« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

2506 横浜温泉チャレンジャー

お天気に誘われて出かけました。午後は「育G」を頼まれていたので近場にしました。
午前中のQRVになりました。
現地到着後GPSロガーの電源を切るのを忘れ、帰りのDataは撮れませんでした。
All Photo
日頃走った事の無い、海軍道路(環状4号)を走りました。UP/DOWNが少なく快適でした。

Dscf7069c Dscf7067c Dscf7068c
老人ホームに併設された温泉のようでした?

Dscf7077c Dscf7073c
温泉と道路を挟んだ「若葉台公園」でQRVしました。
Dscf7072c Dscf7075c Dscf7076c
公園の中央は遊水地とグラウンドで低地、高台はマンションです。
傾斜地の木立の中でのQRVになりました。
Dscf7070c Dscf7071c
テーブルがあり良かったですが、ANTは3m高しか張れず難儀をしました。

QSO
7:48 ~  8:33   7MHz  CW  33局
8:54 ~ 10:27   7MHz  SSB  25局
10:35 ~ 10:39  10MHz  CW   9局

7MHz CWは空振りCWを出していたらHL1の局のCQに乗っ取られました。
SSBはダラダラとやっていたら「そろそろ止めろ」の?ビートを掛けられ退散でした。
ANTの設置はPoorでしたが、7MHz近場のコンディションが良かったと思います。
HAMLOGが二度ハングアップし再起動しました。
KX3からの周波数/モードの表示がおかしくなっていました。自作のUSBケーブルに回り込みかも?呼んでいただいた各局に、ご迷惑をお掛けしました。SRI

本日のData
Tm 2:14  Dst 43.4Km  Av 19.4Km/h  Max 41.9Km/h  Odo 5100.5Km  

2013年10月28日 (月)

2517 ここち湯相模原

ARDFの全日本大会や、結果のショックで!?ボーっとしていました。久々の「チャリで湯」近場の相模原市へ出かけました。
「ここち湯相模原」は相模原市南区に在りますが、中央区との区界にあり、一つのお湯で2回楽しめます。

All Qrv
行きが緑、帰りが黄色です。片道約2時間です。
今回は応援が2局来てくれました。TNX
Dscf7063c JA!XEQ佐々木さん、JH1BVS三村さん
三村さんは自転車です。帰りは厚木まで一緒でした。

Dscf7052c Dscf7054c
相模原GCの入口のここち湯に行きました。

Dscf7061c Dscf7059c
南区はここち湯の南側約500mの御嶽神社/大野台中央公園でRQVしました。
地元の方が8:30から落ち葉の掃除を始めたので、中断して近くの公園(大沼松音公園)へ行きましたが、住宅地の中なので断念し、午後予定していた中央区へ移りました。
SSBのみのQRVだったので午後戻ってCWにQRVしました。

Dscf7058c 20131028_100433 Dscf7057c
中央区は北西約600mの淵野辺公園でQRVしました。
風が冷たく、日陰では上着が必要でした。

QSO
 8:08 ~ 8:38  7MHz SSB 19局(南区)
 9:47 ~ 9:58  7MHz SSB  6局(中央区)
10:14 ~ 10:38  7Mhz  CW 22局( 〃 )
10:55 ~ 11:11 10Mhz  CW  7局( 〃 )
15:50 ~ 16:10  7MHz  CW 18局(南区)
お昼のEye-Ball QSOに花が咲き午後のQRVが遅くなり、沢山の方に呼ばれながらQRTしました。SRI
10月からCWの送信「楽」をさせてもらっています。
CQ出版の「ひとつ上のハムログ活用」の項番6-3の(USBIF4CW連携 for HAMLOGでCW運用)をはじめました。ほとんどパドルを使わないでQSOが出来ます。SRI
マクロ文、TPOを考えたものにしてスムーズなQSOにしたいと思います。
受信も何とかなりませんか?(LID OPの要望です HI)
チビPCへ2本のUSBケーブル(もう一本はKX3とHAMLOG連携)が入っています。
気持ちPCの電池の消耗が早い?お昼の間、持参のバッテリーから充電しています。(7月14日参照)

Dscf7056c Dscf7055c
お昼は温泉に入りチャージをしました。7月に行ったチエーン店「ここち湯海老名」とほぼ同じで、少し規模が小さいかな?

公園から追い出されたのは初めてでした。地元の方が大切にしてる公園を使わせてもらっているので、協力しなければなりません。午後行ったら落ち葉がきれいに片付いていました。TKS
帰りが真っ暗になりました。暗くなる前に帰宅する様に、午後の切り上げ時刻を考えなければ・・・

本日のData
Tm 3:40  Dst 65.7Km/h Av 17.9Km/h Max 43.6Km/h Odo 5057.2km

2013年10月20日 (日)

2013年全日本ARDF競技大会 (本大会 2m)

10月20日は朝から雨でした。
少年自然の家のグランドがスタートで、南東の頼成の森周辺で開催されました。アップダウンの厳しい山間部でした。雨で足元がスベルので注意の指示がありましたが、早速滑って転びましたが、怪我が無くてよかったです。!!

1_2 2m_all

TX2
2m_2 750mを出るか出な内に強いTX2に引っ張られ近道をしたとき、下りで転び、砺波の大地にキッスをしました。幸い怪我は無かったものの、顔は泥だらけ、地図も泥だらけになりました。防水の袋に入れていましたが、袋の泥をこすりながら見ていました。
TX4の脇まで大廻になりました。

TX1
2m_1 TX2を過ぎた辺りから自分の位置が解らなくなりました。尾根には所々に案内図がありましたが、それを見る余裕がありません。(尾根道のアップダウンに苦しめられました)TX3が強くなりました。尾根筋を北進しましたが、もう少しの所でゴールビーコンが強くなります。??方向的にまずい!!UターンをしてTX1へ向いました。
最終組のOさんに追い抜かれTX1へ行きましたが、タイミングが悪く、1鳴き遊びました。

TX3
2m_3 TX1の前に北進し、Uターンした地点へ一目散に戻りました。
(TX1の場所で再度測向すれば・・・・ 頑固GGが裏目です!!)
ドンドン進むとTX3が後ろ方向です。「シマッタ向かいの山だ」やっと気がつきました。
TX1まで戻るのは遠い、尾根筋に沿って(ほとんど直下降)藪を降りました。TX3強いはずです。FBなロケーションに設置されていました。

ビーコン ゴール
2m_b 地図をほとんど見ず俳諧状態でした。

結果
【M60クラス】  参加者数 32名
    1 JR1EYZ     大野 政男        1:00:06 (3)  [123//B] 関東_栃木
    2 JA7EWX     西内 秀一        1:12:59 (3)  [123*/B] 東北_福島
    3 JH7UGO     高橋 信一        1:14:12 (3)  [123//B] 東北_岩手
    4 JE1XXO     谷田部 幸行      1:14:14 (3)  [123//B] 関東_栃木
    5 JR1CHU     金重 好美        1:38:00 (3)  [123//B] 関東_神奈川

4位の谷田部さんからは15分遅れです。TX3の行ったり来たりが敗因です。
他の方の話を聞くとやはり3番の強さに惑わされた様です。
成績の良い方はTX3の位置を正確に捉えたと思います。
TX2で崖の下から悔しい思いをしたのにTX3に生かせなかった事が悔やまれます。
設定の平田先生に「やられた」思いです。!!
自分の力の無さを思い知らされました。(ショックでボログを書くのが遅れましたSRI)
Dscf7045c


Dscf7050c 平田先生が今年もフラッグを作ってプレゼントして下さいました。
気がついたら3個も頂いていました。 SRI ES VY TKS

雨の中スタッフの皆さんの頑張りでFBな全日本が開催されました。細かなトラブルは有った様ですが、それを打ち消すFBな大会でした。
お世話になりました。

2013年10月19日 (土)

2013年全日本ARDF競技大会 (エキシビジョン 3.5MHz)

10月19日(土)20日(日)富山県砺波市の「富山県砺波青少年自然の家」で開催された「2013年全日本ARDF競技大会」へ参加しました。

行き帰り羽田から飛行機でした。(JH1BVS三村さんと一緒でした)

エキシビジョン 3.5MHzは青少年自然の家をスタート、ゴールで南側を使った設定でした。
1 80m_all
M60は80m、2mともTX1,2,3が指定されました。
TX5,TX4は通り道にあり、全てのTXをゲットしました。エキシビジョンの為か好タイムの設定でした。(走らないと勝てない!!)

TX3
80m_31 80m_32
スタート後に電線の有る道路をドンドン下ってしまいました。早く西に行かなければ・・・
同じM60のYさんと一緒でしたので同じ道を走るのはいやなので、地図の北東端の道を選びましたが、民家と電線に悩まされ、Yさんの後を追いかける様になりました。
山勘で西側の道へ行きましたが大外れ、Uターンでした。

TX5
80m_5 Uターンした道に戻り、大廻、池の傍にTX5がありました。不要ですがチェックしました。SIスターションにSIチップを差込んでも無音?スタッフの方がメモをされていました。ISスターションの誘導コイルの接着が剥がれ断線した様です。(予備と取替えをされた様です。ご苦労様)

TX1 TX4
80m_1_4
スタートは2グループでしたが、モタモタしていたので、ドンドン後の選手が来ます。
他の選手に引張られ、難なくゲットできました。!!

TX2
80m_2
帰り道を考えていたら、その方向がTX2です。田んぼを渡り、山登りです。

ビーコン ゴール
80m_b
キツイ山越え、高校生にドンドン追い抜かれます。
尾根道、皆さんに引張られ、東に行きかけましたが、??
Uターンをしてゴールに向いました。

結果
【M60クラス】  参加者数 20名
    1 JH5FUL     松浦 孝行        0:50:33 (3)  [123**B] 四国_愛媛
    2 JE1XXO     谷田部 幸行      0:51:01 (3)  [123/*B] 関東_栃木
    3 JA7EWX     西内 秀一        0:56:11 (3)  [123*/B] 東北_福島
    4 JR1EYZ     大野 政男        0:58:40 (3)  [123//B] 関東_栃木
    5 JA0HWC     丸山 正          0:59:48 (3)  [123/*B] 信越_新潟
    6 JA3LBS     永田 実          0:59:56 (3)  [123//B] 関西_兵庫
    7 JR1CHU     金重 好美      1:01:14 (3)  [123**B] 関東_神奈川
皆さん早い、他のクラスもトップは40分台、走力が必要な設定でした。

記念局
8N9ARDFがPRで夏からQRVしていましたが、もう1局ありました。
3.5MHzのゴールビーコンのCallが8J9OKBでした。この局のCallサイン当てクイズが実施されました。JARL NEWSにも載っていない?何の記念局?
Oお得で K簡単 B便利 総務省の電子申請・届出システムLiteのPR局でした。
Dscf7041c Dscf7042c
Callサイン当てクイズ Logが当りました。
夕方8J9OKBが430MHzでサービスしていました。ハンディー機でQSOしました。
どんなカードが来るか楽しみです。

2013年10月 9日 (水)

ATS-3B用パワーアンプ 修理

7月18日に壊したPA(パワーアンプ)を修理ました。また、一緒に作ったJA1XEQ佐々木さんから、見て欲しいと、春に預かったPAも一緒に見ました。
Dscf7024c
戻せるように、修理前に元に写真を撮りました。
ファイナルのFET(IRF510)2個と、これを留めている「プラねじ」も交換しました。熱の為かネジが緩んでいました。
Dscf7029c_2 交換部品
交換後パワーを測りました。1W入力で9W出ていました。OKとしましょう。

佐々木さんのPA
2ヶ所、不具合が有りました。7MHzバンドだけですが、私と同様1W入力で10Wに調整しました。
Dscf7032c Dscf7033c 上(左)が佐々木さんのPA
佐々木さんは大型のヒートシンクを選んでいます。RTTYもOKかな?

実戦では使った事は有りません。ATS-3B元気が良いので使う必要は無いようです。
出力の少ない、KX1(3W)などに使ってみようと思います。

2013年10月 8日 (火)

2505 竜泉寺の湯横濱鶴ヶ峰

湯けむりのBリスト、自宅から北東方向(川崎、横濱北部?)が6ヶ所あり、残さない為(最後に毎回、同じ方向ではウンザリしますので)2ヶ所ある旭区へ出かけました。

行きは(青)アップダウンの少ない厚木街道、R16号で行きました。道幅が狭く(追越禁止が多い)通勤時間帯は避けるコースでした。帰り(黄)は、片側2斜線の中原街道で戻りました。
Zentai Photo
コンビニのコーヒーで一息入れました。温泉の周辺は山坂のアップダウンの多い住宅地です。
Dscf7014c Dscf7015c
温泉に寄り看板の前でパチリ、早朝から営業しており、警備のオニーさんに撮ってもらいました。温泉には入りませんでしたが、駐車場が広いです。
Dscf7016c Dscf7017c Kouen
温泉の北西5-600mの旭台中央公園でQRVしました。公園の名前から高台と?予想して行きましたが、谷間の公園でした。(温泉は高台で駐車場のQRVがFB?)
Dscf7020c Dscf7021c
ベンチの上の桜の木から公園の中央の桜の木にLWを張りました。
到着した時は曇っていたので適当なベンチを選びましたがガンガン照りで閉口しました。
自転車で日陰を作りRigを直射から守りました。

交信
7:58 ~  8:58  7MHz   SSB 18局
9:15 ~ 10:05  7MHz  CW 51局
10:29 ~ 11:05 10MHz  CW 28局
11:28 ~ 11:35  7MHz  RTTY 3局
Dscf7019c Dscf7018c
右側の小物は、左からRTTY-PCインターフェース、PC充電器、USB4CW

問題が2つ明らかになりました。
(1)RTTYは10WではHigh Tempになる。大型ヒートシンクを付けましたが、気温が高かった為か10-15分でHigh Tempになります。後半は5Wにしました。
(2)PCがハングアップ RTTY運用中、PCがハングアップしました。内臓電池が少なくなると音声でアナウンスが出ますが、音声はRTTYに使っており聞き落とし、電池切れ?
あわてて予備電池+充電器(14V→16V)で充電しました。
(1)やはり5W運用かな(2)電源表示ソフトの確認と2-3時間経過後は充電開始か

RTTYはまだ安定した運用が出来ません。
お相手頂いた各局にはご迷惑をお掛けしました。SRI
OPの操作不慣れを含め、当分ご迷惑をかけながらマスターしたいと思います。

本日のData
Tm 2:20  Dst 46.8km  Av 20.0Km/h  Mx 41.5Km/h  Odo 4991.5Km

2013年10月 7日 (月)

ARDF審判員講習会 受講

10月6日(日)調布市の電気通信大学で開催された、審判員講習会に参加しました。
9時から15時(昼休1時間)久々に、長時間机に付いていました。
木の椅子がキツカッタですが、講師のJE0GTT折井さんの経験を踏まえた、お話で時間の経つのを忘れていました。

参加者 大学生を中心に12名(内1名YLさん)
参加費 講習参加費(教科書代) 1000円
     B級審判員申請料     1000円
他   写真、返信用切手

Dscf7012c Dscf7013c
ARDFハンドブック 親切に書かれています。

また教材にビデオを見せていただきました。JARL作成は20年以上前の?物で、皆さん若いです。!!

以前は、審判員資格は持っていましたが、更新をサボり無資格になっていました。
今年の春(5/12)の関東大会は無資格審判で、清水さんにご迷惑をお掛けしました。

机の中から出てきました。
Dscf7008c
FOXテーリング協会発行です。(講習無し 故JR1HHL鈴木さんから「大会やるのに審判員証が無いと困るだろう」と頂いたものです。)
Dscf7009c Dscf7010c Dscf7011c
JARL発行の物です。(晴海のハムフェアで受講)

これで大手を振って審判が出来ます。
でもARDFは走る方が(選手)楽しいです。(審判や大会の開催も楽しくなるまで、やらなければ・・・・)

2013年10月 4日 (金)

2512 稲村ヶ崎温泉

夏の暑さで「チャリで湯」サボっていました。近場の鎌倉へ行きました。
稲村ヶ崎はR134号を走る時、用足しに立ち寄っていました。
お天気は曇りでしたが、気温が低く、ウインドブレーカを忘れ、ローカル局のJA1XEQ局に届けてもらいました。

Iki_kaeri Qrv
何時もの引地川サイクリングコース、R134で行きました。

Dscf6994c 天気が心配で温泉には入らず、並びのレストランでお昼をしました。
QRVは公園の東屋を使わせてもらいました。
(交信)
7:02 ~  7:41 7MHz SSB  7局
8:05 ~  8:58      CW 53局
9:16            RTTY 1局
9:33 ~ 10:29     SSB 25局
10:36 ~ 10:51 10MHz CW 5局
(7MHzのRTTYで交信(4局?)しましたがLogされていませんでした SRI)

お空のコンディション、QRVの場所もFBだったと思います。
SSBで2度出ましたが、最初は7102KHzでラグチューを、2度目は7034KHzでショートQSOでした。周波数でQSOのスタイルを変えないといけません。
今回からUSBIF4CWを使い、HMALOGをリンクさせ、パドルを使わない送信をやりました。
ほぼFBに動きました。ファイナルが「決まり文句」で、「冷たい感じ」だったかな?平日のゆっくりQSO向けの文言にします。
2度目のRTTYのLOgが旨く入らなかった件、私の失念でしょう。操作方法を見直します。

Dscf6997c Dscf6999c Dscf7001c
松の木にANTを張りました。江ノ島です
Dscf7002c Dscf7005c Dscf7006c
説明は不要でしょう。

本日のData
Tm 1:25  Dst 27.5Km  Av 19.4Km/h Max 34.9Km/h  Odo 4944.7Km

2013年10月 3日 (木)

KX3 RTTY 不安定対策(3) 大型ヒートシンク 実力は?

過去ボログ7/18、8/23で大型ヒートシンクを付けましたが、暑さとQRL(遊び)で、効果(実力)をみる事が出来ませんでした。9月の末に、2度目のサラリーマンを首になり、時間がとれました。
KX3はファイナルのPA(パワーアンプ)とOSCの温度が表示されます。
PAの温度が60度を超えると、High Tempになり、10W→5Wに自動的に電力が下がります。
(ローカルのJA1XEQ佐々木さんがKey Downで温度60度を実験で確認してくれました)

(1)熱伝導ギャップシートの効果
大型ヒートシンクと本体(従来のヒートシンクを3mm厚のアルミ板に交換)の面接触の熱伝導をよくする為に、ギャップシートを貼ったので、実力を測定しました。
結論はほぼ一緒で無い方が良いかな?汚れや変形対策で貼り付けて使っみます。
Dscf6839c Dscf6986c
ギャップシート貼付前と後
KX3のTuneボタンで送信しっぱなし(12W)にして、PAの温度表示を見ました。
Gap_sheet
「heat_sinks.xls」をダウンロード
1-2度の差が有りますが、ほぼ同じカーブです。熱はしっかり大型ヒートシンクに伝わっていると思います。

(2)RTTY 送信
RTTYのCQを連続送信(12W)し受信し動作の確認とPAの温度を測りました。
結論はPAの温度が60度になると、受信が出来なくなります。
(送信の誤動作?High Temp検出?周波数のずれ?)
再チューンしても復調できず、KX3のOFF/ONで復帰?
7/18のボログを見ると、5Wで3-4回の送信で誤動作しているので、12Wで約30分OKなので効果は大きいと思います。
Rtty
青(温度が低い)が送信開始の時の温度、赤が終わりの温度です(7-8度のUPです)

(3)ヒートシンクの保護
佐々木さんの提案でゴムのガードを貼り付けました。
放熱には少しマイナスでしょうが、落下にはFBと思います。
Dscf6987c Dscf6988c

Dscf6989c Dscf6991c
最終の形、ごつい感じになりました。

実戦で使ってみます。
Wの記事ではOSCの放熱も行っていますが、RTTYには影響は無いのかな?検討してみたいと思います。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

フォト
無料ブログはココログ