« 2015群馬県支部 ARDF 3.5MHz競技大会 | トップページ | 題10回 IARU Reg.3 ARDF大会 参加依頼 »

2015年5月10日 (日)

2015群馬県支部 ARDF FOX-O競技大会

2日目はFOX-O(フォックス・オリエンテーリング)です。
海外(世界大会)では実施されていますが、国内では初めての実施です。
9月に同じ群馬県の渋川市で開催されるIARU Reg3のARDF大会では今までの3.5MHz(クラシック)2m(クラシック)に今回のFOX-Oとスプリント(昨年のハムフェアで実施)の4競技が予定されております。それの予行を兼ねての実施と聞きました。

FOX-Oの詳細は解説書を見て頂きたいと思います。
実際に配布された地図を見ていただくと理解が早いと思います。
前日から競技方法のパンフの張出しや当日、安島さん(選手兼スタッフ)から説明がありました。スタッフの皆さんの努力により、大きな混乱も無く終った様に聞きました。また選手の方も満足の様でした。

Dscf8781c
地図が見難いですが、全FOX(L1~L5、F1~F5)が点と丸で記入されています。中心の点に行けばFOXが聞こえる(TXの仕様は周波数はすべて3520KHz、出力は小さく、標準受信機で30m以内では聞こえ250mでは聞こえない。ANTも小さく、フラグも従来の物は無く、パンチ台に小さなラベルが在るだけです。FとLはIDのモールスのスピードがファースト/ロー(こちらが従来のスピードでした)IDの内容はクラシックと同じMOE~MO5)

呼び出しは4分前、スタートは2分毎に2-3人がでした。(今回だけの運用?)
スタート直後にクラス別に地図が置いてあり、自分で取ります。(不要なFOXには「×」がしてあり、昨日の様な事はありません!!

M60はL2、L3、F1、F2、F4の5個が指定されました。F4から時計回りか、F2から反時計周りでしょう。(尾根道はスタートからF1への道です)
All Dscf8784c
近場のF2から回りました。(速報のTXはTX7→F2、TX3→L3.・・・・です ここは改善してもらいましょう)

F2
S_f2
手前の池の辺りから聞こえました。ポイントのT字路のから南東の山の斜面に在りました。
L3
F2_l3 L3の時刻は10:11:42です。
昨日の疲れで太腿が痛くてスローペースです。Y字路の右奥でした。
L2
皆さん道路に戻っていましたが、気温も上がりコンクリート道路がいやなので、そのまま上りソーラパネルの中央から下る予定でしたが、ソーラパネルの南端からショートカットをやりましたが、
L2_miss L3_l2
失敗し手前の沢に降りてしまいました。道路走り、行って来いのV字を地元のオバちゃんに「調子はどうだ」と言われながら泣く泣くのぼりました。(OLへ行って勉強します!!)
山の尾根筋に在りました。
F1
L2_f1
このFOXは数名の方に会いましたが、ほかのFOXは心配した団子状態は無かったです。
南東の小道に在りました。
F4
F1_f4
またまた嫌な、V字道路です、F1のすぐ脇からは相当な藪漕ぎになりそうなので、道路を北上しましたが西側は崖で降りれません。(若いときなら崖すべりですが・・・)車止めの在った所から枯れ草の上をショートカットしました。(コンクリート道路を走るよりは遅い、歩くよりは早い?)
南東の南西の小道の入り口にありました。(回った中では点から一番離れていた?)
ゴール
F4_f
長いコンクリート道路です。牛伏ドリームセンターの北東側の斜面から入ろうとしましたが、すずらんテープが張ってあり、私でも遠慮しました。!!センターの北側の道路の長いこと、疲れました。
結果
Dsc_0051c Dsc_0050c Dscf8783c
丸山さんの成績は立派です。
やはりL3→L2のショートカットの失敗がいけません。
大野さんはすべてを回られており、立派な成績です。

今回は初めての事もあり「点」は道路の分岐に設定されており解り易かったと思います。
走力勝負になったと思います。(心配した「団子状態はありませんでした)
実際はOLの面白さ/難しさ(コンパスワーク、コンタリング、歩測など)が必要になってくると思います。
受信機の感度より「Fズレ」が気になります。スタート前に3520KHzのFOXを聞かせて頂き、周波数合わせをやりました。気温が上がりましたが・・・私は10ターンのヘリカルボリュームを付け、周波数表をつけています。スタート時より5/100度位ドリフトがありました。ビーコン(クラシックと同じ強さで3570KHz)のドリフトもほぼ同じなので、ビーコンで校正が出来ます。

FOX-Oは主催者側のご苦労が多いと思います。特に地図作り、設置がシビアです。
FOXは柴田さんの手作り?ANTと一体型の様でした。

ARDFのメーリングリストで参加者/主催者の感想が流れていますが、入門者には易しい設定であり、多くの方に楽しんでもらえたと思います。(クラシックとFOX-Oの結果を比較するとよく解ります)

ベテランのスタッフの方々のハード、運用面の素晴しさに感謝、感謝です。
初めてのFOX-O大成功でした。
有難うございました。

« 2015群馬県支部 ARDF 3.5MHz競技大会 | トップページ | 題10回 IARU Reg.3 ARDF大会 参加依頼 »

ARDF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504879/61575043

この記事へのトラックバック一覧です: 2015群馬県支部 ARDF FOX-O競技大会:

« 2015群馬県支部 ARDF 3.5MHz競技大会 | トップページ | 題10回 IARU Reg.3 ARDF大会 参加依頼 »

フォト
無料ブログはココログ