« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

430 アナログリピータ その後

1月31日(土)設置を含め4回目の訪問をしました。??!!
今回は一人で電車で行きました。前日の雪が残っており、朝はペンギン歩きでした。

経過をまとめて見ます。

11月2日(日)仮設置 ボログご参照
11月21日(金)修理(レコーダ他)/ANT工事(表→裏へ)
(ANTを取替えたらNG、時間切れでモービルホイップ仮設)
12月4日(木)ANT工事(ANT取替)レコーダIC取替え
  Kimg0008 Kimg0007 Kimg0006

年末、機嫌伺いのTELをしたら、「ID送出が出来なくなった」?との事
年明けにモービル機X2台とコントローラを送ってもらいました。
1月31日(土)戻し

交換部品

Dscf8701c
タイマー基板のパターン(GND)焼損(左、下)??安全のため+側にヒューズを入れましたが・・・ 基板を取替えました。
Dscf8707c
レコーダ基板ICを取替ても動作が不安定ICソケットの焼損(11月21日見落し?)
基板を交換しました。
Dscf8699c 山梨のOM体が不自由になられ・・・・
ピンが抜けています。交換しました。
タイマーを別のものにするか悩みましたが、予備の基板もあるので、元通りにしました。私の所で約10日ヒートラン(不***)を行いましたが正常でした。

モービル機の出力がダミーロードで15W位です。
送受を入替えたら20W出ます。送受入れ替えました。(免許は10W出ればOKです!!)
現地では10Wのミドルパワーに設定しました。

電源ケーブル先端を圧着端子にしました。約1時間半で何とか元に戻りました。
ローカル局がお見えになり、OMの工場や「リニア見学センタ」を見せていただきました。TKS
OMから聞いた話ですが、近くのリピータ(アナログ?)管理団体の方が見学に見えたとの事でした、機器が古くなりメーカー修理が難しくなった様です。
奥様手作りの美味しいお昼をいただき、14時12分の電車で失礼しました。
大月駅からFBにリピーターが開きました。

2014年12月21日 (日)

ARD忘年会 & 秋葉原買出し

年末恒例の忘年会に参加しました。

今年は副幹事?の佐藤さんの地元川崎で開催されました。
夕方からの開催だったので、お昼から秋葉原へF2A KeyerのSMT化の部品の買出しをしました。

忘年会
CHUBOはっぴ仲見世店(今年は川崎の貨物駅SSのサービスでお世話になったバス停の先です)
Dsc00793c 全員です。(神奈川、東京、埼玉)
山上さんからハムフェアの会計報告がありました。会計は本職の?佐藤さんへの引継ぎのアナウンスもありました。またマジシャン吉室さんの「南京玉簾」のご披露がありました。
恒例のプレゼント交換(各人1K¥のプレゼントを持参し、「キツネ追いしかの山ー♪ 近道したかの川♪ 夢は ・・」で車座で廻します)
Dscf8631c 私はラブレター?でした。(YLさんは2+2名参加)
Dscf8632c Dscf8633c Dscf8634c
丁寧な取り扱い説明書がついていました。
(来年の成績は、いや健康はバッチリでしょう)
ちなみに私は自分に戻って来ても良いように?パックコーヒーでした。(後日談あり)

秋葉原買出
Dscf8626c Dscf8629c
今回の本命はこの2つでした。
ID-51のMic SP用の3.5mmと2.5mmのL型スリムプラグが手に入らず、近所のOMさんにSOSを出したら「秋葉原で買え」とのこと、スイッチ、コネクタのお店で「プラグだけ」を聞くと「無い」との事、ボロボロのヘッドセットの現物を見せると「ケーブル付なら上に在る」正面を向くとぶら下がっています。両端プラグ付2mのケーブルを買いました。陳列棚(下向き)では気づきません。やはり店の親父(オニーさん)と会話をしないと・・・・
もう一つは、DTMFのジェネレータ(SOP)です。HT-9200B ネットで調べマルツでゲット
Dscf8628c ケース、SW、変換基板などです。

とんだプレゼント
買い物を済ませ、ドトールでプレゼントのコーヒーを買い、三村さんと待ち合わせ、もう一度秋月に行き小型ボリュームを買いました。(KeyerのSpeed調整)翌日買い物を見るとこのボリュームがありません。??領収書はあります。お店で落とした?恥ずかしながらARDFのMLに流したら、私のプレゼントを受け取った黒木さんのから袋の中に在ったとの返事がありました。
Dscf8648c Dscf8649c
黒木さんご迷惑をおかけしました。
秋月でプレゼントの袋に入れたのでしょう。
だいぶ****が進んでいます。!!

2014年12月 9日 (火)

D-STAR CW DV(DR) CW Test送信

12月8日ID-51の変更届の審査が終了になったのを確認して早速、試験電波?を出しました。ローカルのOMのご指導どおりでした。

(1)FMモーではシングルトーンはFBに聞こえますが、
(2)D-STARのDVモードでは信号の立上り、立下りで「ポコポコ」が聞こえるだけです。
BFOの無いA1や西部劇のCW「テカテカテッカン」に聞こえます。(D-STAR機が1台しか無く、ローカル局からレポートを貰いました。)
(3)DTMFの「C」コードはD-STARでもFBに?通してくれる。
(4)ローカルのリピーターを使って長々TESTをしたら、リピーターの管理者や管理団体の方?からクレーム/ご指導を頂きました。リピーターでのCWは違法ではないが、ルール(マナー)に無い。CWの運用は遠慮しなさい。

(1)FMモード シングルトーン(F2A)
Dscf8640c
JA1HHL日高OMのHPのF2エレキーを基本にしました。
シングルトーンはハンディー機専用F2Aキーヤを真似ました。
ソフトもそのままを使いました。
PTT ONからAF出力までの50mSが良く検討されており、頭切れも無くセミブレークインとしてFBに動きました。TKS
(3)のDTMFの変更もあり、日高OMへ不躾にソースコードの公開を依頼しましたが、都合により未公開との事でした。以降、三村さんが逆アセンブラーでソースを作り、ソフトの改造をお願いしました。
三村さんがソースを書き、私がコンパイル・PICの書込み・ハードの組立・検証を担当しました。

(3)F2A DTMF キーヤ(F7W)
日高OMのF2キーヤ資料を参考にA1出力でDTMFをキーングする回路にしました。
まずDTMFジェネレータの勉強からはじめました。
ジャンク箱から秋月のキット(LC7366とタクトSW)が出てきました。
Dscf8685c Dscf8686c Dscf8687c
Dscf8642c Dscf8644c
スピーカーの音が小さいのでTrsを一段入れ圧電SPを鳴らしています。

D-STAR用DTMF キーヤ
Dscf8639c Dscf8646c Id51_keyer
スタンバイBOXの中でマイク、PTT回路につなぎます。
CW送信中もMicは生きていますが、余程「奇声」を出さない限りは気になりません。?
DTMFのコードはDip SWで選べる様にしました。(ローカルのOMのご指導で「C]を使っています。(852Hz+1633Hz)

(4)実際のQSO
DVモードでの2WayCW QSO
438MHz台で、ご指導頂いたJF1CUX吉野OMと12月28日朝QSOが出来ました。
599/599でした。 VY TKS
HAMLOGのモードは「DVCW」にしましたが・・・
D-STARロールコール
7L1FFN/2磯先生が毎週土曜日の19時から名古屋大学430から各リピーターへロールコールをされています。12/20日と27日(終ってから呼んだので28日になっていました)
ご指導頂いたリピーターは使わず、海老名430を使わせてもらいました。SRI

(5)今後のこと
(5-1)Keyerの小型化(SMT化)とID-51からの電源供給
スタンバイBOX(SW-40 30×20×40)にKeyerを入れる。
(5-2)PICによるDTMFの発生(DTMG Gen ICの省略)
実は三村さんに色々な方法を試みてもらいました。
PIC内で2Tone合成、PIC外で2Tone合成(小生の回路技術では三角波程度)、PWM方式など、
しかしPICの大型が必要(8ポートのOut)、外付け部品の増加、波形の歪みなどDTMF Gen ICを使う事が簡単でよい結果と判断した。
(5-3)モニタ・スピーカ(圧電スピーカ)の省略
ヘッドセットのイヤホンと共用すれば良いが、マグネッチク型で電力が必要、クリスタルイヤホンならOKになると思うが・・・

ハード以外に利用面(ソフト)のアイディア(ラバースタンプで海外QSO、CWの練習など)も必要と思う。
(5-1)をはじめ当分QRLLです。

2014年12月 8日 (月)

ID-51 変更届その2 144MHz 20W PA 、CW(F2A F7W(DV CW)追加 )

D-STARでCWの件、ローカルのOMさんから聞き、まずは免許と「変更届けの2発目」を出しました。今回は古い2mのパワーアンプも一緒に申請しました。
電波形式はFMのCWはF2A、D-STATRのCWはF7Wに含まれているようです。

ブロック図です。(赤枠が今回の申請(届))
「14_11_10_38.xls」をダウンロード

2mパワーアンプ(20W申請)
Dscf8660c Dscf8657c
型名からすると・・・・電源が12V位で約20Wです。
このAMP昔、友人から貰った物と思われます。元気に動きました。

F2A CW Keyer
JA1HHL日高OMのHPの物を作りました。
Dscf8640c

11月10日 電子申請(届)
12月5日 審査中
12月8日 審査終了・・・免許?
電子申請 昨年?AKBみたいなPRの特別局「お得で簡単便利」が出ていましたね。
「早くて」を付け加えてほしです。(私の田舎のコールエリアは早い?)
Dscf8673c Dscf8674c Dscf8675c
144MHz帯が10Wから20Wになりました。

ローカルのOMさん50W局なのでTSS経由でDVのCWを申請されたら、総務省直接(軽微な変更で変更届?)になり、時間がかかった様です。
この辺りを明確に教えてほしいものです。

20W以下の技適のRigは、ほぼ包括免許?「包括免許」の話をすると、総務省はここを強調されている様ですが・・・

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

フォト
無料ブログはココログ