« 9th Reg3 ARDF チャンピオンシップ ホンチョン (6日目) | トップページ | 2512 稲村ヶ崎温泉 »

2013年10月 3日 (木)

KX3 RTTY 不安定対策(3) 大型ヒートシンク 実力は?

過去ボログ7/18、8/23で大型ヒートシンクを付けましたが、暑さとQRL(遊び)で、効果(実力)をみる事が出来ませんでした。9月の末に、2度目のサラリーマンを首になり、時間がとれました。
KX3はファイナルのPA(パワーアンプ)とOSCの温度が表示されます。
PAの温度が60度を超えると、High Tempになり、10W→5Wに自動的に電力が下がります。
(ローカルのJA1XEQ佐々木さんがKey Downで温度60度を実験で確認してくれました)

(1)熱伝導ギャップシートの効果
大型ヒートシンクと本体(従来のヒートシンクを3mm厚のアルミ板に交換)の面接触の熱伝導をよくする為に、ギャップシートを貼ったので、実力を測定しました。
結論はほぼ一緒で無い方が良いかな?汚れや変形対策で貼り付けて使っみます。
Dscf6839c Dscf6986c
ギャップシート貼付前と後
KX3のTuneボタンで送信しっぱなし(12W)にして、PAの温度表示を見ました。
Gap_sheet
「heat_sinks.xls」をダウンロード
1-2度の差が有りますが、ほぼ同じカーブです。熱はしっかり大型ヒートシンクに伝わっていると思います。

(2)RTTY 送信
RTTYのCQを連続送信(12W)し受信し動作の確認とPAの温度を測りました。
結論はPAの温度が60度になると、受信が出来なくなります。
(送信の誤動作?High Temp検出?周波数のずれ?)
再チューンしても復調できず、KX3のOFF/ONで復帰?
7/18のボログを見ると、5Wで3-4回の送信で誤動作しているので、12Wで約30分OKなので効果は大きいと思います。
Rtty
青(温度が低い)が送信開始の時の温度、赤が終わりの温度です(7-8度のUPです)

(3)ヒートシンクの保護
佐々木さんの提案でゴムのガードを貼り付けました。
放熱には少しマイナスでしょうが、落下にはFBと思います。
Dscf6987c Dscf6988c

Dscf6989c Dscf6991c
最終の形、ごつい感じになりました。

実戦で使ってみます。
Wの記事ではOSCの放熱も行っていますが、RTTYには影響は無いのかな?検討してみたいと思います。

« 9th Reg3 ARDF チャンピオンシップ ホンチョン (6日目) | トップページ | 2512 稲村ヶ崎温泉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504879/58326166

この記事へのトラックバック一覧です: KX3 RTTY 不安定対策(3) 大型ヒートシンク 実力は?:

« 9th Reg3 ARDF チャンピオンシップ ホンチョン (6日目) | トップページ | 2512 稲村ヶ崎温泉 »

フォト
無料ブログはココログ