« X1M | トップページ | 第22回茨城ARDF競技大会(1日目) 80m  YU2645サービス »

2013年11月27日 (水)

2513 小田原お堀端 万葉の湯

小田原城でQRVしましたが、余りにもFBな場所で注意を受け、片隅に移動しました。
また、色々なトラブルがあり、反省の移動運用でした。

Kiki Dscf7175c Dscf7177c
行きは寒川、平塚から1号線で行きました。大磯の休憩を含め約2時間でした。
まず万葉の湯でパチリ、小田原提灯でしょうか?

Dscf7179c  Photo 小田原城でQRVしました。

Dscf7182c Dscf7181c Dscf7180c
1回目のQRV地点 常盤木門(橋)下のベンチ、観光客の通り道で小生も??でしたが・・・ 8時半過ぎ、出勤中の?担当の方から「木にLWを張るな」との注意を受け、素直に退散(8:20~8:43 QSO)
Dscf7186c Dscf7184c Dscf7183c
2回目のQRV地点、小田原城の北東端(万葉の湯に一番近い?)に移動しました。
内堀から外堀に移動しました。(9:24~11:46 QSO)奥まった場所と平日の為か誰も来ませんでした。(反省 最初から隅っこで目立たないように!!)

QSO
J-クラスターにUPしていただきSSB/CWとも沢山の方に呼んでいただきました。
運用地点の移動やLID OPでご迷惑をお掛けしました。 SRI

 8:22 ~  8:43
 9:24 ~ 10:10  7MHz SSB 47局
10:42 ~ 11:34  7MHz  CW 47局
11:38 ~ 11:46 10MHz  CW  4局

コンディションに恵まれましたが、「注意」がトリガーになったのか、色々トラブル続発でした。まだまだ修行が足りません。!!
(1)LW アンテナのギボシが切断
 LWのアンテナエレメントは9mと20mをギボシでつないでいます。ハイバンドは9mだけで7Mhz以下は20mを接続しています。またワイヤーが木に絡んだ時はギボシが外れ下ろす事が出来ます。「注意」受けた後の撤収でギボシの付け根が断線しました。
Dscf7188c Dscf7189c 現地では親からもらったワイヤーストリッパー(歯)で対応、シャックでオスを交換しました。
(2)CoopHL-USBIF4CWが動かない。
SSBからCWへQSYし、「手抜きの送信」が動きません。!!??手打ちはOK??
下手な手打ちで対応しました。(ミスや乱れも味があって良いかな。??)
7MHzを終わって10MHzで試すとOK??シャックで再現、HAMLOGのModeがCWでないと自動送信はしない設定(初期値)になっており、SSBのままで悩んでいたようです。(現地ではQSOを始め、CWに書き直したようです?)KX3とPCの接続によるModeと周波数の取り込みをPCの省エネの為、止めていたのが敗因の様です。やはりBOKE老人対策が必要です。!!
(3)チャリのメーターがおかしい
前回の溝口温泉喜楽里でおかしくした様で、OdoとMax以外”0”のままです。
シャックに帰りリセット/再設定しました。

Kaeri_miss All
万葉の湯の前で「地魚定食」を食べました。
適当に走っていたら一つ上流の橋を渡っていました。
南西の風が強く、帰りは「楽チン」でした。

本日のData
Dst(Odo引算) 73.3Km  Max 42.5Km  Odo 5411.1Km

« X1M | トップページ | 第22回茨城ARDF競技大会(1日目) 80m  YU2645サービス »

チャリで湯(B)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504879/58658203

この記事へのトラックバック一覧です: 2513 小田原お堀端 万葉の湯:

« X1M | トップページ | 第22回茨城ARDF競技大会(1日目) 80m  YU2645サービス »

フォト
無料ブログはココログ