« 2519 あしがらの温泉おんりーゆー | トップページ | ARDF忘年会2013in東京 & 湯けむり「蒲田温泉」移動 »

2013年12月21日 (土)

X1M用 AF-DSPフィルター

X1Mの不都合の一つ、CWフィルターが無く、SSBフィルターで受信しており、2-3局聞こえると、LID OPの私はコピー出来ません。X1Mの中にCWフィルターを組み込む技術は無く(FT-817から外した500Hzのフィルターは有った筈ですが・・・)外付けのAFフィルターを追加しました。
X1MのWのディストリビュータのHPには製品(OP AMP型?)が有りましたが、貴田電子設計のAF-DSPフィルターを組立てました。
Dscf7310c Dscf7316c 30F3012を使ったAF-DSPです。
Dscf7308c Dscf7311c SSBとCW共用です。CWは中心周波数は600/800Hzが切れかえられます。
Dscf7306c Dscf7307c Dscf7309c
CWの中心周波数600/800Hzが瞬時に切り替えられるように、スタンバイスイッチにの様に、片側がはね返りのスイッチを使いました。

使用感
他のAFフィルターを使ったことが無いので(FT-767のAPF(Audio Peak Filter?は重宝しましたが・・)比較はできませんが、「よく切れる」感じです。CWフィルターの500Hzと同等以上です。SSBも下限が350Hzと500Hzの2種類がプログラムされていますが、ノイズやQRMの時はQRKがあがります。

問題
早速X1Mに接続して使ってみました。スタンバイの時の立上り(送信→受信)が悪く、「ヒューン」と言った感じになります。相手局の頭切れ(JA4CGUが?A4CGU)になります。
また、X1Mのサイドトーンの周波数とフィルターの中心周波数が合わないのか、サイドトーンの音量が小さくなります。X1Mの調整、他のTRXとの接続など検討してみます。
電源電流、実測はしていませんが、マニュアルでは約190mAとか、QRPにはチョット・・・ですね。小型のパッシブフィルターかなー?

« 2519 あしがらの温泉おんりーゆー | トップページ | ARDF忘年会2013in東京 & 湯けむり「蒲田温泉」移動 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504879/58792890

この記事へのトラックバック一覧です: X1M用 AF-DSPフィルター:

« 2519 あしがらの温泉おんりーゆー | トップページ | ARDF忘年会2013in東京 & 湯けむり「蒲田温泉」移動 »

フォト
無料ブログはココログ