« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月25日 (日)

ハムフェア 2013 2Days

8月24(土)、25日(日)と、恒例の大江戸温泉泊りの1泊2日を楽しんできました。
ARDFコーナーを少し手伝いましたが、大半は好き勝手にブラブラしました。!!

(1) 24日(土)

何時もの看板で記念撮影です。
Dscf6811c JA8のOMさんと写真の撮りっこをしました。9月の月末に送りました。SRI

Dscf6834c Dscf6813c Dscf6814c
昨日からの(いや8月初旬から?)準備グループがFBなブースを完成させていました。
展示・販売のARDFグッズの値札付け等を手伝いました。
開会してからは、外の公園でのARDFお試し会(ミニARDF)を時々手伝いました。

会場での交信
QRPの里に2日ともタムロしていました。大型ヒートシンクを見せる為持参した。KX3やハンディー機DJ-C7で交信しました。
Dscf6835c 2局はその場でQSLをもらいました。TNX
2局以外に8J1A/1(晴海)、JK1TCV(栗原さん)と2WayのKX3によるRTTYが出来ました。

懇親(混信)会
混信会へ行く前に記念撮影
Dscf6815c 高文連の先生方も加わり賑やかな懇親会でした。小生、明日が誕生日なので「ハッピーバースデー」をやって頂きました。TKS

大江戸温泉
夜は恒例の大江戸温泉に4人で泊まりました。私は懇親会でダウン、飲べーの2名+1名は遅くまで飲んでいた様です。
Dscf6821c Dscf6822c Dscf6824c
入口で各人ポーズです。(2日酔い?)
朝食を食べて約4K\でした。

(2) 25日(日)
記念局運用
8J1Aを土曜と日曜,2回運用しました。
Dscf6836c Dscf6827c Dscf6825c
土曜は10MHz CW 日曜はJQ1LCW局と14MHzを2区切り確保して、LCW局がまずフォーンで頑張りました。その後CWに出ましたが、ほとんど呼ばれず、フォーンに戻り少し交信してから、CWへのQSYをアナウンスして移ったら少し呼ばれました。

KX3ヒートシンク
山岳移動のJR1NNLさんが、Wのヒートシンクのキット(今は無い?)を展示されており、私の大型ヒートシンクと対面をさせました。
Dscf6830c Dscf6831c 小型で格好いいです

Dscf6844c Dscf6846c
運搬時のケース(タッパーウエア)は、まったく同じものを使っていました。!!

もらい物
Dscf6837c 外れでした。

買ったもの
Dscf6832c A1 Club のPIC Touch Keyerのキットを買いました。回り込み防止?のホトカプラがオマケに付いていました。コンパクトに作ると良いでしょう。

お世話になった方々
Dscf6833c お偉いさんや、無線大好きのオジサンにお会いしました。お世話になりました。

2日間ARDFコーナーの手伝いをサボり、気楽に各コーナー(メーカーや業者コーナーは行きませんでした!!)を回りました。楽しい2日間でした。

2013年8月23日 (金)

KX3 RTTY 不安定対策(1) 大型ヒートシンク

ハムフェアー以降、遊びがQRLでブログをサボっていました。
さかのぼりボログです。SRI

8月23日(金)はハムフェアーの準備の日です。ARDFコーナーの手伝いに行く予定で、3連休にしていましたが、夏風邪がなかなか抜けずオサボリにしてもらいました。SRI

懸案のKX3にヒートシンクを取り付ける材料も揃い、ローカルのJA1XEQ局と綾瀬のDIYに追加の材用と加工に行き、何とか形になりました。

材料
(1) Heat ShinkはWの製作記事を参考にeBayで購入しました。
   送料込みで22.99ドルでした。
(2)ネオジム磁石ヒートシンクを本体に接触させる為に磁石を使いました。
  大きさは10φでヒートシンク側は厚さ5mm、本体側は2mm(3mm厚のアルミに埋め込み)を左右2個で引き合います。ネオジム磁石は高温に弱く、150℃耐熱を注文しました。
単価は224円、143円でした。大きなDIYには在るようですが、耐熱は無いかな?
 サンギョウサプライで購入しました。使い方など参考になります。  
(3)熱伝導シート Wの記事を参考にギャップシートを購入しました。
本体側のアルミ板とヒートシンクが磁石の吸引力で面接触していますが、シリコングリスを塗る訳にいかず、熱伝導を良くする為に考えました。最終評価の時、張る前後の差を見たいと思います。北川工業のGP1-1.0-125180(3000円)をJA1XEQ局半分にしました。
HPをみるとPCのCPUとヒートシンクの間に使うようです。
(4)アルミ板 3mm厚です。従来の富士山型と交換です。大きさは横面一杯にしました。
これだけでも放熱効果が有ると思います。??DIYで購入

Dscf6839c Dscf6842c 右の下(黒い富士山型)が、従来のヒートシンクです。
ファイナルのFETは下ケースに付いています。その上に板状のヒートシンクが重ねられた構造です。(EDCの木下さんに聞いたところ、最初は富士山型の板(ヒートシンク)も無かった様です)
Dscf6841c RTTYの時だけヒートシンクを付ける為、「大は小を兼る」で幅をKX3に合わせて切っただけです。
Dscf6843c Dscf6844c 本体に立掛けて使います。
Dscf6846c 持ち歩きは本体とは別にします。

ハムフェアーでQRPの里とARDFコーナーに転がして置きました。
またWで販売していたヒートシンク(キット)を見せていただきました。(TNX JR1NNLさん)
固定型ですが小さくカッコ良かったです。山岳移動でRTTYに使われる様です。
Dscf6831c Dscf6830c

コンパクトに纏められたKX3ですが、放熱の余裕がありません。
オプションでヒートシンクを出したら売れると思いますが・・・

2013年8月16日 (金)

KX3 PC USB-Serial 変換接続ケーブル自作(3)

酷暑で自転車漕ぎを自粛(サボリ!!)しており、家でゴロゴロしています。宿題の変換ケーブルの自作を何とか片づけました。(一部未完成ですが)

市販の変換ケーブルを真似てUSBプラグ(A型)と一体型にしたが、構造的に複雑で試作の1個にしました。完成品は変換基盤をプラケース(手持ちで高さが少し高い)に収めました。

悩みました
秋月の「24ピンDIP-ICサイズ FT232RL USB-シリアル変換モジュール」を真似て回路を組みましたが、2点配線を忘れ、悩みました。
Ft232rl

・PCが認識してくれない??!! 24PINのTESTピンンをGNDに落すのを忘れていた。
・PCが認識してくれるが(MprogやWinのコンパネ)Rigとつながらない??!! 4PinのVCCIOの接続忘れ VCCIO(+5V仕様)を使わないので配線をしなかったが、FT232RLのブロック図を見ると、TXDやRXDなどSerial信号のドライバー回路にVCCを供給しています。!!回路を真似て作ったのですが、理解しておらず(FT232RLの説明書)落とし穴に落ちました。
「猿まねも技術の内」 私は猿まねもできませんでした。!!

(1)USBプラグ一体型(施策レベル)
Dscf6807c Dscf6808c
これから2液エポキシで固める予定ですが、構図的に貧弱で失敗作です。TXD、RXDの信号だけを引き出しました。他の信号が必要なときは無理です。(KX3の予備かな?)
チップ部品少しですがアクロバット的な取付になりました。

(2)プラケース型
Dscf6799c Dscf6801c Dscf6804c
(2)を作ってこれ以上小形には作れないと判断し、構造的に問題のない物にしました。
プラケースは手持ちを使ったので背丈が少し高いです。信号線も6本引き出しました。
ケースに余裕が有るのでLED表示の追加もできます。

書き忘れましたが、通信速度は純正品を含め4800BPSです。
最近インストールした Ham Radio DeluX(HRD)の動作も確認しました。

最近我が家に X1Mなる「重慶ボーヤ」が来ました。9PinDsubのCOMMコネクタが付いており、HRDとつながるとか、DsubだったのでRS232C(+-12V)をつないで壊したようです。修理(MPU交換?)してもらい、今回作成したケーブルで接続してみたいです。

USBやRS232C知ってるつもりが・・・(いまだに解りませんが)いい勉強になりました。

2013年8月 4日 (日)

KX3 RTTY MMTTY+HAMLOG インターフエース(2)

KX3用のRTTY(PSK31等)のインターフエースはVOX型のVOXを殺して使っていましたが、移動用に小型に?作り直しました。
また受信音のモニターにスピーカーを使っていましたが、重い、おお飯食らいなので、イヤホーンで代用しました。
イヤホーンを抜いた時と入れたときでPCの受信レベルが変化しない様に30オームを入れました
Kx3_sound_i_f

一応回り込み防止でトランスを入れましたが、本当に必要か?移動して色々な環境で使ってみないと、ご利益はわかりません。固定では一応OKですが・・・・

Dscf6785c Dscf6791c
ケースなどは手持ちの物を使いました。背丈を低くするとスマートになったかも?
肝心のKX3の放熱が解決しておらず、この暑さが過ぎるまでRTTYはお預けです。!!

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

フォト
無料ブログはココログ