« KX3 RTTY MMTTY+HAMLOG インターフエース(2) | トップページ | KX3 RTTY 不安定対策(1) 大型ヒートシンク »

2013年8月16日 (金)

KX3 PC USB-Serial 変換接続ケーブル自作(3)

酷暑で自転車漕ぎを自粛(サボリ!!)しており、家でゴロゴロしています。宿題の変換ケーブルの自作を何とか片づけました。(一部未完成ですが)

市販の変換ケーブルを真似てUSBプラグ(A型)と一体型にしたが、構造的に複雑で試作の1個にしました。完成品は変換基盤をプラケース(手持ちで高さが少し高い)に収めました。

悩みました
秋月の「24ピンDIP-ICサイズ FT232RL USB-シリアル変換モジュール」を真似て回路を組みましたが、2点配線を忘れ、悩みました。
Ft232rl

・PCが認識してくれない??!! 24PINのTESTピンンをGNDに落すのを忘れていた。
・PCが認識してくれるが(MprogやWinのコンパネ)Rigとつながらない??!! 4PinのVCCIOの接続忘れ VCCIO(+5V仕様)を使わないので配線をしなかったが、FT232RLのブロック図を見ると、TXDやRXDなどSerial信号のドライバー回路にVCCを供給しています。!!回路を真似て作ったのですが、理解しておらず(FT232RLの説明書)落とし穴に落ちました。
「猿まねも技術の内」 私は猿まねもできませんでした。!!

(1)USBプラグ一体型(施策レベル)
Dscf6807c Dscf6808c
これから2液エポキシで固める予定ですが、構図的に貧弱で失敗作です。TXD、RXDの信号だけを引き出しました。他の信号が必要なときは無理です。(KX3の予備かな?)
チップ部品少しですがアクロバット的な取付になりました。

(2)プラケース型
Dscf6799c Dscf6801c Dscf6804c
(2)を作ってこれ以上小形には作れないと判断し、構造的に問題のない物にしました。
プラケースは手持ちを使ったので背丈が少し高いです。信号線も6本引き出しました。
ケースに余裕が有るのでLED表示の追加もできます。

書き忘れましたが、通信速度は純正品を含め4800BPSです。
最近インストールした Ham Radio DeluX(HRD)の動作も確認しました。

最近我が家に X1Mなる「重慶ボーヤ」が来ました。9PinDsubのCOMMコネクタが付いており、HRDとつながるとか、DsubだったのでRS232C(+-12V)をつないで壊したようです。修理(MPU交換?)してもらい、今回作成したケーブルで接続してみたいです。

USBやRS232C知ってるつもりが・・・(いまだに解りませんが)いい勉強になりました。

« KX3 RTTY MMTTY+HAMLOG インターフエース(2) | トップページ | KX3 RTTY 不安定対策(1) 大型ヒートシンク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504879/58004142

この記事へのトラックバック一覧です: KX3 PC USB-Serial 変換接続ケーブル自作(3):

« KX3 RTTY MMTTY+HAMLOG インターフエース(2) | トップページ | KX3 RTTY 不安定対策(1) 大型ヒートシンク »

フォト
無料ブログはココログ