« 430 アナログリピータ その後 | トップページ | 2015静岡県支部ARDF競技大会 兼 静岡県高等学校ARDF競技大会 »

2015年2月 5日 (木)

F2A keyer 小型化

D-STARのDTMF Keyerの原型のJA1HHF日高OMのKeyerの小型化(スタンバイBOXに内蔵)が伸び伸びになっていました。(最近パワーがありません!!)何とか完成してローカル局へQSYしました。
(のんびりやったので写真を撮りましたが、ミスも沢山ありました。HI)
Djs42_keyer_smt 回路図です。(ID-51も同じです)

Dscf8705c 基板(2個分)にPICとTrsを乗せました。
実は基板2種類買っており(失念)、DTMFとは違う基板を使っていました。
Trsを乗せるときパターンが違っており前回のメモと異なり??でした。HI
Dscf8730c
左 DTMFは秋月のSOP8で少し小型
右 今回のF2Aはマルツで買ったSSOP/SOP8で少し大型
Dscf8708c バラックで動作確認
Dscf8713c Dscf8709c 今回は2段重ね
Dscf8710c Dscf8711c
パドルのプルアップ抵抗はリード部品です。
Dscf8717c Dscf8719c
VR基板(変調可変VR)を上に乗せます。
(接着と絶縁を兼ねて両面テープ)
Dscf8714c
ID-51のMicとSPヘッドセットMicとイヤホーンの4本のケーブル
ヘッドセットはエレコムのPC用、リッツ線です。
Dscf8720c 押込み完了
配置を考えながら下から接続します。
パドルの配線はジャックを外してから配線です。
最後になって緑の線が基板側で断線!!一部(圧電伝SP)の配線を外し、基板を取出しで再半田(単線を使っており、皮むきで傷つけたのでしょう)
Dscf8727c 何とか完成です。
変調具合を決めるAF VRが働かず、かすかな変調??
断線も無く・・・・バラックではOK??
お得意の「イモ半田」でした。!!
VR基板の出口(黄色い線)の根元がイモ半田でした。
(単線で半田の乗りが悪いので「呼び半田」をしているのですが・・・ チップ部品の抵抗と同じランドを使っているので早めに鏝を離したのが・・・言い訳です)
Dscf8725c Dscf8724c Dscf8729c
テプラテープを貼って完成です。
お昼、JA1XEQ佐々木さんとのランチョンミーティングで渡しました。

DTMF Keyerでも書きましたが、モニター音が圧電SPでは野外や騒音のあるところでは聞き辛く、送信がますます下手になります。HI
受信とMixするか方耳をモニターにするなどの改善が必要です。

« 430 アナログリピータ その後 | トップページ | 2015静岡県支部ARDF競技大会 兼 静岡県高等学校ARDF競技大会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504879/61092336

この記事へのトラックバック一覧です: F2A keyer 小型化:

« 430 アナログリピータ その後 | トップページ | 2015静岡県支部ARDF競技大会 兼 静岡県高等学校ARDF競技大会 »

フォト
無料ブログはココログ