475KHz

2015年4月23日 (木)

475KHz 免許が下りました。(その7)

4月21日付けで475.5KHzの免許がやっと下りました。(JR1CHU)
本日免許状が届きました。
Dscf8766c Dscf8768c
運用場所の緯度経度が書かれています。(5箇所)
Dscf8769c 留意事項の別紙が付いてきました。
今回許可した運用場所でも200m以内に住宅などが建設さてた場合は運用は認められない。地権者・管理者から指示があった場合は指示に従い、・・・・

申請の資料を参考に添付します。
(転記などは禁止します 閲覧のみでお願いします)
(1)申請添付資料
「15_04_02.xls」をダウンロード
(2)承諾書
「jr1chu.pdf」をダウンロード
(3)地図
実家(承諾書の場所 2箇所)
「IMG_20150402_0001.pdf」をダウンロード
茅ヶ崎市ヘッドランド
「IMG_20150402_0003.pdf」をダウンロード
このほか、座間市座架衣橋、相模原市中央区高田橋河川敷

肝心なダウンバーターの組立てはこれからです。またANTやマッチング回路などやることは沢山あります。当分楽しめ(苦しめ)ます。先輩各局のご指導をお願いします。

2015年4月21日 (火)

475KHz やっと審査終了 (その6)

21日(火)午後、覗いたら「審査終了」になりました。

04_21
修正もありましたが、長い「変更届」になりました。

先輩の話では、免許状に「運用場所」を記載されるようです。

免許状を見るまでは安心出来ません。!!

2015年4月20日 (月)

475KHz 再び審査中になりました。(その5)

4月2日に「補正」の再提出を出して「補正受付処理中」のままでした。
「補正」の手続きを間違えたのか?不安になってきました。HI
16日(木)に久しぶりに電子申請のHPを覗いたらヤット「審査中」になりました。
0409c
シメシメ 今週中には「審査終了」と思っていましたが、20日(月)夕方も「審査中」です。
今度は不備でまた電話が来ないか心配です!!
(ダウンバータの部品は揃ったものの、全然手付かずですから、のんびり待ちましょう)


カテゴリーが違いますが近況です。
4月12日(日)から14日(火)、2泊3日で静岡県清水区の「浜石岳」へヒヨコクラブ(CWの勉強会)の移動運用に行きました。
大和クラブの海外ぺディ(5W0サモア)を迎え撃つ目標でした。RTTYを含め目的は達成しましたが、大風邪を引いて声が出なくなりました。4月18日19日の栃木(下野)のARDFはドクターストップで欠席でした。そんな訳で自転車漕ぎ(神奈川県MA/ZA)も中断です。

2015年4月 3日 (金)

475KHZ ご指導がありました(その4)

3月31日夕方帰宅したら留守電に総通から連絡がありました。
4月1日の9時過ぎに折り返し関東総通に連絡をしました。
ご指導は「運用予定地点」でした。

(1)申請した
  実家の2箇所(兄の承諾書添付)と、若鳥さんが既に免許になっている高田橋下流の相模川河川敷はOK。他の県立公園、海岸、河川敷の広場の3箇所の運用承諾を示せとのこと
総通で調査されており連絡先等も教えていただきました。

(2)地図の添付(200m以内に建物等が無い証明)と緯度経度の表記は秒の1位まで

困った 困った

(1)藤沢の県立公園と茅ヶ崎の海岸は県藤沢土木事務所許認可指導課へ連絡をしました。
丁寧に話を聞いていただきました。(約1時間!!)
結論は公園は難しい様で諦め、海岸については一般利用者(釣り人、散策など)と同じと判断され?「一時使用届」の提出は求められなかったが、危険な場所で特に自然災害に注意、防災無線への影響の無いようにとの注意がありました。(「海岸一時使用届」はHPを見るとCM撮影、イベント等で海岸を使用する場合と明記されていました)

(2)座間市の広場 座間役所へ連絡しましたが、(1)と同様広場(公園)は難しいようでした。
ご担当の方が「広場の外れ」は県土木事務所の管轄、高田橋下流河川敷と同じでは、とヒントを頂きました。厚木土木事務所へ連絡したら既に状況が解っておられHPの「河川区域内一時使用届」を提出してください。「届」ですので「申請」ではない事を説明されました。広場から少し西(緯度経度はほとんど同じ)へ場所を移し「相模川河川敷」としました。

1日(水)は午後アルバイトがあり、電話だけで時間切れになり、
運用場所(添付別紙)の修正
(藤沢、厚木土木事務所の連絡先、御担当者、指示事項を追記)
地図の作成(国土地理院の地図を印刷し200mの円と、住所(緯度経度)を追記)を夜なべで実施

2日(木)我が家にはスキャナーが無く、ローカルのJA1XEQ佐々木OMに地図(5箇所4枚)をpdfに落としてもらい。電子申請の「補正依頼中」に対し「補正」を送りました。
0402c
最近ミスが多いので総通へ連絡し確認をしてもらいました。HI
書類としては体裁を整えたようですが内容は・・・??
どうなりますやら。
お昼から良いお天気に恵まれJA1XEQ、JH1BVSの3局でお礼の?花見をやりました。

なお田舎のCallの申請はこちらの申請が完了してからにしようと思い、取下げました。
0401_sagec

2015年3月30日 (月)

475KHz 審査中になりました。(その3)

30日(月)移動運用から帰って、電子申請を覗いたら、関東総通が「受付処理中」から「審査中」になりました。
0330c
免許になった皆さんの経緯をみると、いよいよご指導の連絡があるのかな?

今回は関東総通が早かったですね。
中国総通は「受付処理中」のままです。

Rigの部品集めは、サトー電気で入手出来なかった半導体系を、森岡さんのHPを参照に秋月とRSへ注文しました。
後は組み立てるのみですが・・・

2015年3月 6日 (金)

475KHz(ペーパーライセンス?)申請 (その2)

昨日は関東地区(変更届?)や信越で475KHzの免許が下りた様です。CONG!!

私の申請は「到着」から「受付処理」へ変わりました。
0305
ここからが長い!!ですが、ID-51の時、広島は早かったので、そろそろ免許状の返信封筒を送っておきましょう。(当分無理と思いますが・・・)
Dscf8751c
昨日のJARLのメルマガによると今月22日広島で「電子申請やってみよう・・・」が開催の様ですが、475KHzも一週間でやって貰えるとFBなPRになるのですが・・・(無理でしょう!!)

2015年3月 2日 (月)

475KHz(ペーパーライセンス?)申請 

今年の1月5日から475KHzが許可になりました。
しかし、200m以内に住宅、事業所が無いこと、保証認定無し(落成検査)の情報で、2年前に組んだJUMA TX500を眺めながら、「アキラメ」ていました。

136KHz.comやCQ誌を見ると皆さん頑張っておられます。
(相模川河川敷で7L1RLL若鳥OMの試験中を見学 2月7日(土)午後 )

私が何時も使う、20W以下の「軽微な変更」で「申請届」で免許になった方がおられます。
少しやる気が出てきました。

JH1GVY森岡OMのHPを参考に免許の申請、いや「変更届」を出しました。
FT-817のダウンコンバータ(20Watt)
0302shinsei
田舎のCALLもFT-817で申請してあるので、両方のCALLlで申請しました。

皆さんの情報を元に、送信機系統図にアンテナの形状(高さ・長さ)と運用予定地点を記入しました。
田舎のCALL 運用予定地点が神奈川県バカリだと「CALL返せ」と言われそうなので、実家(常置場所)の田んぼと山を運用予定地に入れました。
(兄貴の承諾書を添付しました)

皆さんの申請を聞くと、総務省から色々ご指摘が有るようです。
どうなりますやら?
旨くいったら、申請内容を報告したいと思います。
ジャンク箱をかき混ぜて部品を揃えなければ・・・

カテゴリーを476KHz → 475KHzに変更しました。

2013年2月25日 (月)

JUMA TX500 組立 (その5 その後)

19日の雪と寒さで、20日は休みでしたが、家で朝寝を楽しみました。
TX500とPCの接続、出力の測定とヒートランを行いました。
TX136の時の事をすっかり忘れており、操作に時間を要しました。

1. TX500とPCの接続
TX136の時作った、RS232Cと3φのステレオプラグで接続します。
(1)PCから付属のソフトでTX500の送信を行います。ソフトもインストールされており、すんなりいきました。
(2)TX500のビーコンメッセージをPCから書込
無手順端末の書き込みですが、最初の「Enter]を忘れて、悩みました。(お粗末)
JUMAから自分のCallに書き換えました。

2. 出力の測定
50Ωのダミー抵抗(15W)を使用して短時間「Tune」で抵抗の両端の電圧(実効値)をオシロで測りました。(回路テスターでは電圧値が上がりません)固定電源からのケーブルが細く、電圧ドロップが生じ、50Wがなかなか出てくれません。(移動用のLi-ion電池公証14.6Vですとちょっと出すぎです!!)
固定電源の電圧を「Max」で50Wになる様調整して測定しました。
Dscf5998c 「pow.xls」をダウンロード
オシロの使い方をすっかり忘れていました。!!(猫に小判 使えない測定器ほど面倒なものはありません!!画像の取り込みプログラム再インストールでした。HI)

3.ヒートラン
先の15WのダミーロードでHighやMaxにするとビーコンの連続10秒~15秒でSWR Highで送信中断?ファイナルやドライバーの石は熱くない??ダミーロドが熱い(当たり前)、サーモスタットが働く様で?、50W?の裸のダミーロードに替えるとOK、50W連続でもOKになりました。
Dscf5995c

受信感度の測定もありますが、ほぼ完成でしょう。

森岡さんのHPに書いてありましたが、TX500売切れた様です。
皆さん買込んだのかな?

ANT周辺を検討してみましょう。(道路情報1620KHzのマッチングBOX(バリL)のジャンク品が有るはずです。使えるかな?)

オシロの使い方の勉強でUPが遅れました。(お粗末)

2013年2月16日 (土)

JUMA TX500 組立 (その4)

モクモク(煙煙)TEST(スモーキングTEST)を行いました。
TX135の時は一発OKでしたが、寄る年波かミスが有りました。(すべて半田不良?)

一応動く(送受信確認)ようになりましたが、PCとの接続や出力の測定など、TX136をすっかり忘れています。ボログや資料を見ながら確認をしたいと思います。

ミスその1
電源のショートしていないことを確認後、電源を入れると「ピピヒ・・・・」の鳴りっぱなし??
短点の連続でした。LCDの表示が暗く(バックライトの調整が効かない・・・・ミスその2)短点の連続ではなく、PICの動作不良?と思いました。!!
Dscf5968c 電鍵を差していないのにDotの信号がアースに近い抵抗値??
うるさいブザーの横R33の余剰半田でグランドとショートしていました。R33の位置がランドの中央で無く下方に下がっており半田を多く乗せたためR33の下でアースにつながった様です。半田をドライウイックで吸取ってOKでしたが、取り付け位置も中央に直しました。

ミスその2
LDCのバックライトが点灯しません。(設定値を変えても変化せず)??バックライトの+側も-側も+12V、Q3のゲートが余剰半田でグランドとショート、目視では「半田が多い」にしか見えなかったのですが・・・・回路テスターではショート!!ドライウイックで吸取ってOK
Dscf5971c 

ミスその3
送信(出力MIN)すると終端型POW計もLCD表示も5Wでニコニコ、周波数を500KHzから476KHzに設定して固定機(TF767)やラジオでワッチするも何も聞こえません??周波数カウンターを引き出して観ると6**KHzをフラフラ、DDSの出力は476×2とは違います。
6MHzの発信機はOK、心配したDDSの半田かな?再度少し半田を流し、ドライウイックで余剰半田をしっかり吸い取りました。バッチリOKになりました。(やはり余剰半田でしょう?)出力は、MINで約3W、LOWで約13Wでした。終端型電力計15Wなので、ここまでです。
受信確認(3.5MHzのUPバータ)は周波数計にファンクションGENが付いておりSG代わりに使いました。
Dscf5975c

3箇所とも余剰半田によるグランドとのショートと思います。
自分の目が信じられなくなりました。!!(マーいいかのいい加減と目が見えなくなった?)
歳をとるとはこんなものでしょうか?

Dscf5979c Dscf5978c
ケースに入れてヒートランやDataをとってみたいと思います。
TX136はTSSから出力の実測を求められました。安テスターとダミー抵抗ではダメでしょうね。オシロでも出してみましょう。

2013年2月15日 (金)

JUMA TX500 組立 (その3)

コントロールモジュールの組立は最大の難関?IC9(PIC30F6014A-30IP/F)のゲジゲジがあります。(何とか付いてと思いますがモクモクTESTのお楽しみ)

1PINの表示がシールで見えません。TX136の余り?のPIC(シール無し)と見比べながら、シールを剥がしました。丸のマークがありました。
Dscf5959c Dscf5960c Dscf5963c

Dscf5964c Dscf5962c
一応部品は取り付けました。

次はフラットケーブルや電源ケーブルの作成です。
TX136はフラットケーブルのコネクタの向きを間違えた経験があります。
TX136を見ながら組立てた方が良いかな。

金、土曜日休みですが雨模様です。チャリンコはオアズケです。
TX500そろそろモクモク(煙煙)TESTかな?

フォト
無料ブログはココログ