゲットした後から足がつってしまい。足を引きずりながらのゴールでした。(トレーニング不足とコース取り間違いの結果!!)

結果(一般参加)

順 位 コールサイン 氏  名 TX数 [12345B] 所要時間 住     所
優 勝 林 洸佑 6 [12345B] 1:16:56 静岡県
第2位 7M3RMD 清水 茂 6 [12345B] 1:16:59 群馬県
第3位 JE1XXO 谷田部 幸行 6 [12345B] 1:22:38 栃木県
第4位 鈴木 裕太 6 [12345B] 1:28:13 静岡県
第5位 勝間田 弘志 6 [12345B] 1:32:58 静岡県
第6位 JR1CHU 金重 好美 6 [12345B] 1:32:59 神奈川県
第7位 大坂 久登 6 [12345B] 1:33:22 秋田県
第8位 JG1DGC 松島 謙一 6 [12345B] 1:46:27 群馬県

やはりコース取りを間違えたのが敗因でしょう。
大会の詳細は下記を参照ください
佐藤先生をはじめ地元の方、高校の先生方にお世話になりました。

来年は高文連の行事が茨城で開催され、それに合わせ、春に茨城で開催されるとのアナウンスがありました。
http://zenkok-ama.08ardf.com/2013/072729koukou/2013koukou.html

2013年7月27日 (土)

第9回 IARU Reg3 ARDF 大会 参加 (韓国 ホンチョン)

題記の件、既に選手団は決まっていますが、選手の方が審判にまわり、M60クラスに空きが出来たので、次次点の私に参加依頼が来ました。厚木のオニーさんに自由参加を勧められていましたが、締め切りを忘れていたこともあり、参加することにしました。

職場には一応、了解を貰いました。?!
空港集合の空港解散です。(主催者が現地/空港の有償の送り迎え)
早速、チケットを入手しました。
9月1日成田発 9月6日インチョン発のOZ便です。(大丈夫かな?!!)
旅慣れた厚木のオニーさんに合わせました。!!

エントリー費は600ドルですが、遅れチャージ10%です。
バス代16ドルの往復がかかります。
部屋はスタンダードの4人の雑魚寝部屋にしました。お金持ちの皆さんは2人部屋(これが本当のスタンダード?)のようですが、ARDFはハングリーな3Kの遊び、雑魚寝で十分です。HI

54名の大選手団に+1名、55名かな?

暑い時期ですが少しは駆け足をしなくては!!
27日28日 新潟県阿賀野市ので開催されるARDF高校生大会へ参加します。
記念局 8J0ARDFもOPしたいと思います。

2013年7月21日 (日)

KX3 PC USB-Serial 変換接続ケーブル 自作

下書きのままで公開を忘れていました。SRI 8月4日

KX3 RTTY MMTTY+HAMLOG インターフエース(1)に書いた、KX3付属の「KX3 PC USB-Serial 変換接続ケーブル」(以下USBケーブル)の自作の目処がつきました。後はチップを如何にUSBプラグに押込むかです。

純正品は約2m長ある、またケーブルが固いので移動向きではないので、何とか自作できないか、宿題になっていました。
KX3を購入するとき、SerialかUSBかを選択する。EDCの木下さんに聞いたところ、USB-Serialの変換ケーブルであることを聞き、諦めていました。

7/18(木)のKX3 RTTY 不安定対策で,新PCに2011年5/3「リグ-USB接続PTT インターフェース(がんばろう日本)」で作成したI/FのドライバーをFTDI社のHPからダウンロードしました。宿題のKX3用の純正品のドライバーと同じでした。!!

上記I/F作成時に秋月の「FT232RL USB-シリアル変換モジュール」を1個予備に買っていたので早速、実験をしました。
Dscf6751c Dscf6752c Dscf6750c
(1)KX3側はACC1コネクタはステレオ接続です。
プラグのTopにFT232RLのTXDを、RingにRXDを接続します。KX3のマニュアルに親切に書いてありますが、いい加減に読んだため送受逆に接続していました。
(2)FT232RLのTXD、RXD信号はレベルが逆論理で、Utilities(MProg)の RS232 SignalsのTXD、RXDのinvertにチェックを入れ、EEPROMに書込みます。「リグ-USB接続PTT インターフェース(がんばろう日本)」ではTXD、RXDは使っておらずそのままですが、RTSなどの制御信号はinvertにしましたのでヒントになりました。

HAMLOGとKX3Utolityは正常に動きました。
早速、秋月にFT232RL(300¥/個)と変換基板SSOP28PIN(0.65mmi(70¥/枚)を注文しました。USBプラグは百均で調達かな?
どんな形に仕上がりますやら・・・

と書いて秋月の注文をやっていたら、完成品のUSB-Serial変換ケーブルが有る!!
変換ケーブルも追加発注しました。

2013年7月18日 (木)

KX3 RTTY 不安定対策

朝は雨でしたので、移動を止めて、KX3のRTTYの不安定な動作を確認しました。
FT-817とKX3の2セットのRTTY(MMTTY)を鳴き合わせしました。
やはり温度上昇によるHI TEMPによる電力低減と誤送信?(受信文がで意味不明)でした。

(1)新PCへのMMTTYなどのインストール
XのPC練習用に買ったノートPC(ネットPC?)へMMTTY、MMVARIとおまけにHMAMLOGをインストールしました。最新のHAMLOG、ハムログUserが見れます。Testした町田のオニーさん(一通/一技 1Kw)が光ります。!!
以前作った「リグ-USB接続PTTインターフェースのFTDI社のFT232RのドライバーとMPogによる書換を行いました。別冊CQham radio No13とクビッピキでした。ドライバーを見ると、KX3用の専用ケーブルもFTDI社のもの、宿題のKX3のUSBケーブルの自作が出来そうです。(秋月のAE-UM232Rが手元にあります。確認してみましょう)

(2)鳴き合わせ
FT-817 F社PC(Win 7) PTTはUSBシリアル変換(DTR)
設定 DIG-RTTY
周波数  Mark 2000KHz  表示(直読) 7028KHz → 送受 7028KHz
 
KX3 何時ものチビPC(Win XP) PTTはKX3のVOX使用
設定 DATA-AFSK A(LSB)
周波数 Mark 1000KHz 表示(差読) 7029KHz → 送受 7028KHz
KX3は周波数の直読が出来ない?私の設定が悪い?(勉強してみます)

(3)KX3の高温(HI TEMP)
室温30度でヒートランをやりました。
RYの連続送信で温度を上げてからTestしました。
CQの繰り返し(インターバル7秒)
5W 3~4回でHI TEMP
3W 10分?で誤送信
1W 10分以上OK

(4)ATS-3B用リニア昇天!!
上記(3)よりKX3の出力を1WにしてATS-3B用リニアを再調整(出力7W)搾り出してヒートランを約5分したらファイナルのFETが昇天してしまいました。放熱のヒートシンクが小さいのと、Fanが送信時しか廻らない設計のため高温による破損(ドレーン/ゲート間ショート?)と思います。FETは基板を外さないと交換できません。後日ゆっくりやりましょう。

「RTTYは電波が出っぱなしなので出力を絞れ」頭では解っていたつもりですが、実際には思っていた以上の発熱です。

(6)宿題
状況は解りましたが、解決にはなりませんでした。
(A)KX3の外付けヒートシンクをWで販売しているとか、リニアーを付けるとATUが使えなくなり、大型のヒートシンクで5W程度出せればいいのですが・・・??無理かな?
(B)ATS-3B用リニアの使用は無理かな?
Fanの常時回転(温度センサーのよる回転)やヒートシンクを大型にしても10Wは無理でしょう。7MHz専用にリニアを作り直しかな?

2013年7月14日 (日)

2518 ここちゆ海老名

7月14日(日)近場のひとつ海老名市の「ここち湯海老名」へ行きました。海老名市、綾瀬市、座間市の市境にある温泉です。朝は「海老名市」午後は「綾瀬市」でQRVしました。
Iki_2 自宅からはほぼ直線に北上です。
まず「ここち湯」で写真を撮りました。
Dscf6718c Dscf6715c Dscf6722c
QRVは目久尻川沿いにある「北部公園」へ行きました。
Dscf6729c Dscf6725c Dscf6727c
Photo 川沿いで低い事と、東側のマンションは高層で完全にブロックです。!!
(帰りに気付いたのですが温泉の前の団地(低層)の公園の方FBかな?)
ラジオ体操の先輩たちを見ながらANTを設置しました。(お墓の上を使わせてもらいました)

交信(海老名市)
6:53 ~     430MHz  FM  1局
6:56 ~ 7:31  7MHz  CW 20局
7:46 ~ 7:53  7MHz RTTY  2局
8:11 ~ 8:27 10MHz  CW  4局
8:43 ~     18MHz  CW  1局
場所とコンディションが悪く局数が伸びませんでした。期待したRTTYが少なく空振りのCQの連続でした。RTTYのCQマクロのJCCとYU(湯ナンバー)が、平塚の湯乃蔵ガーデンのままでした。SRI!!

早々に切り上げ、午後のQRV予定地(綾瀬市)の下見に行きました。
Photo_2 Dscf6731c Dscf6733c
寺尾緑地を予定していましたが、低い場所とジャングル状態で、尾根にある「寺尾公園」に決めました。
Dscf6730c Dscf6741c Dscf6740c
看板は少々古いですが、公園や建物はFBです。

10時過ぎに温泉に戻りました。
Dscf6724c Dscf6723c
熱中症予防とコンディション回復待ちです。!!??
Dscf6736c Dscf6737c
左はOPの体力回復、右はPCの体力回復です。!!
盗電(東電)はありません。(ほとんどの温泉のコンセンはト使用禁止)使い残りのLi-ionから14V→16VのDC/DC Covで充電。

15時に温泉を出て綾瀬市の「寺尾公園」へ戻りました。高台(尾根筋)にありチャリはダンシング(立ち漕ぎ)ですが、QRVにはFBなロケーションです。
16:30頃夕立、ベンチから会館の軒下へ移動し、中断があり、各局にご迷惑をお掛けしました。再開後はなかなか呼ばれませんでした。
「NW RAIN QRT」と打ちましたが、「NW RAIN AS AS 10MINS」が良かったかな?
Dscf6739c Dscf6738c 手前のベンチから軒下へ移動

交信(綾瀬市)
15:44 ~ 16:00  7MHz SSB   8局
16:10 ~ 16:56  7MHz  CW  27局(途中中断)
(RTTY 空振りCQ)
17:14 ~ 18:06  7MHz SSB   9局

雷(QRN)、夕立は有りましたが、コンディションはFBでした。(ロケーションもFB)
夕立騒ぎでQSO出来なかった、町田のオニーさんから+30dBのFBなレポートを頂きました(TKS & SRI)

午後のRTTYは空振りでした。仕様通り10Wのままではファイナル部分(ケース)が熱くなり、出力が5Wに落ちます。5Wでは飛ばない?
それとも変な電波(シフト幅、電波の質)や送受のずれなど操作ミスが有るのかな?
別のRigでモニターしてみる必要がありそうです。

今回Li-ion電池は3本持参しました。6Ahを午前、お昼のPCの充電、午後の最初のSSBで使い切り、4.5Ahに交換しました。またPCの電池は半分(PCの表示)、4.5Ahの電池も残量は半分以上と思います。(充電時間んで推測)
4.5Ah1本は手つかずでした。

RTTYの交信を安定させるためには、KX3の出力を絞って(1W程度)ATS-3B用に作った20Wのリニアーを10W程度にしてホームでモニターしながら、ヒートランンをしてみたいと思います。

夕立での中断など、呼んで頂いた各局にご迷惑をお掛けしました。
LID OPでお手数をおかけしますが、今後とも宜しくお願いします。

本日のData
Tm 1:35  Dst 29.0Km  Av 18.3Km/h  Mx 39.4Km/h  Odo 4917.2Km

2013年7月 9日 (火)

2511 湘南天然温泉 湯乃蔵ガーデン

平塚の七夕の初日(7月5日(金))を予定していましたが、朝の雨と強風で出そびれ、7月9日(火)に行きました。
猛暑なので、早朝、夕方の移動/QRVになりました。昼間は温泉でゆっくりしました。

All 少々遠回りでしたが寒川、神川橋、相模川の西岸のサイクリング?道路を銀河大橋まで走り、後は適当に走りましたが、ぴったり 湯乃蔵ガーデンへ到着、約41分
Dscf6693c_2 Dscf6692c Dscf6695c
Dscf6694c Dscf6698c Dscf6697c
誰もいない駐車場でパチパチやっていたら散歩の先輩がこられシャッターを押してもらいました。TKS
湯乃蔵ガーデンの南側が平塚総合公園です。
Photo Dscf6702c 北側の駐車場から公園内の西側をチャリを押しました。「バイク自転車進入禁止」(押しても厳しいところはNGですが・・・)
Dscf6699c Dscf6701c 相当歩きました。(直線600m?)南側の駐車場の脇をQRV場所にしました。野球場やサッカー場の脇はFBな立木がありましたが、建物や照明塔に電波が吸収されそうで・・・・
Dscf6705c Dscf6706c Dscf6707c
ANTは石のモニュメントの上に張りました。

午前中(朝方)の交信
Dscf6703c Dscf6704c
 6:04       7MHz  SSB  1局
 6:16 ~ 6:54 7MHz  CW  41局
 7:11 ~ 7:18 7MHZ RTTY  3局
 7:43 ~ 8:56 7MHz  SSB 43局

ブレーク
(1)6:04の空振りSSBをやっていたらJA1のOMさんが声をかけてくれました。A3時代の懐かしい話をしました。是非再開をと名刺を渡しました。
(2)大声張り上げてQSOしていたら隣のテーブル(約10m離れている)の酔っ払いさんから「ウルサイ」のブレークが有りQRTしました。!!無用のトラブルは避けないと!!


ブレーク(2)が有り、OPの座る位置を酔っ払いさんの方に向かないように180度変えようと、KX3のANTコネクタ(BNCメス)を外そうとしたらメス側がガタガタ??!!
「静かに」!!修理です。HI
Dscf6710c Dscf6708c Dscf6711c
組立時、私の締付けが甘かったのでしょう。オンボロチャリの振動で緩んだのでしょう。

10時30から湯乃蔵ガーデンへ引き上げました。GPSログは忘れましたが、反時計に公園の外周(歩道/チャリ道路)を戻りました。

時間がタップリあったので垢すりを頼みました。(サービス期間で1Hr/5.3K\でした)
写真は忘れましたが、バイオ燃料を入れ、ゆっくり昼寝でした。

昼休みはPCの充電です。東電(盗電)では無く、Li-ion電池から昇圧して充電です。但し今回は自分のPCの壊れた物の改造品で(9セル3直×3パラを8セル4直×2パラ)容量が足らず、50%程度しか充電できませんでした。午後の設営時に送信に使ったLi-ionから追加充電をしました。

午後(夕方)の交信
佐々木さん(JA1XEQ)がRTTYの見学に来ました。持参のPCにMMTTYがインストールされていました。PSK31の受信など説明や実演をしましたが、RTTYは応答がありません。
20130709_164436 Dscf6713c
(酔っ払いさんが座っていたベンチを使いました)
16:06 ~ 16:08  7MHz  SSB  2局
16:27 ~ 17:24  7MHz   CW 48局
17:32 ~ 17:40  7MHz  RTTY  3局
(CWのQSOを中断してRTTYへQSYしました。SRI 平日の為か3局の交信でした。またPCの充電やRTTYでの酷使で6Ahの電池も無くなり、18時に終わりにしました。

RTTYを本格的に運用するには電池の強化をしないと電池切れになります。
3枚(6Ah+4.5Ah×2枚)持参しないと・・・・、ソーラーの充電器も欲しくなりますが・・・
QSO、JクラスターのUP局に感謝感謝です。

本日のData(公園内を押したDataが入っています)
Tm 1:42  Dst 30.9Km  Av 18.1Km/h  Max 46.9Km/h  Odo 4888.1Km/h

RTTYの局数を伸ばすには土日でないと難しいのかな?次回も近場で頑張ります。

2013年7月 5日 (金)

KX3 RTTY MMTTY+HAMLOG インターフエース(1)

湯けむりアワードの神奈川県サービスのリストBを開始するに当り、CW、SSBにRTTYを追加したく、KX3へ簡単なインターフエース(I/F)を接続しました。

EDCの木下さんに相談したところ、KX3のVOXを使用し、AFSK方式の接続が簡単でFBとのアドバイスを頂きました。以前(2004年7月)、神奈川県支部の技術講習会で作成した、VXOタイプのI/Fを使い、VXO部を外して接続しました。
Dscf6656c Dscf6657c
ALINCOのDJ-C7に接続して430のパケットにQRVしたプラグになっていました。VOXを外し、MicとPhonesの2つのプラグに変更しました。
Dscf6676c_2
「kx3_sound_i_f.JPG」をダウンロード (回路図です)
またKX3付属のUSBケーブルでPCとKX3を接続してHAMLOG(MMTTYも連動)に周波数とモードを取り込みます。
Dscf6677c

長すぎます(2m)自作しようとしましたがどうもUSBプラグの中にC、Rが入っている様です。調べてみましょう。

HAMLOGの設定
KENWOODの設定。

MMTTYの設定
HAMLOGとの連動(MMTTYLOG.T.XT]のTurbo HAMLOG/Winとのリアルタイムリンクを参照願います。)Link-Frequency polllingにチェックで周波数の取込が出来ます。
AF周波数は1000Hzになりました。
HAMLOGのRem2へMMTTYLOG固有のData(QSOのEnd、Powなど)が取り込まれ、移動情報(JCC 温泉Noなど)が上書きで消されてしまう不都合があります。(MMHAMSOFTの掲示板で問合せ中)

KX3の設定
Modeは DATAのAFSK A (LSB)に設定
解読はTEXT(DATAの長押し)でT表示(MMTTY(PC)とほぼ同等の解読?)
VOX ON
POWは5Wと書かれていますが、短時間なら10WでもOK?(自己責任)
CWT ONでチューニングの参考に

今後の予定

MMTTYの使い込み
チャリで湯(B)でMMTTYを使い、まずMMTTYに慣れる事。
(ファンクションKey3つ(CQ 599 73)と受信画面のCall、NameのピックだけでQSOが出来るはずです。その他の回答(送信)はメロメロになります。!!)

I/Fの作成
回路の必要な部分のみを作り小型化したい。

USBケーブルの自作
長過ぎるので自作したい(回路図を調べないと・・・)

FSK方式の検討
FSK方式にした時のDATA,スタンバイ、周波数の取込を1本のUSBケーブルでつなげるか?出来れば受信Dataも(KX3がデコードしたもの)USBケーブル1本にならないか?(KX3のコマンドの勉強かな?)

やることは沢山有ります。何処までやれますやら・・・

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

フォト
無料ブログはココログ