« CW技能検定ソフト CW Check(その2) | トップページ | メダカ(超小型パドル)が来た »

2021年5月10日 (月)

dmonitor LCDオプション LEDの接続 作成

dmonitorのVerが1.68に上がり、安定して来たとローカル局から聞きVer-UPしました。
昨年の秋からLCDオプションが追記され、16文字×2行と20×4の二種類のLCD表示が出来る様になりました。
表示は無線機(ID-51)から操作した場合の接続状態を表示
1行目 接続リピータ名
2行目 接続者のCall 機器
3行目 接続者のメッセージ(名前やQTH)
4行目 自分の無線機から送ったコマンド
20210325_163424
dmonitorは名前の通り(全国のリピータの運用状態を観る)、PC用の大型画面や7インチLDCを繋いでいましたが、何時ものお馴染みさんと時々QSOするのには、画面は常時不要で、ラズパイのご機嫌が解れば良いので便利です。モービル移動のダッシュボードにも便利かも?

LCD PICを少し触った頃に使った16×2が有りましたが、使い方(接続)をスッカリ忘れ、設計者の安田OMのご指導を頂きました。TKS
今回はパラレル転送方式でしたが、最近はI2Cが主流の様です。また電圧も5V→3.3Vの様です。(落ちコボレです。)
20210402_160645 20210402_160700 20210325_155009
ラズパイの延長ケーブルやブレッドボードでの試作で接続ミスが多発!!
最初からケーブルを作った方が良かったかも?
手前はラズパイ接続の英文字KBです。
20210417_225154 20210417_230035 アルミ板をL字に曲げてLCDを載せました。
PIC等の表示にも使える様に、あえてコネクタを前に出しました。
LEDの状態表示(INET、RIGへのデータ転送中)も付けました。
(実はLCDの穴開け面積は広くイヤになり、枠をハサミで切って楽をしたので、ぼろ隠しです)
写真が悪く、見えませんが左のコネクタ部、下部がコントラスト用のVR、
左の1+と2+は上下のスライドスイッチ(2回路2接点)で、電源(VDD)とグランド(VSS)を1Pinと2Pinを反転させています。
20×4は2PinがVDD、16×2は1PinがVDDです。
20210402_161609 20210417_231631 20210417_231620
16×2のオプションです。 (上2行表示、物足りないです)

dmonitorだんだん良くなっています。(私はDVAPを使っていますがDVMEGAもサポート)
NoraGatewayと比較すると気になる点が有ります。フイードバックしたいと思います。

« CW技能検定ソフト CW Check(その2) | トップページ | メダカ(超小型パドル)が来た »

STAY HOME」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« CW技能検定ソフト CW Check(その2) | トップページ | メダカ(超小型パドル)が来た »

フォト
無料ブログはココログ