« 2507 港北温泉 | トップページ | 2516 相模 下九沢温泉 湯楽の里 »

2013年11月15日 (金)

ATS-4b 組立

2011年11月11日11時11分発売のATS-4bを買いましたが、箱入り娘のままでした。
http://jr1chu.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/111111111111-b8.html
http://jr1chu.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/-4-d634.html

ATS-4の組立もすっかり忘れていました。FBなマニュアル(写真や部品配置図)により何とか3日で組みあがりました。
コイル巻きが簡単でした。(ATS-4は受信側もトロイダルコアに1次(ATN)2次(同調)を巻くのでタップが面倒でしたが、RFCコイルの2段同調になていました。)

Dscf7107c やはり半田不良(イモ半田?)が2ヶ所?有りました。
(半田鏝は中太の20Wを使っているのですが・・・・ 極細の?IC用22Wは使いません)

(1)受信音にガリガリ音が入る。オーディオのOPアンプを叩くと、良くなったり悪くなったり、基板を叩くとマイクロフォニック音が入る。
Dscf7106c オーディオのOPアンプのU3(LM4808)周辺を再半田したらOKになりました。(ルーペでは見つかりませんでした)

(2)送信で3.5MHzが1.5W位しか出ません。LPF辺りのイモ半田かな?
Dscf7105c 左端が3.5MHzのLPFのコンデンサーです。トロイダルコアは表面に有り、裏面が半田面です。コイルのエナメル線を再半田でOKになりました。
(1)(2)とも自分でミスして自分で楽しみました。!!

Dscf7129c 既に増設の申請は済んでおり、最初にシールを貼りました。
18MHzと21MHzはどちらか選択で、今回は18MHz(17M Band)にしました。

出力測定(電源13.8V)
80M 6.9W  40M 6.8W  30M 6.2W  20M 4.2W  17M 5.5W でした。
20MがATS-4と同様出力が少し低いようです。LPFの検討が必要かも?

Dscf7134c ATS-4とご対面です。電源スイッチの取り付け、受信のBPFやオーディオ回路の変更など改良されています。

Dscf7135c Dscf7137c
11月4日JARL神奈川県支部主催の「ハムの集い」で購入したLi-ion電池(Np120)を4直列にして使い始めました。ハンディー機やQRP機の電源に丁度いい様です。

使用感
午後から国内の移動サービス局を呼んでみました。10MHz、7MHzで各3局交信できました。QRPの為、順番待ちにはなりますが、問題は無いようです。
Audio AGCなど受信のフィーリングもFBです。
CWに限定すれば移動運用にはコンパクトでFBなRigです。コマンド(使い方)をリフレッシュして、連れ出したいと思います。
オット、PSK31の確認もありましたね。

« 2507 港北温泉 | トップページ | 2516 相模 下九沢温泉 湯楽の里 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504879/58580661

この記事へのトラックバック一覧です: ATS-4b 組立:

« 2507 港北温泉 | トップページ | 2516 相模 下九沢温泉 湯楽の里 »

フォト
無料ブログはココログ