« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月20日 (木)

ID-51(2m) + 1200MHz トランスバーター DV(DR) 初QSO

ARDFの全国大会の前にマキ電気さんへお願いしたUTV-1200B2Pの調整が完了し、11月17日に戻ってきました。
納品書を見ると11月16日の発送、日曜日にも拘らず早々の対応に感謝です。TNX

早速ID-51(2m)とUTV-1200B2Pを接続してアナログのリピータに接続してみました。
ANTはベランダのディスコーンANTです。快調にアクセスできます。
特にD-STARと一緒にリピーターがある?海老名はガンガンです。
(海老名1200MHz 1292.86MHz → 145.86Mhz)

次にいよいよD-SRTAです。

ID-51の設定は海外(W)で2mのD-STARへのアクセス方法を参考にしました。

近くには下記2局があります。
湘南工科大学1200(DV) 1291.43MHz (144.43MHz)
海老名1200(DV)    1291.41MHz (144.41MHz)

(1)奇数CHなのでチューニングステップを10KHzへ変更
  QUICK-TS  Auto → 10KHz

(2)送受の周波数のオフセット(20Mhz)はトランスバーターでやっているので”0”に設定
  MENU-DUP/トーン設定-オフセット周波数  5MHZ → 0

(3)リピーターモード(DV)にするため、DUPに設定
  ここがで躓きました。
  オフセット”0”だから不要と思ったのですが、間違いでした。
  DVモードからDRにするのはここを見ているようです。
  +-どちらでもOK
  QUICK-DUP OFF →  -DUP 又は +DUP

ここまでを事前に設定します。

(4)周波数を合わせます。海老名1200 144.41MHz

(5)Callメニュー設定
  ID-51はDRボタン長押しで430のD-STRAに設定でき、
  後はリストから選ぶだけで、便利ですが、
  ここからはD-STARの基本?に拠って設定です。
  (以前のRigの方はこれをやっておられたと思います)
  MENU-コールサイン
  (以下海老名1200 JP1YJX B を例にします)

(5-1)山掛け(ダイレクト?)
    UR:CQCQCQ
    R1:JP1YJX B (使用リピーター)
  R2:NOT USED*
  MY:JR1CHU (自局設定で設定済み)

(5-2)湘南工科大や海老名には1200と430両方があります。
  1200⇔430の山掛けが出来ます。

  UR:CQCQCQ
    R1:JP1YJX B (使用リピーター 1200)
  R2:JP1YjX A (  〃       430)
  MY:JR1CHU (自局設定で設定済み)

(5-3)ゲート超 エリアCQ(湘南工科大430 JP1YJV A)
  まず
  R2:NOT USED* をGWに設定 R2:JP1YJX Gになる
  次に
  R1:CQCQCQを選び中央の決定ボタンを押し相手局選択で
     相手リピータを設定します。
     リピーターの場合、
     頭の1文字目は”/”が入ります。/JP1YJVA
  UR:/JP1YJVA (相手局リピーター A(430)又はB(1200)付き)
    R1:JP1YJX B (使用リピーター)
  R2:JP1YJX G (  〃 ゲート)
  MY:JR1CHU (自局設定で設定済み)

(5-4)ゲート超 コール指定の場合
    Callがそのまま入ります JA4CGU
    (RX→CS、受信来歴、個人局設定で入れると便利です)
-----------------------------------------
*ローカルのOMからご指摘がありました。 TKS
(誤記 /が入らないのでQUICボタンを押し編集で/を追加
     → /は不要)
-----------------------------------------
  UR:JA4CGU (相手局コールサイン指定)
    R1:JP1YJX B (使用リピーター)
  R2:JP1YJX G (  〃 ゲート)
  MY:JR1CHU (自局設定で設定済み)

問題

(1)コールサインの設定が面倒
  ID-51のDRボタンに慣れたから? 
  間違え設定でご迷惑をおかけしています。SRI
  (トランスバーターが430からUPならもっと便利かな??)
  ID-51のメモリーへ基本部分を入れた。
  メモリー 3A 湘南工科大1200 山掛け
   〃   3B 海老名1200    山掛け
   〃   4A 湘南工科大1200 GW
   〃   4B 海老名1200    GW
    もっとスムーズな使い方が出来ると思います。マニュアルを再読です。!!

  
(2)1200MHzのトランスバーターおよびANT系不安定?
  (2-1)ANT(12el八木)とトランスバーター(出力約1W)では
     アップリンクが厳しい
     湘南工科大学の受信信号がフルスケールなる
     ANTの位置は2箇所位で風が吹くとTV用ローテーターでは
     フラフラです。HI

  (2-2)トランスバーターの周波数ズレ?
           UTV-1200B2Pの局発の調整はマキ電気さんで
     行ってもらいましたが、VXOのVRが付いています。
     また水晶は57MHz×20逓倍です。
     オーブンなど無く、裸です。温度変化があると思います。
 
もう少し使い込めば慣れや、便利な使い方が解ると思います。
早急な対応を頂いたマキ電気さんや、調整のご相手頂いた各局へ感謝です。

先に書いたD-STARのDV/DRモードでのCW(F2Aモドキ)は運用しても良さそうなので、総通へ2mの20Wパワーブースターと一緒に、変更届けを出しました。
どうなりますやら?

2014年11月 7日 (金)

ID-51 変更届 (430MHz 10W PA 、1200MHzトランスバータ)

ID-51が我が家へ来て約1年経過しました。何時も利用させてもらっている。湘南工科大430リピーターは全国一いや世界一?の利用の様です。お友達が沢山できました。
「1200MHzは空いてるよ」との事ですが、1200MHzのD-STAR用のRigは高くて手が出ません。

D-STARのアダプターの作成記事が有りましたが、レベルが高く理解できません。!!
そういえば、昔使っていた1200MHzのトランスバータが有ったはず。
ジャンク箱をかき混ぜました。
出てきました、(1)マキ電気UTV-1200BⅡ-Pと(2)マキ電気のキット(菓子箱入り)の2台が出てきました。(2)は年代物で動かすには難儀をしそうです。
両方とも2mからの持ち上げです。
Dscf8563c 
トランスバータの水晶を手配しました。UTV-1200BⅡ-Pはシンプレックス用に
Bch 1294~1296MHz(144~146MHz)
Cch 1296~1298MHz(144~146MHz)の2chが入っていました。

リピーターは1290MHz~1293MHzです。
アナログは1291~1293MHz
D-STARは1290~1292MHzの様です。
全体が3MHz巾あるので、アナログ/D-STAR用を選択しなければなりません。

近くのD-STARリピーターは湘南工科大学1291.430MHz、海老名1291.410でアナログ用1291~1293MHz(OSC R 57.35MHz  T 56.35MHz)を選びました。
Dscf8560c_2 Dscf8562c
早速実装してみましたが、周波数が離れている為パワーが出ません。
Dscf8564c Dscf8567c Dscf8568c
マキ電気さんへTELしたら調整をしてくれるとの事、免許が下りたら頼もうと思います。

電子申請で10Wのパワーアンプを含め「変更届」を出しました。
Dscf8558c Dscf8559c
20W以下は保障認定は不要と思い、総務省へ直接申請しました。
「14_10_07_38.xls」をダウンロード
10月 7日受付
10月28日審査終了
同じ免許状のハズなので、免許状の返送用のSASEが必要か?総通へTelしてました。
「発行日が入った免許状が出ています。変更届けの証にSASEを送ってください。」との事、運用はOKとの事でした。
Dscf8615c
免許状が2枚入っていました。??
Dscf8616c Dscf8617c
今月の23日で再免許(手続き済み)です。ご丁寧に23日までと、5年後までの2枚が来ました。 TKS (お役所仕事ですね!!)

ローカルのOMさんが「D-STARでのCW」と言っておられました。
Hed・SetのスタンバイBoxの中にAFの発信機を入れればOKかな?
電波形式はFMがF2A、D-STRAはF7Wは何でも有りでF7Wのままかな?
D-STARの仕様書を見ると音声系通信は音声・音響信号と明記されています。音響系のCWはOKと思いますが、相手をしてくれる方は・・・

20W以下の「変更届」SASEの切手代だけで遊べます。悪乗りして2発目を出そうかな?

2014年11月 2日 (日)

430MHz アナログリピータ 再構築

山梨県のOMから430MHzのアナログリピータの再構築を依頼され、CQ誌の記事を参照に何とか,動かすことが出来ました。
「安請け合いは大怪我の元」いい勉強をさせて頂きました。HI

元は八重洲製のリピーターが山の上にあがっていたのが壊れ、モービル機2台で(アルインコDR-420DX)送受信を行うようにOMから依頼がありました。(OMは体が不自由になり作成を依頼されました)
「別冊CQ誌No6 P128~のJI1OBJ葛原MOの記事を真似ました。

Repcont_b_2 最終図面です。

アルインコのモービル機DR-420DX2台が到着するまで、ハングアップタイマ+ミキサーを作成しました。
秋月のタイマー及びRec/Playキットを組みました。(Rec/Playは音が硬いですが・・・)
これらの電源は受信側のDR-420DZ D-SUB 8Pinから採る設計でしたが・・・・
タイマーは5Vで動く様に12Vの回路は外しました。

(問題1)
ハングアップタイマー時間が0秒?
手持ちのTTL ICの7404を使った為で、CMOSの4059にしてOKになりました。久しくTTLを触っておらず、設計ミスです。(30円のICを買いに交通費1K\でサトー電気へお邪魔しました!!)

Dscf8591c

Dscf8592c Dscf8593c Dscf8594c
Rec/PLay    タイマー(3端子Reg無)  ハングアップタイマ 

ネットからDR-420DXのマニュアルをDLして設定項目を確認しました。
OMからDR-420DX×2台とディプレクサが届きました。

(問題2)
DC5.0Vが出ない?パケットモードにしないと5Vが出力されません。(マニュアル不親切)
ID送出時には電流が65mA位流れスペック(50mA)オーバーでタイマーの12V→5Vの3端子Regを使う様に変更しました。
アルインコさんへTelして確認をしました。回路図を送って頂きましたまたリピータのアドバイスを貰いました。TKS

(問題3)
変調が浅い、(RXの出力はD-SUBの4Pinではゲイン不足)RXのスピーカーに変更。

送受別ANT(ハンディー機のWhip)で何とかリピーターの動作が出来る様になりました。

(問題4)
ディプレクサに接続するとパワーが出ない。!!??
Dscf8600c ディプレクサは送受とも2本直列です。八重洲の調整マニュアルを送ってもらいました。各々に最大点と最小点の調整ネジが有ります。
調整済のハズなのに??
色々やっているうちに、FBなケーブル(OMに送ってもらった8Dの1m長)ではパワーが出ず、手持ちのPoorなケーブル(3Dの1.5m)ではOKになりました。
トランシーバーの出力とディプレクサ間の問題でした。SWRはFBなケーブルでは限りなく1.0、Poorなケーブルは1.7近くです。??

OMの送ってくれたケーブル不良?(古い?)
M-Nのケーブルを作ってみましたが、やはりパワーが出ず。??
Dscf8595c Dscf8596c
半田不良を疑ったケーブル(SRI)
ハンディー機の1W→10Wリニア(保護回路無し)ではバッチ10Wでます。!!
APC回路が働いている様です。

回路図は複雑怪奇?でアルインコさんへTelしました。自己責任でR234(33K)を大きくするか外すとAPCが働かなくなるとのアドバイスを貰いました。

山梨への持込が近く、「TRXを壊しては」と思い、Poorケーブルで「ゴマカシ」です。!!
デュプレクサの再調整(PoorケーブルでTRXとSWR計+ダミーロード)をやり、何とか16W位出るようになりました。(リピータは10W免許)

(問題5)タイマーが壊れた
Dscf8597c Dscf8598c Dscf8599c
ヒートランをやっていたらIDが時々喋らなくなり、最後は喋りっぱなし、タイマーのコントローラーと3端子Regが発熱、コントローラーが昇天しました。秋月へ連絡したら草々に代品を送ってくれました。(+5VがTRXから採れず、3端子Regを外し/再取付でイジメたから?)

我が家での最終
Dscf8601c Dscf8600c_2
Dscf8603c Dscf8604c Dscf8605c
TX側3D-2V   受信側     ANT側
Dscf8606c Dscf8607c
タイマー(左基板)には3端子Reg取り付け、左下から12V供給

現地搬入
11月2日(日)JA1XEQ、JH1BVS局の協力を頂き、山梨へ収めに行きました。
Dscf8613c Dscf8614c
OMの自宅   リピータ設置の車庫&作業場
Dscf8611c Dscf8609c
リピータ用ANT 車庫の庭に仮設置
FBなお天気でした。庭に仮置きで帰ってきました。
以前の様に山頂では無いのでエリアは狭くなると思いますが、中央道でバッチリ動いていましたのでOKと思います。
ローカル局と一緒にFBなケースに収納される予定との事でした。

山梨のOMにはリピーターの勉強をさせて頂き、有難うございました。
お昼は奥様のFBな手料理を頂きました。
何かあれば応援に行きたいと思います。
アルインコさんには何度もお世話になりました。
有難う御座いました。

PS 10月の中頃からリピータへ、かかりっきりで、ボログの更新、移動運用もせず(J-ClusterのUP無し)町田のオニーさんに「生存確認メール?」を貰いました。!!
ご心配をお掛けしました。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

フォト
無料ブログはココログ