ARDF

2015年8月 2日 (日)

Reg3 日本代表選手選手 強化合宿 (栃木練習会) FOX-Oring

午後からはFOX-Oringが開催されました。雲行きが怪しくなり遠くで雷が鳴り始めました。各自スタートになりました。後半少し降らましたが、涼しくなりました。
後半のTX8が見つからず山の中を俳諧、汗と雨で地図がボロボロ、FOX-Oringは地図がないといけません。ビーコン頼りにゴールに戻り地図を貰い再アタック。
受信機の電池が消耗しビーコンは聞こえてもTXは聞こえない!!状況になりました。

FOX-Oring
午前中のSprintのエリアを広げた設定です。
Img004c All 
黄色がTX3,TX10,TX1,TX6までです。緑は地図を貰って再アタック

3_6
何度も走ったエリアです。順調に回りましたが、TX8でパニックになってしまいました。道路の北側の民家の手前で左折、民家からの道との合流地点を探すが小道が見当たらず、??藪漕ぎで山頂(尾根筋)へ登りましたが聞こえず、下方に流されたと思い、尾根を登りましたが聞こえず。地図はボロボロでTX5も不明、諦めてビーコンを頼りにゴールへ向かいました。(TX5のサークルを通過しています!!)

ゴールへ着いたらOさんは既にゴール、流石です。
(「防水のビニールに入れないと駄目だよ。」御免なさい。その通り)
地図を貰い再度アタックです。
5_8_5
TX5へ行きますが聞こえません。池の方から廻りこみ、場所の確認。ビーコンは強く聞こえます??諦めてTX8へ向かいました。地図を貰う時、「TX8? 鉄塔の処だね」のヒント?があり、鉄塔の先は開けた道が尾根へつながっています。尾根へ行ってもTX8が聞こえません???相変わらずビーコンはガンガン聞こえています。??ダイアルの2CHどちらにしてもビーコンは聞こえる???
最後の手段、電池を替えました。聞こえました。!!!
(電池は家を出るときTESTERで測定します。OK(グリーン)でしたが、使い回しの電池午前中も使っており消耗したのでしょう?帰宅後測定すると約8V、新品は10V近くあります)

1回目に来たところは、もっと北西の尾根の高い所?ここは低い??
8
山の入り入口が違います。
地図は北西側の民家から山へ向かっていますが、
二度目(実設置)は民家と民家の間(鉄塔の脇)から山に登りました。
鉄塔の記述は小型鉄塔(X)マークが在りましたが、見落としです。
地図の鉄塔と小道、TX8のサークルが150m位北東にずれていると思います。
(Yさんに後日シツコク問合せしました。SRI)

帰りにTX5へ行きましたが、聞こえません。15:30を過ぎTXを撤去した様です。!!

楽しい(反省の多い、苦しい)練習会でした。
スタッフの皆さん有り難うございました。

Reg3 日本代表選手選手 強化合宿 (栃木練習会) Sprint

何時もの那須烏山市の三個県民休養公園駐車場を集合場所、スタート/ゴールで開催されました。
土浦の下根中学の生徒さんを始め、多くの方が参加されました。

Sprint
Img003c All
地図に周波数と探索TXが明記されています。(親切です)
M60は1,3,5が指示されました。
GPSの軌跡はLow(1,3,5表示、黄色)、Farst(6,8,10表示、水色)で表示しました。
Lowが外周、Firstが内周に設置されていました。

Low
L 5 3
TX1はスタート直後で、集中力もあり、すんなりでした。
TX5は調子に乗って行きすぎ、地図をまともに見ていなく、山道から道路へ出て、藪漕ぎ、無駄な事をやりました。
TX3は外周を廻ればいいものを、ショートカットで藪に突っ込んでしまいました。

Farst
F
Spectatorの近くではキークリック(3540KHz Sの連続)が入り、離れて周波数の設定(私は2CHの設定が出来ます。Farst 3570KHz ビーコン 3600KHz)と測向を行いました。TX6の脇を通り過ぎてパニックです。LowのTX1の近くまで下がりまた登り、Tx6を諦め、TX8へ向かいました。
TX10は段々ゴールに近づきますが・・・・迂回しながらそのまま行きました。
TX6へ向かいましたが入口の道を間違え藪漕ぎになりました。Sを通過してTX6からの帰りは真面目に地図を見ながらゴールへ向かいました。

距離が近いので地図をまともに見ないで突っ込み、失敗をしています。走りっぱなしで自分んを位置を失いがちです。(修行不足)日本の様に小道を繋ぐコースは地図読みが大切と思います。

2015年8月 1日 (土)

Reg3 日本代表選手選手 強化合宿 (栃木練習会) 2m Classic

暑い時期ですが、秋のReg3大会の強化合宿を栃木ARDFクラブの方々が開催して頂きました。今年のReg3大会はは群馬県で開催されるので、機材(TX)の検証やスタッフの方々の確認/練習の為、スタッフの方も参加されました。

スケジュール
8月1日(土) 9:00
那賀川町小川 カタクリの里
144MHz Clasic

宿泊 大田原市(JCC1510)湯けむりふれあいの丘キャンプ場(バンガロー)
湯津上温泉やすらぎの湯(YU-0497)

8月2日(日) 9:00
那須烏山市 三個県民休養公園
午前 Sprint 
午後 FOX-Oring


Classic
Img002cAll

何度か走った場所ですが細長い水田が東西に続く、変化に富んだ、FBな!!ロケーションです。2mは山陰、尾根筋で信号強度が極端に違い、苦しめられました。
スタート地点では山から離れており、方向は出ていましたが・・・山頂の強いTXに引っ張られ、滅茶苦茶なルートになりました。3時間近く炎天下を楽しみました。!!

No5
S_5
一番北寄りに聞こえるTX2へ行くべき、川沿いに進みました。山頂のTX5が真横(南)へ聞こえだし、TX5へ向かいしました。大回りをしました。夜の反省会ではどのルートが良いのか話題になりました。設定者の谷田部さんは真っ直ぐに(南から)TX2へ向かうコースが良いと言われていました。

No2
1 2
弱いTX2も強くなりましたが、TX3が強力です。TX2へ向かう(東)分岐を確認してからTX3方向に尾根道を進みましたがTX3には行き着きません。諦めて戻りTX2へ下りました。
TX2の近くは「立入禁止」の看板に惑わさ、登り過ぎてU-ターン、下って来るとフラグが見えました。看板の手前でした。!!

No4
4
TX4への道をもう一つ西側と勘違いして西へ行き過ぎて戻りました。(この頃は暑さでヘトヘトです)地図に道路脇の鉄塔の記入がなく、頭が??でした。TX4への道路、車が入って行くのが見え、確信しました。
進行左(東)に聞こえますが狭い谷間、西の山に登り確認してTX4へ向かいました。

No3
4_3
TX5からの覗き?TX2辺りでの測向で給水ポイントの近く!!の思い込みでTX4から給水ポイントへの道を行きました。
給水ポイント少し切通です。間違えて東へ一鳴き行ってしましました。
三叉路の高台にあったTX3強い!行けども行けども逃げていく感じでした。

No1
3_1_1 3_1_2
給水ポイントで最後の水を頂きました。(私が最終通過者?と思い全部頂きました)
山際の直線道路の長いこと、全部歩きました。!!
そろそおろ400m以内?下の道から入りましたが、上の道の400mを少し出た突起の所に在りました。Tx1も各所で強く、「山頂」をすっかり失念していました。

結果
「0801.xls」をダウンロード
散々な結果です。
TX5を取る順番で大きく変る設定です。TX2との絡みで、東からの尾根道は、勇気が必要な判断です。凡人は北東から登り、もう一度降りてTX2へ向かうくらいでしょう。
小倉さんはTX2、4、3からTX5、TX1と廻られた様です。悩む設定です。

バンガローからQRV

1日と2日の早朝QRVしました、FD TESTの真っ最中でしたが呼んでいただきました。
JCC 1510 YU 0497

3.5MHz 3局
7MHz  13局

2015年7月26日 (日)

第12回全国高等学校ARDF競技大会 参加

真夏恒例の「ARDFの甲子園」全国高等学校ARDF競技大会へ参加しました。
昨年は茨城で開催されたので、2年ぶりの阿賀野でした。

7月25日(土)
Dsc_0007c Dscf8934c Dscf8942c
パンフレットを貰い損ねたので詳細は不明ですが、総勢200人弱?と思います。
開会式では来賓で阿賀野市長(代理)の挨拶に続いて、JARDからもご挨拶が在りました。
Dscf8947c ゼッケンにJARDのロゴが入っていました。(ウエアごと洗濯をされ、不鮮明ですが・・・・耐水TEST OK!!) 
Dscf8943c Dscf8944c Dscf8945c
はんだ付けコンテストを頑張っていました。作品の一部です。
懇親会があった様ですが、早々に寝てしまいました。

7月26日(日)
Dscf8946c All
ゲレンデは、山手小学校から南東のゴルフ場(山)へ向かってスタートし反時計に廻るコースでした。何度か体験したコースでしたが・・・・ 高校生大会は全員5か所+ビーコンです。年寄には厳しい大会です。暑さでほとんど歩いたので、最後はタイムアウトを気にする展開になりました。

No1
S_1
ゴルフ場(山)に近づくと方向が乱れる為、ゆっくり進みながら5箇所を測向しました。
手前の登り口から入れた様です。(小さな道は地図には在りませんでした)道路を行き過ぎ、戻ってから山道に入りました。

No2
1_2 1_2_1
No1ゲット後、「地図は大ざっぱ」と思い、同じ道を引き返したくなく、山道を進みましたが、池の処でSTOP、民家の庭は・・・遊んでしまいました。後のスタートのMさがもう登って来ました。
1_2_2_2
最初の測向でNo2は遊園地の観覧車方向でした。遊園地の南廻りか北廻りか悩み、遊園地の入口まで行き、戻りました。(No1をゲット後、遊ばないで山の中の高い所で測向しておくべき)
1_2_3
遊園地の南東の小道は木陰でFBでしたが、出口辺りが地図と合いません。
藪(草むら)をS先生と走りました。

No5
2_5
No2へ向かう遊園地の下道から目星をつけておきましたが、相当奥(高い所)に在りました。大きい道路を最後まで登ったので、自分の位置はハッキリ解っていましたが・・・

No4
5_4_2
素直に、登った道路に出て給水ポイントを廻ればいいのに、山の頂上まで登り、送電線道を下りました。(等高線の数が数えられないので!!)
以前通った下り、下草は刈ってありましたが、キツカッタです。(齢です)
厩舎の手前でNo3、4方谷に山道があります。(よく見ると等高線に沿った道です)もうヘトヘトで厩舎の匂いに誘われて道路に出ました。
No3とNo4は最初の測向どおりでしたが、距離も近く、強いNo3へ向かったつもりが、NO4が急に強くなり、皆さんの後を付いていきました。

No3
4_3
給水ポイントで一服してからNo3へ向かいました。皆さん川の南側を登られましたが、橋がありましたね。(地図には在りません)

B ゴール
3_b_g
スタート地点で追記した道を使いました。

結果
佐藤先生から頂いたDataをTXを(5+1)ゲットした方をタイム順に並べてみました。
(正式結果はML/HPを見てください)
「2015TX.xls」をダウンロード
走れなかった事、No5→No4の山越えが敗因と反省しています。
高校生のパワー(頑張り)を感じました。老体に鞭打って頑張らなければ。!!

佐藤先生を始め先生方や地元の新潟ARDFクラブのOMに感謝です。
有り難うございました

2015年6月28日 (日)

スプリント競技(& FOX-O) 練習会

6月28日(日)群馬県藤岡市の「庚申山総合公園」で実施された、練習会に参加しました。
9月に開催されるReg3の大会に備えての、スタッフや選手の育成を目的に、スプリント競技の練習会が開催されました。群馬ARDFクラブを中心に、Reg3の大会のスタッフの方にお世話になりました。

行きはJR上野東京ラインで倉賀野で八高線で群馬藤岡まで一人旅でした。
群馬藤岡駅では福生から八高線出来た山上さんと一緒になりました。駅前には前日からスタッフ会議参加の三村さん、京都の植木さんが車で迎えに来ていました。TNX

9時から「みかぼみらい館」の研修室で事前の競技につての勉強会がありました。
Dscf8917c
行きの電車の中で三村さんの規則の和訳、Reg3のブリテンNo2を読んでいきましたが・・・
Dscf8899c Dscf8900c
集計ソフトのバグ取りを含め参加者は年齢に関係なく、各クラスに指定されました。またスタートは2分間隔で行われました。

Dscf8918c_2 Dscf8898c
スタートはみらい館の南西からでした。マスターマップ方式でスタート、ゴールとSpectator(観客)が指示されました。右はM21で全部廻った小倉さんの地図です。
(私の地図は、疲れからTX10(TX5F)でなくしてしまいました!!)

予想では、Sが池の東側にあり、スタートして西側を廻り、Sから東のエリアでゴールと思っていましたが、大違いでした。!!
Dscf8915c
M60は2,4,5が指示されましたが、TX4がの電波が出ず、5か所+Sとなりました。
TX7(TX2F)の方向をバック(逆)に捉え、ゴール地点までまで戻り、再度戻りグチャグチャの軌跡になりました。!!1時間10分もかかってしまいました。

スタート → TX2 → TX5 → Sスペティター
Spr_25s
TX2の遠いこと、Sを見ながらTX5へ行きました。強いので藪漕ぎをやってしまいました。キツイ藪でした。我慢してそのまま登り大回りした方がはるかに、早かった。

Sスペティター → TX9 → TX10
Spr_s910
TX7をバックで捉え、最後と判断して、TX9、TX10へ行きました。TX10は近くへ行ってからウロウロでした。疲れてTX10のパンチが終わったら手に持っていたはずの地図が在りません。!!

TX10 → TX7 → B → G
Spr_7bg
何の迷いもなく、スタート地点へ、信号が強くなりません。??
前後比(FB比)が良くありませんが、やっとバックを捉えた事に気づきました。!!
TX7は藪の中に在り、またまたウロウロ、道に出て再度測方してやっとゲット、前後比が良くありません。そのまま来た道を戻ればいいのですが、へそ曲がり、東から北へ8の字で戻りました。

TX5の無駄な藪漕ぎ、TX7のバックもあり散々な結果でしたが、スプリントにしては厳しい設定でした。ロスなく廻られた方も「設定が厳しい」との意見が出ていました。大きな公園や、丸火の様にどこでも走れる場所が望まれます。

私の受信機の前後比(FB比)が悪い件が、表に出てきました。
スプリントは4波(3520KHz、3540、3570、3600KHz)使いますが、ANT(バーアンテナ)の同調が、3520KHzにチューニングしており、3570KHz辺りはゲインが落ち前後比も悪いことは解っていましたが、クラシックではビーコンであり、実害はありませんでした。
しかし、スプリントでは3570KHzはTX5~TX10(TX1F~TX5F)で使用します。
前後比を何とかしなければなりません。ANTの同調を3550KHzにチューニングして前後比やゲインがどうなるか、試してみたいと思います。(クラシックとFOX-OはFOXは3520KHzだけなので、触りたくないです)

FOX-O
午後からFOX-Oの練習をさせて頂きました。
Dscf8914c Fox0_all_2 Dscf8916c
L3(TX3)からF5(TX10)へ向かう時、L4(TX4)の近くを通っています。L4を取ってからF5へ向かうべきだったと反省しています。地図で自分の位置を押さえておけば・・・
また最後にL4へ来た時、受信機のATTを効かせたままで、信号が聞こえず焦りました。!!
Dscf8901c Dscf8902c

スプリント、FOX-O共に休む暇がありません。クラシックは5分間隔の為、休む時間を作るのがコツですが?新しい競技は12秒サイクルで休む暇がありません。年寄泣かせの競技と思います。!!

スタッフの皆さんには10台以上のTXの設定お疲れ様でした。

2015年6月14日 (日)

2015ARDF信越地方大会(2m)

両日ともFBなお天気に恵まれました。海抜約1200m?で爽快でした。走ると息切れがヒドイ、高地の為か?(齢の為!!)

Dscf8850c 2m_all
2mは東のエリア、千代田湖までバス移動でした。
開会式で新井さんが「取りこぼすと大変です」のヒントがありました。!!千代田湖の西の車道脇に在ったNo4がこのTXでした。No4の探索が成否のカギでした。

スタート → No4
2m_s_4
千代田湖の北の分岐でどちら道を選ぶか、全てのTXを聞いたつもりですが・・・山陰でNo4の位置は予想出来ませんでした。受信開始地点の方が方向が出たかも・・・
No1を過ぎた辺りでMさん、Nさんが戻って来ました。2番目の鉄塔から尾根伝いに下りました。尾根は伐採してあり何とか降りられました。

No4 → No3
2m_4_3
No4からNo1の登りはキツカッタです。No3は尾根道から西に少し下がったところにあり、軟調に設定されたNo2と距離を取り違えていました。No4で先行のSさんが飛び込んだのでそちらを見るとNo3がありました。!!

No3 → No2
2m_3_2
No3の後、小用を済ませ鉄塔の下でNo2を測向しました。昨日のNo4の方向の山頂
送電線の下はアップダウンの厳しい道でした。No5を過ぎNo2への登り、キツカッタです。戻ってくる方、登る方、No2を確信しました。!!

No2 → ゴール
2m_2_g
ゴールまで下りです。Sさん、Mさんと一緒になりました。
私は道を選びました。鉄塔の処から直進された様ですが・・・

結果
Dscf8851c Dscf8852c Dscf8865c
No4のロスが大きかったです。まっすぐNo4に行かれた方はFBな成績の様でした。難しい判断ですが、ゴルフ場への北上の道で間違いに気づくはずですが・・傷が大きくなる前にリカバリーが出来たのでは?(1本目の鉄塔の往復)

FBな大会を開催して頂いた、長野ARDFクラブの方々へ感謝です。
今回、良い順位が付きましたが、栃木のオニーさん二人が欠席です。秋の関東/栃木大会の地図作りとか、頭が下がります。

行き帰りは厚木のオニーさんと鈍行の旅((ビ)旅行)でした。茅野まで4時間半電車に乗っていました。帰りは塩山駅で930円奮発し「はまかいじ」に乗継、町田まで楽でした。

大月駅の周辺で昨年設置したアナログの大月リピータ(JP1YGX 439.92 トーン77Hz)へハンディ機でアクセスしました。元気に動いていました。行きは空振りでしたが、帰りはオーナーのJA1SBH(安藤OM)、JA1AQA(三浦OM)局とQSOが出来ました。初恋の人に再開した感じです。!!

2015年6月13日 (土)

2015ARDF長野大会(80m)

長野県伊那市高遠町の「国立信州高遠青少年自然の家」で6月13日長野大会(80m)、14日信越地方大会(2m)に参加しました。以前、全国大会が開催され参加していますが、ほとんど記憶にありませんでした。
Dscf8855c Dscf8857c
Dscf8867c Dscf8868c
お世話になったスタッフの方々です。
14日はJARLの社員総会でQRLの中、開会式に長野県支部長の藤森OMが駆けつけていただきました。TNX
アップダウンのハードな設定でしたが、タイムアウトの出ない上手な設定です。毎度の事ながら、長野ARDFクラブの方々に脱帽です。

Dscf8861c 80_all
スタートは、自然の家の手前(南東)でゴール(自然の家)を超えて、北東に展開した設定でした。M60は、両日とも2,3,4が指定されました。M21とほぼ同じコースになり、タフな設定でした。(GPSのスイッチをスタート3分前にONにしたのと、木陰の道が多くNo4の手前まで正しく奇跡が出ていません。フリーハンドで追記しました白い細い線)
400mの近くの東尾根に設定されたNo2が強く、「400mの外」とは解っていても気になり、このNo2の攻めが、成否を決めた様です。

スタート → No4
80_all_3 80m_s_4_2
北側に聞こえたNo5,4を目指してキツイ西尾根の道を選びましたが、No2の強さが気になり、中央寄りの道に降りてしまいました。No4は鳴き出したら道から見えました。

No4 → No3
80m_4_3
No4から真下に降りるつづら折りの小道がありました。(地図には無いハイキング/散策の小道がありました)No3の手前でMさん、Nさんがちょうど良い間隔で戻ってきました。Nさんとすれ違った先を見るとフラグが見えました。!!

No3 → No2
80m_3_2
中央のW(水道)の処でNo2を測向しましたが、送電線の下の為か?もっと東の方向に聞こえました。テント場の裏山に道を探しましたが、グリーンのエリア、諦めてNo1へのキツイ登りを選びました。途中OLのポストから脇道が在りましたが、先が有りません。諦めて尾根廻りをしました。400mの円が近く慎重に下りました。

No2 → ゴール
80m_2_g
下りですが、途中から北方向に分岐してバンガローの方が近かったですが、勢いでそのまま降りてしまい、車道を大回りしました。慎重に道を選ぶべきでした。

結果
Dscf8858c Dscf8860c Dscf8863c
M21の小倉さんの成績は立派です。夜の勉強会でルートを聞きました。真ん中の走りやすい道から、No5へ直進、No3→No1は途中湿地を渡った様です。積極的攻めです。
私は今回はすべて道を通りました。4色のFBな地図です。No2のアタックはゴール寄り(400m以内ですが)を登ればと思います。地図読み不足?

2015年5月20日 (水)

題10回 IARU Reg.3 ARDF大会 参加依頼

4月中旬、JARLから、群馬県の渋川市で開催されるReg.3 ARDF大会の選考の電話が来て、「参加」で返事をしましたが、書類での依頼が無く、「聞き間違い」かと思っていました。ヤット、書類で依頼が来ました。

昨年の広島での全日本の成績を参考に選考された様ですが、ブログも書けないほどの(PCの故障も有り下書きのままSRI)、情けない成績でしたの、諦めてボランティアのお手伝いと思っていました。

Dscf8787c Dscf8788c
右の会長名の依頼書は学校や職場へ提出出来る様な、文言に成っています。?
小生、昨年の秋から市のシルバーセンターの紹介でアルバイトを始めました。元々机の無い職場ですが、老人の職場ですから交代の方の負担が心配です。纏めの方へコピーを提出して、「気持ち良く」休みをもらおうと思います。!!
当分は参加費、旅費を稼ぐ為、ピンチヒッターをかってでなければ・・・

今回は従来の80m、2mの競技(クラシック)に加えて先日群馬大会で行われたFOX-Oとスプリントがあります。OLの要素と体力勝負です。(年寄りには厳しい)
OLへ参加して勉強しないと・・・

2015年5月10日 (日)

2015群馬県支部 ARDF FOX-O競技大会

2日目はFOX-O(フォックス・オリエンテーリング)です。
海外(世界大会)では実施されていますが、国内では初めての実施です。
9月に同じ群馬県の渋川市で開催されるIARU Reg3のARDF大会では今までの3.5MHz(クラシック)2m(クラシック)に今回のFOX-Oとスプリント(昨年のハムフェアで実施)の4競技が予定されております。それの予行を兼ねての実施と聞きました。

FOX-Oの詳細は解説書を見て頂きたいと思います。
実際に配布された地図を見ていただくと理解が早いと思います。
前日から競技方法のパンフの張出しや当日、安島さん(選手兼スタッフ)から説明がありました。スタッフの皆さんの努力により、大きな混乱も無く終った様に聞きました。また選手の方も満足の様でした。

Dscf8781c
地図が見難いですが、全FOX(L1~L5、F1~F5)が点と丸で記入されています。中心の点に行けばFOXが聞こえる(TXの仕様は周波数はすべて3520KHz、出力は小さく、標準受信機で30m以内では聞こえ250mでは聞こえない。ANTも小さく、フラグも従来の物は無く、パンチ台に小さなラベルが在るだけです。FとLはIDのモールスのスピードがファースト/ロー(こちらが従来のスピードでした)IDの内容はクラシックと同じMOE~MO5)

呼び出しは4分前、スタートは2分毎に2-3人がでした。(今回だけの運用?)
スタート直後にクラス別に地図が置いてあり、自分で取ります。(不要なFOXには「×」がしてあり、昨日の様な事はありません!!

M60はL2、L3、F1、F2、F4の5個が指定されました。F4から時計回りか、F2から反時計周りでしょう。(尾根道はスタートからF1への道です)
All Dscf8784c
近場のF2から回りました。(速報のTXはTX7→F2、TX3→L3.・・・・です ここは改善してもらいましょう)

F2
S_f2
手前の池の辺りから聞こえました。ポイントのT字路のから南東の山の斜面に在りました。
L3
F2_l3 L3の時刻は10:11:42です。
昨日の疲れで太腿が痛くてスローペースです。Y字路の右奥でした。
L2
皆さん道路に戻っていましたが、気温も上がりコンクリート道路がいやなので、そのまま上りソーラパネルの中央から下る予定でしたが、ソーラパネルの南端からショートカットをやりましたが、
L2_miss L3_l2
失敗し手前の沢に降りてしまいました。道路走り、行って来いのV字を地元のオバちゃんに「調子はどうだ」と言われながら泣く泣くのぼりました。(OLへ行って勉強します!!)
山の尾根筋に在りました。
F1
L2_f1
このFOXは数名の方に会いましたが、ほかのFOXは心配した団子状態は無かったです。
南東の小道に在りました。
F4
F1_f4
またまた嫌な、V字道路です、F1のすぐ脇からは相当な藪漕ぎになりそうなので、道路を北上しましたが西側は崖で降りれません。(若いときなら崖すべりですが・・・)車止めの在った所から枯れ草の上をショートカットしました。(コンクリート道路を走るよりは遅い、歩くよりは早い?)
南東の南西の小道の入り口にありました。(回った中では点から一番離れていた?)
ゴール
F4_f
長いコンクリート道路です。牛伏ドリームセンターの北東側の斜面から入ろうとしましたが、すずらんテープが張ってあり、私でも遠慮しました。!!センターの北側の道路の長いこと、疲れました。
結果
Dsc_0051c Dsc_0050c Dscf8783c
丸山さんの成績は立派です。
やはりL3→L2のショートカットの失敗がいけません。
大野さんはすべてを回られており、立派な成績です。

今回は初めての事もあり「点」は道路の分岐に設定されており解り易かったと思います。
走力勝負になったと思います。(心配した「団子状態はありませんでした)
実際はOLの面白さ/難しさ(コンパスワーク、コンタリング、歩測など)が必要になってくると思います。
受信機の感度より「Fズレ」が気になります。スタート前に3520KHzのFOXを聞かせて頂き、周波数合わせをやりました。気温が上がりましたが・・・私は10ターンのヘリカルボリュームを付け、周波数表をつけています。スタート時より5/100度位ドリフトがありました。ビーコン(クラシックと同じ強さで3570KHz)のドリフトもほぼ同じなので、ビーコンで校正が出来ます。

FOX-Oは主催者側のご苦労が多いと思います。特に地図作り、設置がシビアです。
FOXは柴田さんの手作り?ANTと一体型の様でした。

ARDFのメーリングリストで参加者/主催者の感想が流れていますが、入門者には易しい設定であり、多くの方に楽しんでもらえたと思います。(クラシックとFOX-Oの結果を比較するとよく解ります)

ベテランのスタッフの方々のハード、運用面の素晴しさに感謝、感謝です。
初めてのFOX-O大成功でした。
有難うございました。

2015年5月 9日 (土)

2015群馬県支部 ARDF 3.5MHz競技大会

5月9日(土)、10日(日)高崎市吉井町の「牛伏ドリームセンター」で開催されたJARL群馬県支部のARDF大会へ参加しました。
9日は3.5MHz(クラシック)、10日はFOX-O(フォックス-オリエンテーリング)が開催されました。両方とも3.5MHzを使った競技で、受信機は3.5MHzだけでした。また電車(新宿ライン高崎行きと上信電鉄で吉井まで)で移動だったので、リュック一つででした。「QRP機は?持って来てないの」何人かに聞かれました。

「牛伏ドリームセンター」へ泊まりました。焼却炉の余熱を利用か?お風呂は何時でもOKでした。また室内のゲートボール場?が両日ともスタート/ゴールでした。9日はスタート前、小雨でしたが、屋根つきなのでFBな施設でした。

Dscf8780c Dscf8786c Dscf8785c
競技エリアは牛伏ドリームセンターの西側でした。(10日は東側)
大失敗をやってしまいました。
M60は2、4、5を指示されましたが、スタートしたら失念?1,4,5と勘違い?
左手の甲にはしっかり書いていましたが・・・
TX2の脇を通りながら・・・・
ゴールして速報をもらって気付きましたが後の祭り!!

BOKEは続きます。家に帰ってGPSロガーから9日と10日のDataをPCにダウンロードする時、2件のDataの確認は出来ましたが、最初から「ダウンロード後にクリア」のチェックを入れ、10日のDataしか引き出せませんでした。(しばらく使っていなかったので・・・言訳)

上の中央が手書きのルートです。
スタート直後の牛伏ドリームセンターの入り口(道路の分岐)は電線や高圧送電線があり、方向の測定に苦労しました。

強いNo1へ引っ張られ南東の道を進みました。地図を渡された時(マスターMap方式)「雨の為スタートが変わった。750m以内にTXが在るかも?」のコメント
池のの当りかな??池の脇に来ましたが、強くなりません。方向が左にズレ、No4が正面に聞こえます。(No4→No1)へ切り替え。

No4は何処で川を渡ろうかと橋を探していたらその脇にあり難なくゲット、
No1が強かったので川の手前かも、最悪川を渡る覚悟で橋を渡りました。悩みながら直線道路を登りました。右手のを見たらH先生が畑の脇でチェック中、巨大なANTも見えます。!!強いはずです。畑の土手にANTが立っており周りには何もありません。(移動運用はこんな場所がFBです!!)

No1からNo5は長い道でした。ビーコンより南寄り、山道を選びました。
上りの連続で分岐では休みながら、方向を確かめました。!!
No2の脇を通ていますが・・・・
No2を過ぎたらほとんどすれ違う人はいなくなりました。No2とNo5の中間あたりでK先生とすれ違いました。お互い安堵した表情になりました。!!

Dsc_0046c Dsc_0047c Dscf8782c
結果は正しく出ています!!2個探索で4位です。

BOKの再発はスタート直後のFOX方向探索の時、手の甲に書いた探索FOXを確認でしょう。「牛伏ドリームセンター」に宿泊の方々と夕食後反省会をやりましたが、送電線や電線に悩まされた、強いNo1と「750m以内にTXが在るかも?」のコメントでNo1に引っ張られ、回る順番が狂ったとの話が多かった様です。

3.5MHzの競技後、2mの練習がありましたが、小生は風呂に入り、バタンキューでした。

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ