« NYP参戦 | トップページ | 大山初詣 2014 »

2014年1月10日 (金)

津山PSN634 (DDS VFO 昇天)

2008年秋にQRPクラブから配布を受けたPSN634が基板を組立んだままで、放りだしていました。サンデー毎日になり、片づけも兼ねて再挑戦をします。
手始めにオフションで配布を受けたDDS VFO(完成基板)を動かしてみました。(コネクター作り)
バックライトの配線を間違い「異臭」!!DDS,PICのICが昇天し?せっかく配布を受けたDDS VFOを諦めました。(新年早々縁起が・・・・です)

配布直後にメールで注意を受けていたのですが、「失念」です。
メールをもらたときは「解ったつもり」で、マニュアルの修正をしていませんでした。
Dscf7381c 
ここまではFBに動きました。固定機でDDSの出力を確認しました。ロータリーエンコーダーを廻すと少しクリック音が気になりましたが。

Dscf7392c Dscf7387c
原因はLCDのバックライトの外部電源(9.0~13.5V)を別にとるか、LCDのVDD(+5V)を使うかの選択でJ3の接続があります。ここをショートし、なおかつ外部電源を繋いだので、+5Vラインに13.5Vが回り込みICが昇天しました。

Dscf7386cDscf7389c+5V +3V RegIC外しましたが、+5Vライン(DDS,PIC)の直流抵抗が12Ωで極性が無く、ICが昇天していると思われます。
PICを交換してもソフトが無く修復は諦めました。

マニュアルを修正しておかなかったのが悔やまれます。
また、スモークTESTの電源は006Pの電池(ATSシリーズは指定しています)を使わなかったのも、反省です。
「貴田電子」などでDDS VFOが有るので、検討します。

« NYP参戦 | トップページ | 大山初詣 2014 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504879/58918285

この記事へのトラックバック一覧です: 津山PSN634 (DDS VFO 昇天):

« NYP参戦 | トップページ | 大山初詣 2014 »

フォト
無料ブログはココログ