« パークARDF 青葉の 代々木公園 | トップページ | ハムフェア2014 出展者説明会&移動運用(東京都江東区) »

2014年7月 2日 (水)

KX3 リニアアンプ2種 (FL-110修理)

ローカル局のFL-110いい加減なチェックで「OK」で返したら、戻ってきました。!!

スタンバイ回路
私の作ったケーブルを参照に作る様にお願いしました。FL-110は12Vのリレーを直接引張っており、電流を測定してからKX3へ接続する様にコメントしました。「70mA流れる」30mA位が常識、XK3の仕様をみると「30V100mA」、EDCさんへ相談、小型リレーを1段入れました。
Dscf8310c Dscf8313c
手持ちの12Vのリレーです。駆動電流実測13mAです。ICOMのTRXも接続したいとの事、裸です。!!

片肺運転/修理
小型電源HPS-1aに接続して使ったら、
出力が約50Wしか出ない(100Wリニアです!!)
電源電圧が下がり、同じLineのKX3がLow電圧を検知(電流が流れ過ぎ?HPS-1a容量不足?)
再再度戻ってきました。

モトローラーのSRF1427のプッシュプル回路です。片方の石が飛んでいると思われます。
調査・修理のDataは添付Excel表をご参照
「110.xls」をダウンロード

Dscf8293c Dscf8295c
BPFの下にSRF1427が有ります。
Dscf8297c Dscf8300c
取り外し、苦労しました。温度補償のDiがある方が不良
C-Eがショート状態でした。
Dscf8302c
ヤフオクで2K¥/個、よく手に入りました。
Dscf8303c
アイドリング電流を再調整してOK
5Wドライブで100W出ます。

KX3+FL-110を小型電源HPS-1aで使ってみました。
(5Wドライブ、100W出力)KX3の電圧表示がSSBでは13.5V~13.0Vですがキャリアーの連続だと11V以下になります。HPS-1aの実力はSSB/CWの100W機までの様です。移動用の小型・軽量が売りの電源と思います。

QRPハンドブックは有りますがリニアアンプハンドブック?は有りません。また10WまでのPowメータ、SWRメータは2-3個有りますが100Wクラスが有りません。ジャンク箱から古いSWRメーターやダミーロードを引っ張り出して何とか対応しました。
またHJ(ハムジャーナル)20号(1979年10月発行)「最近のHF帯用大電力トランジスター」(使用上の注意と具体的な回路)が参考になりました。最近の記事はMOS FETばかりです。
シャックには昔作った2Tone Gen(KX3は内臓!!)や、GigaStが有ります。スプリアスやIMDを測れば・・・ 面倒です。!!

« パークARDF 青葉の 代々木公園 | トップページ | ハムフェア2014 出展者説明会&移動運用(東京都江東区) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504879/59915018

この記事へのトラックバック一覧です: KX3 リニアアンプ2種 (FL-110修理):

« パークARDF 青葉の 代々木公園 | トップページ | ハムフェア2014 出展者説明会&移動運用(東京都江東区) »

フォト
無料ブログはココログ